2010年12月27日

米粉のアップサイドダウンケーキ

upsidedownapplecake.jpg


昨日焼いた米粉のアップサイドダウンケーキが上手く出来たので
レシピを覚え書き。

<材料>
リンゴ:大1個
甜菜糖:大さじ1
ブランデー(ラム酒でも可):大さじ1
甜菜糖:大さじ1
米粉:180g
コーンスターチ:20g
ベーキングパウダー:小さじ2
シナモンパウダー:小さじ1/4
リンゴジュース:160cc
レモン汁:大さじ1
グレープシードオイル:50g
大豆固形分12%以上の無調整豆乳:100cc
甜菜糖:大さじ2
塩:ひとつまみ
ヴァニラオイル:2滴

<作り方>
1.薄く櫛切りにしたリンゴ、甜菜糖、ランデーを蓋をした鍋に
 入れ、リンゴがしんなりするまで中火で5分ほど煮てから
 油を塗ったケーキ型に放射線状に並べる。

2.鍋に残った煮汁に甜菜糖を加えてカラメルソースを作り
 ケーキ型のリンゴの上にかけ、190度のオーブンで12分焼く。

3.粉類(米粉、コーンスターチ、BP、シナモンパウダー)を
 ボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜる。

4.リンゴジュースにレモン汁を加え、グレープシードオイルを
 少量ずつ入れて泡立て器でよく混ぜる。

5.電子レンジで豆乳を人肌くらいに温め、甜菜糖と塩を入れ
 もったりするまでよく泡立て(約5分間)、ヴァニラオイルを
 加えて更によく混ぜる。

6.4に泡立てた豆乳の半量を2回に分けて入れて、よく混ぜる。

7.リンゴが焼けてから、6に粉類を加え、さっくり混ぜる。

8.7に5の残りを加えてさっくり混ぜ、焼き上がったリンゴの上に
 生地を流し入れ、180度のオーブンで35分焼く。

焼き上がったら、すぐに型から外して出来上がり。

2歳の息子も食べられる味にしてあるので、甘さ控えめ。
シナモンや甜菜糖の量を増やしてもいい。
貝印のデコレーションケーキ型で焼いたら、側面がカリッとして
ガレットのよう。とても美味しいく出来た。

今度はリンゴの量を増やして、タルトタタン風ケーキを焼いてみよう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。