2008年09月30日

ブドウ大好き

grape.JPG


義母からのお土産に、美味しいブドウをいただいた。
秋の果物は、どれも美味しいが。中でも大好物は、ブドウ。
ピオーネ、甲斐路、マスカット。それぞれ味に特徴がある。

濃厚な甘さが強いピオーネは、1粒食べただけで満足感を得られる。
マスカットは、すっきりとした甘さ控えめの爽やかな味。
甲斐路は子供の頃から1番好きな品種。甘みが強く、酸味もある。
どれも、皮が柔らかい。皮を剥かずに、そのまま食べられる。

昨晩の夕食後に、たらふく食べた。夜中と今朝、息子は普段より
長く母乳を飲んでいた。なかなか離してくれない。
ブドウの養分を含んだ甘くて美味しい母乳だったのだろう。
posted by zooom at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

さくさく日記桜海老

sakusakusakura.JPG


先週末に名古屋から来てくれた夫が、母の大好きな坂角総本舗の
さくさく日記の超特大箱詰めをお土産に買ってきてくれた。

私には、さくさく日記桜海老を。普段は店舗販売せずに、坂角の
オンライショップ
のみで取り扱っている季節限定の商品。

松坂屋と大丸の統合1周年記念で、さくらパンダ柄のパッケージで
松坂屋本店で売っていたとのこと。さくらパンダは可愛いとは
思わないのだが、桜海老のさくさく日記は大好きだ。嬉しい。

sakusakupackage.JPG


味が濃く、塩味が強いのだが。小袋入りなので、ついつい食べ
過ぎることにならないのがいい。

今日は午後から、産院へ。息子の黄疸チェックと母乳相談。
退院時に2600gだった体重が、2705gに増えていた。1日当たり
30g増えればいいので、順調だ。黄疸も問題なく、ひと安心。
posted by zooom at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

お七夜

7thday.JPG


本来は、明日がお七夜なのだが。今日は日曜で義母と夫が実家に
泊まりがけで来ていたので。1日前倒しで、お七夜のお祝いをした。

母と義母が料理の腕をふるって、ご馳走がテーブルに並んだ。
母の作る伊達巻を食べるのは、久しぶりだ。義弟の実家からは
長岡名物の、お赤飯が届いた。ささげではなく、金時豆が入った
醤油味の茶色いお赤飯。白ゴマをかけて食べる。美味しい。

いつもは昼間はぐっすり眠っている息子だが。夫が半紙に名前を
書き、命名のお祝いをする頃に目を覚ました。いいタイミング。
母も義母も、夫も父も、そして私も。皆それぞれカメラや携帯や
ビデオカメラを手に、可愛い、可愛い、と大はしゃぎ。
特に、母のテンションの高いことといったら。喜ぶ母の顔を
見ているのも楽しい。やっと、親孝行ができた気がする。

上げ膳据え膳の毎日だが。出産前よりも体重が5kg減った。
出産翌々日には3kg減だった。4日間で2kgも減ったことになる。
標準体重まで、あと2kg。母乳をあげていると、食欲旺盛なのに
体重の戻りが早い。

午後からは、親戚が会いに来てくれた。息子は珍しく眠らずに
暫らく起きていた。母の仕事仲間や親戚など、連日訊ねて来る
女性には、大きな目を開けて愛想良くしている。調子がいい。


posted by zooom at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

沐浴

退院してから初めての沐浴。夫が名古屋から、義母が戸塚から
駆け付けてくれた。私の両親も含め、5人がかりでの沐浴だ。

洗面所のシンクの前は大にぎわい。父がシンクをきれいに掃除し
義母が息子を支え、私が洗い、母がかけ湯をし、夫がビデオ撮影。

私は沐浴中に一瞬溺れかけたらしい。咄嗟に、たらいの縁をつかみ
大事には至らなかったのだとか。
手を滑らせないようにしなければ。初めてなので、緊張する。

産院では沐浴の度に大泣きしていたが。今日は気持ち良さそうに
大人しくしていた。多少泣いたものの、意外と問題なく沐浴が済み
ひと安心。お風呂上がりも、噴水することなく着替えができた。
これから毎日繰り返すうちに、お互い慣れてくるだろう。
posted by zooom at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

