2015年09月06日

妊婦に間違われた

昨日から腹部に蕁麻疹ができて、痒くて仕方ない。
身体を締め付けずに楽なので、ハワイアンな柄のワンピース
着ていた。

夕方、ひとりでスーパーに食材の買い物に行ってきた。
色々買いこみ、買い物かごが山盛りになってしまった。
かなりの量で、重そう。いつもなら、カートを使わずに
レジからすぐ横のカウンターまで持って行くのだが。
「今日のは重そう…」という心の声がレジ係に届いたのか
「カウンターまでお持ちしましょうか?」
「いえ、大丈夫ですよ」
「でも、重いですからね」

今日は調理用の2Lの日本酒や豆乳、ジャガイモ、キャベツなど
合計10s近くの重い物ばかり買ったので、助かった。

息子がまだ小さい時は一緒に買い物すると必ず買い物かごを
カウンターに運んでくれる親切なレジ係が多いスーパー。
今日は私一人なのだが。なぜだろう。

あっ。このエプロンドレスのようなワンピースのせいだ。
ストンとしてお腹周りにゆとりがあるので、マタニティ服を
着ているように見えたのだろう。何となく、複雑な気分。

ただ、私の年齢からすると、妊婦に間違えらることはまずない。
と思うと、何となく嬉しいような気もする。

蕁麻疹は、風通しのいい服のお蔭でだいぶ治まった。


posted by zooom at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。