2007年12月18日

とろとろプリン

先日の、失敗したシフォンケーキ作りの続きを。
卵白4個分を無駄にしたうえ、泡立て直した卵白が1個分足りない。
焼き上がりは、やはり、ほとんど膨らまなかった。しかも。
ケーキにしては、甘さが足りなさすぎ。リンゴジャムを付けて
食べたら、別の食べ物のよう。シフォンケーキとしては、大失敗。

余った卵黄3つで、プリンを作ってみた。副産物の方が、主役の
シフォンケーキより、断然美味しくできた。大成功。
生クリームは入れていないのだが。とろけるような舌触り。
至ってシンプルな材料なのだが。ひと手間を面倒がらずに丁寧に
作れば、かなり満足できる味になる。

使用する鍋によって蒸し時間と火加減が多少異なるので、様子を
見ながら蒸してみた。火加減が強かったり、蒸しすぎたりすると
滑らかさがなくなる。酷い場合は巣が立ってしまうので、要注意。

材料はバニラビーンズがなかったため、ブランデーで代用した。
砂糖は通常の約半分の量で、甘さ控えめに。牛乳は、やや多め。
個別の容器がなかったため、ガラスの耐熱ボールで作ってみた。
バケツプリンほどの迫力はなかったが。大きなスプーンですくって
食べるのは、楽しい。プリンのとろみが口いっぱいに広がる。幸せ。
写真を取るのを、すっかり忘れてしまった。
作り方を忘れないように。備忘録として、レシピを:

<材料>
卵黄:3個分
砂糖:30g
牛乳:450cc
ブランデー:少々
カラメル用の砂糖:20g

<作り方>
1.小さな鍋に、カラメル用の砂糖を入れ、弱火にかける。
2.砂糖が溶け出し、ぶくぶくと泡が立ってくるが。触らずに我慢。
3.砂糖の色が茶色っぽくなり、香ばしい匂いがしたら火を止める。
4.カラメルが固まらないうちに、素早くプリン用の容器に入れる。
5.牛乳を鍋に入れ、沸騰しないように温める。
6.卵黄と砂糖を混ぜ、卵黄が白っぽくなるまで泡立てずに混ぜる。
7.牛乳を少しずつ加えてよく混ぜ、ブランデーを加える。
8.ストレーナーで、こす。
9.耐熱のガラスボールに注ぎ、表面に浮いた泡をすくい取る。
10.大き目の鍋にぬるま湯を張る。(ビタクラフトウルトラを使用)
11.鍋にプリンの入った容器を置き、中火にかける。
  蓋からカタカタ音がしたら、ごく弱火にして、13分。
  (個別のプリン容器に入れた場合は、ごく弱火で8分くらい)
12.火を止めて3〜4分蒸らす。
13.容器を振ってみて、ゆるゆるしないようなら蒸し上がり。
14.あら熱が取れてから、冷蔵庫で冷やす。
できあがり。
  


posted by zooom at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。