退院

chigasakiladiesclinic.JPG


4泊5日の入院期間は、あっという間。
こじんまりとした個人院なのだが。助産師さんやスタッフの
人数が多い。色々と親切にしてもらい、産後の経過も順調だ。

全室個室の内装は、部屋によって様々。私の部屋はバリ風。
冷蔵庫、テレビ、プレステ完備で、とても快適に過ごせた。
壁には、ミッキーとミニーの浮き彫り模様が。東南の角部屋で
窓が2面にあり、海からの潮風が心地よい。病室というよりは
B&Bのような、ホームステイ先の自分の部屋のような雰囲気だ。

mickeywallpaper.JPG


theward.JPG


廊下には、ポットが置いてある。コーヒー、紅茶、緑茶、ほうじ茶
カップスープ等をいつでも自由に飲むことができ、便利だった。
磁気水を使用している産院だったので、オムツ替えの度に何度
手を洗っても、手荒れすることがなかった。ハンドクリームは
1度も使用せずに済んだ。

息子を取り上げてくれた助産師さん、院長先生と一緒に産院の
玄関前で記念撮影。いつも眠っている息子は、珍しく起きていた。
お見送りをされて、本日、無事に退院した。タクシーで実家へ。

私と息子用の部屋には、早速新しいベビー布団が敷かれていた。
寝心地を確かめる間もなく、真っ赤になって泣き始めた息子。
大きいのと小さいのを両方出していた。まだ、オムツを部屋に
用意していなかったので。取りに行った瞬間に大惨事が。

「この子、すごい汗をかいてるぞ。目の下に水溜りができてる」
汗ではなく、おしっこ。自分の顔に飛ばしてしまったようだ。
一瞬の出来事に驚いた様子。さらに大泣きして、騒いでいる。
退院時に着せた、おめかし用のカバーオールも、びしょ濡れ。
男の子は飛ばすというが。初日から、やってくれた。

産院にいた時には、オムツ替えは問題なく済んでいたのだが。
今のところ、お召し替えが3回。シーツも敷きパッドも洗濯した。
明日からは洗濯担当の父が大忙しになりそうだ。

posted by zooom at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

豪華な病院食

昼間は母子同室で過ごすのだが。夜間は同室でも預けてもいい。
昨晩までは21:00から夜間預かりをお願いしていたのだが。
2:00に目が覚めた。胸が重い。パンパンに張っている。昨日までは
普通だったのだが。たった一晩で、巨大化した自分の胸に驚いた。
余りにも張って痛いので。助産師さんがマッサージをしてくれた。

栄養たっぷりで美味しいと評判の産院の食事も関係しているはず。
つい、今までの習慣で。毎食の献立と材料をメモしてしまう。
自分で作ってみようと思うような品々が多い。夕食は肉類と魚類が
両方並ぶ。毎晩の料理が、お祝い膳のようだ。お昼はランチセット
よりも、はるかに豪華。因みに、昨日の昼食メニューはというと
ハヤシライス、カボチャのマカロニサラダ、トマトのスープ、梨。

westernlunch.JPG


トマトスープが美味しかったので、レシピを教えてもらった。

今日の昼食は、トマトとモッツァレラチーズのサラダ、キャベツと
大根のスープ、チキンとキノコと人参のサンドイッチ。デザートは
コーヒーゼリー。昼食には毎回、鉄分入り飲料 毎日ビテツも。

chikensandwich.JPG


毎回残さずに食べていれば、いい母乳が出るはずだ。
あとは肝心な飲む人が一生懸命に吸ってくれないと。
posted by zooom at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

全身マッサージ

オムツ替えや母乳をあげる際は、腕や腰に負担がかかる。
出産時に悩まされた腰痛に加え、両腕が筋肉痛。肩こりも。

今日は全身マッサージを施してもらった。
うつ伏せ寝をするのは、8ヶ月ぶり。お腹がまだ少し大きいので。
うつ伏せに寝るのは不思議な違和感がある。

マッサージ中の15分間は、あっという間。うとうとしている内に
終わってしまった。腕も肩も腰も、痛みが少し和らいだ。
posted by zooom at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

