2010年02月19日

堕天使よりもピエロよりも蛇が強かった

今日も息子と部屋で遊びながら、テレビでフィギュアスケートを
観戦した。

いつもは朝食の直後に息子がお通じを出すのだが。今日に限って
出なかった。ということは、昼食後に必ず出るはず。
ジョニー・ウィアーの演技中に出されたら、オムツ換えを優先
せざるを得ない。心配していたが、ステファン・ランビエールの
演技中に出してくれた。助かった。

ジョニーのフリー演技はショートプログラムとは打って変わって
純粋無垢なルックス。白鳥かと思ったら、堕天使だった。
手先までしなやかな動きで、美しい。バレエを見ているようだった。
ジャンプはミス無くこなせたものの、得点があまり伸びなかった。
場内にはブーイングが。私もテレビを見ながらブーイング。
息子も真似してブーッ。つばを飛ばしていた。6位とは。残念。
赤いバラの王冠がとても似合っていた。

johnnyweirfree.jpg


エヴァン・ライサチェクはショートプログラム、フリー共にノーミス。
納得の金メダル。長い手足はジャンプが決まれば、よく映える。
4年前のトリノ五輪の時に比べると、随分と垢抜けたものだ。

高橋大輔は4回転ジャンプが成功していれば金メダルが取れたと
思うと残念な気もするが、一昨年の怪我からの復帰で銅メダルを
獲得できたのは大健闘。おめでとう。衣装も素敵だった。
フェリー二監督の「道」をもう一度見てみたくなった。

午後からはママ友と待ち合わせ、名古屋駅まで出かけた。
フィギュアスケートを見ていたせいで、息子のお昼寝時間は
わずか30分だけだった。息子は気持ちよく眠っていたところを
起こされて外に連れ出されたので、終始仏頂面。帰る頃になって
やっと笑顔が戻った。





posted by zooom at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。