2007年01月20日

映画でしりとり『恋しくて』

『理想の結婚』に続き、53回目は、

『恋しくて』
Some Kind of Wonderful
監督:ハワード・ドゥイッチ
出演:エリック・ストルツ、メアリー・スチュアート・マスターソン
リー・トンプソン、クレイグ・シェファー

****あらすじ****

ショートカットでドラムスティックをいつも手にしているワッツ
(メアリー・スチュアート・マスターソン)は男勝り。クラスでは
悪ガキも一目置く存在だが。幼馴染みで、うだつの上がらない
キース(エリック・ストルツ)に今も片想い中。
男顔負けの口を利くワッツなのだが、どうしても自分からキースに
告白できない。

一方のキース。美人なアマンダ(リー・トンプソン)に御執心。
しかし。アマンダにはハーディー(クレイグ・シェファー)という
ボーイフレンドがいる。アメフト選手で、御曹司でルックスもいい。
キースがどう逆立ちしてもハーディーには叶わない。アマンダへの
想いを得意の油絵に込めるキース。

ひょんなことから、キースがアマンダをデートに誘うことになった。
緊張するキースに、デートの手ほどきをするワッツ。デート当日は
運転手をすることに。つらい立場のワッツ。
果たして、キースの初デートは成功するのか・・・。

************

きゅ〜んと、甘酸っぱい青春映画の金字塔。何度見ても切なくなる。
ワッツ役のメアリー・スチュアート・マスターソンがいい。
秘める思いをドラムに向ける姿のいじらしいこと。
キース役のエリック・ストルツ。今では個性派俳優だが、こんな
地味な役も演じていたとは。

B0002Q2JVK


次回は、「て」から。


posted by zooom at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。