早速、お見舞い

昨晩は4時間だけだが、久しぶりに熟睡できた。気持ちがいい。
朝は友達からのお祝いメッセージの返信に忙しかった。

わずか4泊の入院中、ミルク作りの指導、母乳指導夫、沐浴指導等
やることが色々ある。面会は午後から。

義母、義弟、義弟家族が揃ってお見舞いに来てくれた。
夫は産院に来る前に、量販店へ。買ったばかりのハンディカムを
持ってきた。早速、息子のビデオを撮って喜んでいる。
きっと、名古屋に帰る新幹線の中で、何度も繰り返し見ているに
違いない。夢中になって乗り過ごしていないといいが。

入れ違いで、私の両親もやって来た。
母が、「おでこが広くて、いい顔じゃないの。出っ歯じゃないし」
…。まだ歯は生えていないのだが。とにかく何か誉めたいらしい。

当のご本人の息子は。昼間はよく眠っている。
母乳もミルクもあまり飲まず、ひたすら眠り続ける。起こすと泣き
またすぐに眠ってしまう。

やっと本格的に目が覚めたのは、21:00過ぎ。夜間預かりの時間に
起きるとは。お腹の中にいた頃から夜更かしだったが。
「おはよう」と「お休み」が同じタイミングになるとは。


posted by zooom at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

新しい家族の誕生

予定日よりも1週間早く、2698gの元気な男の子が生まれた。

前駆陣痛は19日から毎晩、夜中から朝まで30分間隔であったものの
間隔の短い本陣痛は昨晩20時頃から。15時間かかったことになる。
寝不足の疲れが溜まったせいもあり、途中で陣痛が弱くなったため
予定よりも時間がかかった。

夫が休みを取っていて、戸塚の実家にいたので。出産までの間は
ずっと付き添ってくれた。立ち会いはしないと言っていたのだが。
結局、生まれるまで私のそばにいて支えてくれた夫に感謝。

生まれたての我が子をカンガルーケア。小さな口で一生懸命吸って
いる姿を見ると。やっと会えた感動が込み上げてきた。
posted by zooom at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

早くも冬物購入

combiminibear.JPG


昨晩も、未明から朝にかけて前駆陣痛が。10分間隔になったので
いよいよかと思っていたのだが。私の通っている産院では初産婦は
陣痛の間隔が5分になってから入院。産院に連絡するのは、まだ
早いと思っているうちに、痛みの間隔が30分に開いてしまった。
お腹の中の子は、かなりの夜型らしい。今から先が思いやられる。

コンビミニの割引券の使用期限が今月末までだったので、冬物を
買ってみた。クマ柄のベストがかわいい。リバーシブル仕様で
裏は、こげ茶色のストライプ柄。

combiministripe.JPG








posted by zooom at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ラズベリーリーフティー

raspberryleaftea.JPG


茅ヶ崎ラスカ内にあるハーブティーの店 Herb Marche
ラズベリーリーフティーを買ってみた。妊娠後期に飲むと
子宮の収縮を助けるのだとか。産後の母乳の出も良くなるらしい。

色や香りは、ヨモギのような青っぽい感じ。すっきりとした味で
飲みやすい。飲むと、体がポカポカ温まる。

昨晩3時頃から今朝9時半頃まで、30分おきに弱い陣痛があった。
おそらく前駆陣痛だろう。台風の接近のせいで、外は暴風雨。
「今は雨風がひどいから、まだ生まれちゃダメよ。もう少しだけ
我慢してね」と話しかけていたのが効いたのか。次第に痛みの
間隔が開き、午後には治まってしまった。

今夜はコンサートを見るため、横浜に来ている夫。明日は茅ヶ崎に
来てくれることになっている。お腹の中の子は、夫が来るのを
待っているのかもしれない。

posted by zooom at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

CDよりも、やっぱりレコード

Linnsondek.JPG


今日は、お隣の奥さんのピアノ練習の調子が、ひまひとつ。
同じところで何度も間違え、聞いている方にもストレスが伝わる。
肌寒いので、窓を閉めてレコードを聴くことにした。

