2009年11月27日

米粉パン

ricebread.JPG


米粉のパンを上手に焼くのは難しい。何度挑戦しても、何か違う。
きれいに膨らまなかったり、膨らんでも蒸しパンのようになったり
肉まんの皮のようだったり。パンとは別物の何かになってしまう。

レシピを変えて、白神こだま酵母ドライを使って焼いてみたら。
上手く焼けた。米粉パンは1次発酵だけで済むので、意外と簡単。

パンが美味しいのは、焼き立てなのに。どの米粉パンのレシピにも
必ずパンが完全に冷めてから切り分けるようにと書いてある。
掟を破って、まだ熱いうちに切ってみた。外側が硬すぎて、包丁が
入らない。何とか切ってみると。切り口が潰れて、ベタベタに。
なるほど。やはり、完全に冷めてから切った方がいい。

30分ほど我慢してから、切ってみると。今度はきれいに切れた。
ふわふわでモチモチの米粉パン。息子も気に入って食べてくれた。
今度は中に何か混ぜて焼いてみよう。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。