2007年09月14日

『Volver 帰郷』

volver.jpg

『Volver 帰郷』
Volver
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス
ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュラス・ランプレアベ

公式サイト:http://volver.gyao.jp

****あらすじ****

ラ・マンチャ出身のライムンダ(ペネロペ・クルス)。失業中の夫と
15歳の一人娘パウラ(ヨアンナ・コボ)を養うため、清掃係りや
皿洗いなどの仕事をいくつも掛け持ち、せわしなく働く毎日。
気丈で明るいライムンダ。10代の頃に、母イレーネとの確執が。
母娘の縁が切れたまま、4年前に父と母が火事で亡くなった。
それを機に、精神を病んでしまった伯母パウラ。ライムンダは
かつて家族と離れ、伯母パウラと一緒に暮らしていた。

ある日、夫がパウラに「本当の父親ではないから」と関係を迫り
抵抗したパウラに刺されて死んでしまった。愛娘パウラを守りたい
一心で、死体の処理をするライムンダ。動揺している暇などない。
そんな忙しい最中、近くでレストランを営んでいた隣人が店を売り
故郷に帰ることになり、店の鍵を預かった。以前、仕事をしていた
ことがある店。とりあえず、店内の冷凍庫に夫の遺体を隠そう。
実は、夫はパウラの父ではなかった。パウラには、いつか必ず
本当の父親を教えると約束するライムンダ。今はまだ言えない。

今度は、電話が。ライムンダの姉ソーレ(ロラ・ドゥエニャス)が
ラ・マンチャに住む伯母パウラが亡くなったと告げる。最愛の伯母。
けれど、夫の遺体を処理するほうが先だ。お葬式には行かれない。

店の倉庫で、今後どうするか悩んでいると。ライムンダを店員と
間違えた映画スタッフが、30人分のランチを頼みにやって来た。
以前から、好きだった店。引き受けることに。転機になる。

ラ・マンチャに向かったソーレ。伯母の家に着くと、亡くなった
はずの母イレーネ(カルメン・マウラ)の姿が。村人が言うように
母の亡霊なのだろうか。伯母パウラの隣人アグスティナ(ブランカ・
ポルティージョ)がソーレに、不思議なことを話した。
パウラが亡くなった時に、アグスティナを呼ぶ声が聞こえたと。
しかも、アグスティナを招き入れるように、パウラの家のドアが
開いていた。ボケていたパウラ。生前に葬儀の手配は済んでいた。
イレーネの幽霊なのではないかと打ち明けるアグスティナ。

葬儀を終え、ソーレが家に戻ると。車のトランクから、声がした。
中に入っていたのは、母イレーネ。亡霊なのだろうか。
ソーレの家に一緒に住むことになった母イレーネ。このことは
まだライムンダには秘密だった。母イレーネは本当に亡霊なのか。
何のために戻ってきたのか。

癌を告知されたアグスティナがライムンダにお願いをする。
ライムンダの両親が火事で亡くなった日に村を出たアグスティナの
母の行方を探して欲しいと。


************

久しぶりに、見ごたえのある、いい映画を見た気がする。
見逃さずに済んで良かった。母と娘の、秘密と確執と和解の物語。
女性だけで織り成す人間模様。鑑賞後、いつまでも心に響く作品。
監督の生地でもある、ラ・マンチャでの撮影。何か特別なことを
意味する作品なのだろう。

アルモドバル監督の作品は赤やオレンジなどの明るい色が美しい。
今回の作品も、色がきれい。赤を多用している。
真上からのショットが多いのは、何を意味するのだろう。

ライムンダ役のペネロペ・クルスの表情がいい。特に、主題歌
『ボルベール』を歌う(といっても、口パクだが)時の目。
アメリカ映画では、お人形さんのような役が多いような気がするが。
アルモドバル監督の元では、生き生きと輝く演技の上手い女優だ。

他の役者たちも皆、素晴らしい。2006年のカンヌ映画祭で、6人
全員が主演女優賞を獲得したのも、大いに納得できる。

ライムンダの人生の転機となる、映画スタッフとのやり取り。
「30人分のランチを料理して欲しい。映画の撮影は3時半まで」
「じゃあ、4時に用意すればいいわね」
日本では、16:00にランチをするのは遅すぎるが。スペインでは
ランチは15:00から16:00が一般的。その代わり、夕食は遅い。
22:00頃に軽く取るだけ。私がバルセロナに住むの先輩の家に
お邪魔した際も、食事はスペイン時間で。夕食は入らなかった。



posted by zooom at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。