2000枚以上ある父のレコードコレクションの中でも、お宝のひとつ。
MOZART The Last Six Symphonies and Orchestral music。
ブルーノ・ウォルター指揮のモーツァルト交響曲集4枚入りで
2500部限定。黒い布張り風のボックス入りデラックスバージョン。
写真付きの解説の他に、なんと全曲分の楽譜もついている。
40年以上も前に、10,000円も出して買った代物だ。

いい物は、いい音で。居間に2台あるレコードプレイヤー。
聴き分けてみると。同じレコードでも、プレイヤーと針が違えば
音もずいぶんと変わるものだ。良い方のプレイヤーに1番良い針を
つけて聴いてみた。重みのある音で、よく伸びる。

お腹の中も、ご機嫌な様子。ぐにょぐにょと動いている。
昨晩から今朝未明にかけて前駆陣痛があったので、いよいよかと
思ったのだが。昼間は何事もなかったように治まっている。
今はいい音楽を聴いてリラックスしているようだ。
posted by zooom at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

おしるし

まだまだ生まれそうな気配はないと思っていたのだが。
今朝未明、トイレに行くと、おしるしが。一瞬、破水かと思い
焦ってしまった。産院に電話で問い合わせをしたところ、どうやら
破水ではなさそうだ。お腹の中も、相変わらず激しく動いている。
大人しくなりそうな様子ではない。陣痛も全く感じない。

何となく気になったので。念のため、朝一で産院に行こうかと思い
用意していたのだが。一晩中起きていたせいか、出かける直前に
急に睡魔に襲われた。眠気に負けてしまった。

お昼前に目が覚めると、またおしるしが。どうやら、予定日より
早く生まれることになるかもしれない。

先月末に一足先に出産したママ友から電話が。参考になったが
お産は、人それぞれ。私も安産になりますように。
posted by zooom at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

海まで散歩

sunset16092008.JPG


そろそろ、赤ちゃんが下がってくるように。運動のため、海まで
散歩に出かけた。昼間は晴れていたが、夕方からは曇り。

途中、光化学スモッグが出ているとの放送が。ゆっくり歩いたら
いつもは20分足らずの道のりが、今日は30分もかかってしまった。

久しぶりに聞く波の音。目を閉じて、潮風を感じながら深呼吸。
リラックスできて、心地よかった。

ゆっくり目を開けると。雲の合間に夕陽が見えた。
夜景モードでも撮ってみた。空が青く、ほんのり紫がかって見える。
実際に見る空とは、少し違う色合いだが。きれい。

sunset16092008b.JPG


同じ時間に撮った同じ風景なのに。色が違うと印象も違うものだ。
posted by zooom at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

母と健診後に、こなひき洞のパン

konahikirichchocolatebread.JPG


先週、義母と健診に行ったのを羨ましがっていた母。
今日は、母と一緒に健診へ。

超音波検査では、お腹の中はいつものように大人しい。
「寝てますね」と言われたが。口をモグモグ動かしている様子が
見えた。健診がある日は朝食を軽めにしているので、待ち時間に
お腹が空いていた。お腹の中にも空腹感が通じていたのだろうか。

先生からは、子宮口が開いてきている、赤ちゃんが下りてきている
などと言われるかと期待していたのだが。そんな言葉は、一言も。
「では、また1週間後に来て下さい」

初めて見るエコーの画面を、難しい顔で訳が分からなさそうに
凝視していた母。口を動かしている部分は見えたようで、大喜び。
帰宅後。友人や仕事仲間からの電話に、健診の様子を自慢げに
楽しそうに話していた。

いつも、健診は月曜日。産院近くのパン店こなひき洞は月曜定休。
今日は帰りに念願のパンを買って帰った。お昼間近だったので
菓子パンや食事パンが多い。バゲット、リッチチョコブレッド
コットンという食パンを買ってみた。

