2014年05月15日

『ブルー・ジャスミン』

bluejasmin.jpg

Blue Jasmin
監督:ウディ・アレン
出演:ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン
サリー・ホーキンス、ボリー・カナヴェイル、ピーター・サースガード

公式サイト:http://blue-jasmine.jp

****あらすじ****

大学在学中に投資家の夫ハル(アレック・ボールドゥイン)と知り合い
退学して結婚し、NYのパークアベニューの豪華マンションで優雅な
暮らしをしていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。
パーティーとショッピングで贅沢三昧な日々を送っていたのだが。
夫が投資詐欺で投獄され、人生が転落。どん底に突き落とされた。
財産をすべて差し押さえられたため、セレブな生活が破綻した。

サンフランシスコに住む2人の息子がいるシングルマザーの妹
ジンジャー(サリー・ホーキンス)の安アパートに身を寄せることに。
破産してもなお、フライトはファーストクラス。一文無しなのに
ついてしまった贅沢癖は治らない。
機内では隣の乗客にひらすら自慢話を喋り続けるジャスミン。
精神安定剤とウォッカが欠かせない。

ジンジャー元夫オーギーはジャスミンに恨みを持っていた。以前
オーギーは宝くじで当てた20万ドルで会社を興そうと、相談に
乗ってもらうためNYのハルを訪ねたが、ハルの投資話に乗せられて
資金を失い、一生に一度のチャンスを潰された事を恨み続けていた。

ジンジャーは結婚を考えているチリ(ボビー・カナヴェィル)と同棲を
始める予定だったが、可愛そうな姉ジャスミンを放ってはおけない。
他には行く所がないのだから。精神を病んでいて、誰もいないのに
喋り続けるジャスミン。記憶と現実が交差していた。

生活のために、仕事をしなければいけないジャスミン。大学中退で
学位がないため職探しは難しい。得意分野のファッションなら仕事に
なる。インテリアコーディネーターの資格をオンラインで取るために
まずPC講座に通うことに。嫌々ながらも紹介された歯科受付の仕事を
始めたが、歯科医に言い寄られて仕事を辞めた。
ジャスミンの不安定な精神状態が、徐々に崩れていく。

PC講座の受講者に誘われて行ったパーティーで出会った、外交官の
ドワイト(ピーター・サースガード)。政界進出を考えるリッチな
ドワイトはまさにジャスミンの理想の男性。結婚すればまたセレブな
生活に戻れる。嘘をついてドワイトの気を引き、交際が始まった。
そして、念願のプロポーズ。

婚約指輪を買いに出かけたドワイトとジャスミン。偶然、アーギーが。
嘘をばらされた。ハーバード大を中退して家出した息子の所在も
知ることに。楽器店で働き、家族もいるという。

ハルが投資詐欺で捕まったのはハルの浮気を知らされてパニックに
陥ったジャスミンがFBIに通報したからだ。それを知った成績優秀な
息子は大学を逃げるように中退して家出し、所在を明かさなかった。
ハルは獄中で首吊り自殺。

息子の働く楽器店を訪ねると、二度と会いに来るな言われる始末。
息子にも嫌われていた。

絶望し、ジンジャーのアパートに帰ると。喧嘩別れしていたチリと
寄りをもどし、同居をすることになったという。
虚栄心の強いジャスミンは、もうすぐ結婚するので出て行くと告げ
シャワーをして濡れた髪のまま、公園へ。ベンチに座り、思い出の
一場面を振り返りながら、ひとり喋り続ける。ハルと出会った時の
思い出の曲「ブルームーン」を口ずさむ。

************

ケイト・ブランシェットの鬼気迫る名演が素晴らしい。
スレンダーなケイトが着こなす服やアクセサリーの数々を
見ているだけでも十ニ分に楽しめる作品だった。目が忙しく動く。
精神不安定な状態が徐々に強まり壊れて行くジャスミンを演じた
ケイト・ブランシェットのアカデミー賞主演女優賞受賞は納得できる。

セレブな生活と質素な暮らしとの対比。転落していくジャスミンの
人生はこの先どうなってしまうのだろう。そう思った瞬間に幕引き。
突き放されて終わってしまった。

ハッピーエンドであれば嬉しいが、いっそのこと悲しいけれど自ら
終わりにしてしまう方が楽なのだろうと思ってしまえるエンディング。

ウディ・アレンの首都シリーズの中では一番見ごたえがある作品だ。



posted by zooom at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。