2008年11月02日

新しいミシン

sewingmachine.JPG


息子用のシーツを縫った際に。幾度となく糸がつれてしまい
何度も縫い直した。糸合わせの調子が悪く、切れてしまうことも。
ジャノメに修理を頼んだら。分解して修理をすると、39,000円も
かかるとのこと。安いミシンが買えてしまう。

30年以上前に母が買ったミシン。私や妹が子供の頃はワンピースや
サンドレス、バレエやピアノの発表会用のドレスを作ってくれた。
もう十分お役目を果たしたはずだ。
修理代を払うならば。今後のことを考えれば、多少金額は嵩んでも
新しいミシンを買う方が便利でいいだろうということになった。

コンピュータミシンは一度壊れると修理が大変なので。
普通の電子ミシンにすることに。ジャノメG7000。今までの古い
ミシンに比べると、格段に使いやすい。厚物も楽々縫えそうだ。

早速。ダイニングチェアのカバーを作ろうと思っているのだが。
息子の世話の合間を縫って作るのは、なかなか難しい。
名古屋に帰るまでに、果たして6脚分も作れるだろうか。


posted by zooom at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
zooomさん こんにちは

コットン生地で、直線限定^^;ですが、縫うだけだったらお手伝いしましょうか??
Posted by アップルパイ at 2008年11月04日 15:32
丸くカーブして、ループを挟み込んで縫うので、結構大変なのよ。
まずは試作品を作って頑張ってみるわ〜。
Posted by zooom at 2008年11月07日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。