コットンはきめが細かく、甘い。美味しい。バゲットは、皮が
パリパリで、中はもっちり。リッチチョコブレッドは中にチョコ
ペーストがたっぷり入っていた。やや甘すぎだが。後を引く味。
母も気に入った様子。産院への見舞い帰りに買いたいとのこと。


posted by zooom at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

満月の不思議な力

一昨日の晩から、戸塚にある実家に帰っていた夫。今日は色々と
譲ってもらった荷物を積み、車で茅ヶ崎まで来てくれた。
5週間ぶりに会った夫のお腹も、大きく育っていた。

中秋の名月は昨日だったが。満月なのは、今夜。生憎の曇天で
きれいな満月を臨むことができなかったのが残念だ。

満月や新月の1日前と3日後は、出産のピークなのだとか。
ちょうど夫が来ているので、もう生まれてもいいかもしれないと
思ったが。お腹は張りやすくなったものの、生まれそうな気配は
未だにない。予定日は新月の1日前。月のパワーで予定日通りに
生まれるだろうか。


posted by zooom at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

chez Hyakutake でランチ

chezhyakutakelegume.jpg


OL時代の同期が、茅ヶ崎まで遊びに来てくれた。南口すぐそばの
chez Hyakutake でランチ。ずっと気になっていたフレンチの店だ。

今まで、茅ヶ崎には美味しいフランス料理を食べられる雰囲気の
いい店は少なかった。La Table de Toriumi ぐらいだろうか。
一中通りにある、La Lausanne はしっかりした味で、デザートの
ケーキも美味しいが。スイスの山小屋風のカジュアルな雰囲気。
実家からすぐそばの Restaurant Regal は気に入っていたので
よく通っていたのだが。残念なことに、閉店してしまった。
以前から気になっていたchez Hyakutake は、予約が取れないと
聞いていたのだが。今回は、運よくランチの予約が取れた。

カウンター席からは、厨房がよく見える。シェフが独りで5つの
コンロを使い、料理を作っていた。見事な手さばき。その合間に
お喋りも。手と口が同時に動く。

前菜の、野菜と魚介のゼリー寄せ。色とりどりの野菜と鮭や鯛
ホタテなどの魚介がふんだんに。赤ピーマンとバジルの2種類の
ソースは酸味が効いていて、爽やかな味わい。とても美味しい。
Pain de Nanosh のバゲットにつけて、お皿に残ったソースを
きれいに拭いて食べた。

スープは、栗の冷製スープ。ほんのりと栗の甘い味わいがして
これからの季節にぴったり。美味しい。

メインは、真鯛のポアレ。オマールエビのアメリケーヌソースと
アサリのサフランソース。鯛は皮がパリパリ。厚い身はぷりぷり。
真鯛の上に乗っているのは、薄く千切りした人参の素揚げ。
下に敷かれたサフランライスは赤ピーマンが効いていて美味しい。

chezhyakutakepoisson.jpg


デザートは、チョコレートのクレームブリュレにバニラアイスを
添えて。キャラメリゼには、キビ砂糖を使っていた。かなり大量。
だが、甘さがくどくない。上から振られた黒コショウのピリリとした
辛味がアクセントになり、クレームブリュレの甘さを抑えている。
アイスクリームが溶ける前に、手早く携帯のカメラに収めなければ。
美味しそうな物を目の前に興奮してしまい、上手く撮れない。

chezhyakutakedessert.jpg


子供が生まれる前に、もう一度来たいと思うのだが。
平日のランチは、かなり前から予約で埋まってしまうとのこと。
わざわざ都内から食事に訪れる常連客が多いのも、納得できる。
もっと早くに来ていれば。次は、いつ来られるだろう。








posted by zooom at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

そろそろ入院準備

出産予定日まで、あと2週間ほど。まだ、生まれそうな気配は
ないのだが。入院時に必要な物の準備を始めた。

パジャマやバスタオル、スリッパなどは産院で用意してくれる。
洗面用具や下着など、持って行く荷物は少なくて済むのだが。
朝起きてから寝るまでに使う物をリストアップしてみると。
意外と色々な物が。赤ちゃんの写真を撮りたいので、カメラや
充電器も持って行きたい。さすがに、ノート型PCは諦めたが。
結局、旅行鞄がパンパンに膨らんでしまった。

