2007年12月17日

グランプリファイナルとジョニー・ウィアー

今年は、フィギュアスケートをテレビ放映する機会が多かった。
嬉しいと思う反面、残念なことも多々ある。
グランプリシリーズでの獲得点上位6位までだけが出場を許される
グランプリファイナル。テレビで見るのを毎年楽しみにしている。

今年は、例年とは違っていた。前振りが多く、偏り過ぎている。
テレビ放映されたのは、女子シングルと、男子シングルの一部だけ。
ジョニー・ウィアーの演技がカットされているではないか! 
ペアやアイスダンスは、完全に無視されていた。前日に放映した
ハイライトなど要らない。出場者全員に敬意を払うべきだ。

こういう時には。有り難いのが、You Tube 。
ロシアは絶大な人気を誇る、ロシア語が堪能なジョニー・ウィアー。
早速アップしてくれているファンが沢山いる。感謝。

ジョニー・ウィアーのショートプログラム演技はこちら:


ジョニー・ウィアーのフリーの演技はこちら:


ジョニー・ウィアーのエキシビジョンの演技はこちら:


おまけ。マーシャルカップでの、男女男3人でのエキシビジョン。
『俺たちフィギュアスケーター』に比べると、モダンで上品。



posted by zooom at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。