2009年01月10日

愛知牧場へ

cowzoom.JPG


NHKスペシャル「病の起源」を見て。息子をアレルギーっ子に
させないために、早くエンドトキシンに触れさせようと思っていた。

今日は風も弱く、晴天だったので。愛知牧場へ行ってきた。
自宅からは来るまで30分ほどの場所。意外と近い。
乳児を連れた家族連れもちらほら。きっと、我が家と同じように
テレビを見て来たのだろう。今までは牛舎の近くではなるべく息を
しないようにしていたが。これからは子供には深呼吸をさせる親が
増えることだろう。

cow.JPG


cattleshed.JPG


牛舎には入れないのだが。外には生まれたばかりの子牛がいた。
可愛い。息子も興味津々。じっと見入っていた。

stirk.JPG


乳搾り体験に挑戦してみた。意外と簡単に搾ることができた。
1頭の乳牛から、1日20〜30Lもの牛乳が搾れるのだとか。
搾られた後も、お乳が自然と出ている。量は違うものの。私も同じ。
授乳している今は、乳牛に親近感を覚えた。

モーハウスという売店には、搾りたての牛乳や、ジェラートも。
牛乳は苦手だが、ジェラートは惹かれる。夫は牛乳をホッとと
アイスの両方飲み、更にジェラートをダブルで食べていた。
私は牛乳は苦手だが、ミルク味以外のジェラートには惹かれる。
でも、我慢。と言いたいところだが。あまりも美味しそうなので
ジェラートを半口だけ味見させてもらった。美味しかった。
夏にはジェラートを求める行列ができるのだとか。暑い中並んでも
食べたい気持ちが分かる。

愛知牧場には、牛の他にもポニーや馬、羊や豚などもいる。
鼻や足が黒い羊。英国の田園風景を思い出した。

sheep.JPG


aherdofsheep.JPG


2時間ほどの滞在だったが。あっという間。意外と楽しかった。
また近いうちに愛知牧場へ出かけよう。

posted by zooom at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アレルギー発症のメカニズムと対策
Excerpt: 皆さんはアレルギー反応がどうして起こるのか?もうご存知だと思います。病医院のドク
Weblog: シックハウス診断&解決NAVI
Tracked: 2009-01-11 10:52