準備完了と思ったら。肝心な物を入れ忘れていたことに気付いた。
退院時用の私と赤ちゃんの服、おくるみを入れ忘れていた。
もう、鞄には入らない。退院する前に、親に持ってきてもらおう。


posted by zooom at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

嫌な予感

数日前から。朝晩、鼻がムズムズする。時々、くしゃみも。

ブタクサのせいだろうか。今までは、秋の花粉症には悩まされて
いなかったのだが。酷くならないといいが。
posted by zooom at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

涼しくなってきたので

朝晩は、すっかり涼しくなってきた。夜は半袖では肌寒いくらい。

暑い間は、気乗りがしなかったのだが。そろそろ、ミシンがけを
したくなった。まずは、シーツ作り。出来上がったベビー布団は
130cm×90cm。市販のボックスシーツでは、サイズが合わない。
母に頼み、生地店で天竺の生地を3m50cm買ってきてもらった。

いざ、縫おうと思ったら。ゴムを買うのを忘れたとのこと。
ゴムがないと、ボックスシーツは作れない。
ミシン掛けは明日以降にお預けだ。



posted by zooom at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

階段で運動

名古屋にいた間は、夕方になると足が浮腫んでつらかった。
実家に帰省してからは、浮腫みが解消された。足の付け根が
圧迫されるので、浮腫んでしまいそうなのだが。大丈夫。
体重も、妊娠10ヶ月目で6.5kg増。お腹は重いが、体は重くない。

おそらく、階段の上り下りが効いているのだろう。
1日に10回近く、1階と2階の間を行ったり来たり。知らない間に
運動になっているようだ。マンションの狭い部屋では、5〜6歩で
用が足りてしまう。物ぐさ派には便利でいいのだが。
家は多少広い方がいい。家に居ながらにして、軽い運動ができる。

posted by zooom at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

肌で感じる季節の変わり目

日中は日差しが強いものの。朝晩は涼しくなった。庭からは
鈴虫の声が聞こえる。昨晩から急に、秋の空気になった。

今朝。シャワーを浴びた後に感じた肌の乾燥。引き連れるような
不思議な感覚。肌で季節の変わり目を感じるようになったのは
ここ数年。もう、基礎化粧品は秋冬用を使った方が良さそうだ。
そして、そろそろ。現在使っているシリーズから、ややリッチな
商品にグレードアップした方がいいのかもしれない。

今夜は、愛用しているアルビオンのスキンコンディショナー
ペーパーマスクに浸し、パックをしてみよう。明日の朝には
違いが実感できる。肌がしっとり潤い、つるんとしているはずだ。





posted by zooom at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

健診と母親教室

産院の場所案内も兼ねて、今日の健診は義母に付き添ってもらった。
超音波検査の様子を一緒に見てもらう。エコー画面を見るのは
初めての義母。頭やお腹の断面図、大腿骨などの画像を先生に
説明してもらいながら、興味深そうに見入っていた。

午後からは産院主催の母親教室に参加するため、再び産院へ。
助産師さんからの説明を受け、産院内の施設見学をしてきた。
詳しい話を聴くことができたので、参加してよかった。
入院期間は、お産当日を含め、4泊5日間とのこと。あっという間だ。

義母との健診の様子を母に話すと、羨ましそうにしていたので。
次週の健診は母と一緒に。母も超音波検査の画面を見たいらしい。

posted by zooom at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

今日から正産期

里帰り出産のために実家に戻ってから、ちょうど1ヶ月が経った。
今日から、妊娠37週目。正産期に入った。

益々お腹が重くなり、座ると足の付け根が圧迫される。
就寝時は、上手い具合に体勢が取れない。仰向けだと腰が痛い。
シムスの体勢は角度によっては、お腹が苦しい。抵抗される。
眠れないまま、朝方になってしまうことも。

お腹の中は、順調に成長中。お隣から聴こえるピアノの練習曲や
スティーヴン・フライおじさんが朗読する Harry Potter の
オーディオブックがお気に入り。足をゴニョゴニョ動かしながら
ご機嫌な様子で聴き入っている(ように感じる)。

苦手なのは、ボディブラシとドライヤーの音。
実家では、馬の毛のボディブラシを使っているのだが。お腹を
洗う時に、いつも硬直する。きっと、皮膚刺激が怖いのだろう。
「痛くないから、大丈夫よ〜。気持ちいいいでしょ」と言いながら
洗うのだが。ボディブラシがお腹に触れた途端に、硬くなるのが
分かる。「はい、おしまい。よく頑張ったね」と言うと、一気に緊張が
解け、お腹が柔らかくなる。ちょっと臆病者かもしれない。

明日は2週間ぶりの健診。前回は口を動かしている様子が見えた。
今度はどうだろう。義母に付き添ってもらうので、顔が見えると
いいのだが。楽しみだ。




posted by zooom at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

燻製クッキー

smokedcokkies.JPG


軽井沢のお土産に、燻製クッキーをいただいた。
クッキーなのだが。味は燻製。燻製なのだが。味はクッキー。
バターとラードがたっぷり入った、かなり濃厚な味わい。
紅茶やコーヒーよりも、ウィスキーなどのお酒の方が合いそうだ。
posted by zooom at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ダンボールだらけの部屋

ネット通販で購入した荷物が、続々届いた。
私が買った物とほぼ同じ物を妹も頼んだので、赤ちゃん用品の
ダンボールで埋め尽くされる予定。箱を積み重ねると取れないので
1つずつ床においてある。私の部屋が赤ちゃん用品の物置部屋に。
随分と様変わりしてしまった。階段下の納戸と、洋服や鞄用の納戸
以外に、赤ちゃん用の物置部屋までできてしまった。

買い物に出かけると、持って帰るのが大変だが。ネット通販は
便利でいい。その代わり、手にとって見ることができないので
PCの前で長い時間、悩み続ける。お尻拭きシート1つ買うのにも
時間がかかる。

悩んだ末、お尻拭きシートではなく、コットンを使うことにした。
コンビの、お湯でコットンお尻拭きを購入した。いつでも暖かい
コットンを作れるので、お尻拭きシートでの肌荒れの心配がない。




posted by zooom at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

Biggyのパン

biggy.jpg


実家から徒歩10分ほどのところに、パンの店ができていた。
パンを売る店なのに、biggy という店名。biggies と勘違いしそう。
小さいながらも、洒落た感じの店構え。

デニッシュ系の菓子パンや、惣菜パンなどが得意な店のようだが。
私は菓子パン類には興味がない。母の好きなメロンパンを味見用に
買ってみた。1つ120円。安い。

100%国産小麦を使用したバゲットとハードトーストを買ってみた。
小ぶりながらも、バゲットが180円、ハードトーストは200円。
かなり手頃な値段だ。ただ。バゲットを紙袋ではなく、ビニールの
保存袋に入れたのを見て、ちょっとガッカリ。

早速、昼食時に食べてみた。バゲットを手で触ってみると。
あまりの柔らかさに驚いた。パリパリのはずの皮も柔らかい。
トースト用の生地を使っているのだろうか。軽く温めてみると
皮がパリッとなったが。中身は、もちもちではなく、ふわふわ。
日本人好みの柔らかいバゲット。軽い味。美味しくないわけでは
ないが。私の好きなバゲットではなかった。残念。

ハードトーストは、そのままで食べるとモチモチ。トーストすると
かなり軽い食感に。食べ応えがないので、いくらでも食べられる。
金沢産の国産小麦は味が薄いのだろうか。粉の味がしない。

食事のついでに食べるパンとしては、値段も手頃でいいのだが。
何もつけなくても美味しく食べられるパンではなかった。

やはり、食パンはアンデルセンの長時間発酵パン、バゲットは
Viron のレトロドールか、メゾンカイザーのバゲットモンジュに
限る。

メロンパンは甘かった。メロンパン好きな母にも甘過ぎたようだ。
posted by zooom at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

今日もいい天気

bluesky.JPG


今週初めまで、立て続けに泊まり客があったため、天気のいい日は
シーツやタオルケットなどの洗濯物が多かった。洗濯担当の父は
洗濯機を3回転させ、ベランダと庭の物干しをフル活用していた。
水道局の検針係りの人から、「今月の水道使用量が前月に比べて
異常に多いんですけど・・・」と心配されたほど。調べてみると
昨年の8月も使用量が多かったらしい。夏は来客が多いだけでなく
庭の水撒きもある。シャワーを浴びる回数も増える。

昨日までの天気予報では、今日は午後から雨の予定だったが。
朝からずっと、いい天気。そろそろ、水通しをしなければと
思っているのだが。あと1つだけ、着荷待ちの物がある。

明日からの天気は曇りや雨で、暫らくは晴天に恵まれそうにない。
今日のうちに洗っておけばよかった。来週末の3連休には天気が
回復して欲しいものだ。
posted by zooom at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

映画でしりとり 『シャンヌのパリ、そしてアメリカ』

『ビッグ・フィッシュ』に続き、88回目は、

『シャンヌのパリ、そしてアメリカ』
A Soldier's Daughter Never Cries
監督:ジェームズ・アイボリー
出演:クリス・クリストファーソン、バーバラ・ハーシー
リリー・ソビエスキー、ジェーン・バーキン

****あらすじ****

1960年代のパリ。
アメリカ人の少女シャンヌ・ウィリス(リリー・ゾビエスキー)は
元軍人で著名な小説家の父ビル(クリス・クリフトファーソン)と
明るい母マルチェラ(バーバラ・ハーシー)と共に、幸せで楽しい
日々を送っていた。

ある日、両親が6歳になるフランス人の少年ブノワ(サミュエル・
グリュアン)を養子として迎え入れた。今まで、両親の愛情を受けて
育った一人娘のシャンヌ。新しくできた弟に警戒感を抱く。
15歳の時にブノワを産んだ未婚のフランス人の実母は、書類上の
養子縁組手続きを取るのを拒んだ。
小さな頃から、里親をたらい回しにされていたブノワ。いつでも
孤児院に帰れるように、スーツケースに荷物を纏め、手放さない。

やがて、ブノワは家族の皆と打ち解けるようになった。ブノワは
ビリーと改名し、ウィリス一家に馴染んでいく。

ビルはビリーの母親と連絡を取り、正式に養子縁組の契約を結んだ。
ビリーの母親はビリーに姿を見せず、彼を産んだ際の日記をビルに
渡した。「いつか、息子が望んだら、日記を渡すように」と託す。
そこには、母親の愛情が溢れていた。

思春期のシャンヌは、オペラ好きの風変わりな少年フランシス
(アンソニー・ロス・コスタンツォ)と仲良くなる。
彼と二人暮らしの母親(ジェーン・バーキン)も、とても個性的。
フランシスがシャンヌに対する恋心が芽生え始め、2人の関係は
ギクシャクし始めた。

そんなある日。ビルは家族とアメリカへ帰国することに決めた。
子供達がフランスの価値観に染まりきらない10代のうちに祖国
アメリカに渡った方がいいと考えたのだ。
ビルの持病の心臓病が悪化し、アメリカ人医師の治療を受けたいと
いうのも帰国する原因のひとつでもあった。

アメリカ行きを告げたシャンヌ。フランシスに好きだったと告白され
驚く。シャンヌは、フランシスを親友だと思っていたのに。
シャンヌは思春期を過ごしたパリを離れ、アメリカへ。

1970年代のアメリカ。
入り江を一望するロングアイランドの高台に引越したウィリス一家。
アメリカに移っても、パリでの生活習慣を変えることはできない。
シャンヌとビリー(ジェシー・ブラッドフォード)は地元の高校に
通い始める。フランス育ちの2人は、仲間に受け入れてもらえない。
学校に馴染めない。パリの暮らしが懐かしい。

精神不安定になったシャンヌ。相手に受け入れられようと思う
一心で、次から次へと男子生徒と肉体関係を持っていく。
不安な気持ちを父に正直に相談したシャンヌ。どんな時でも、父が
見守ってくれているという安堵感を実感した。

ビルが入院することになった。病床でも執筆活動を続けるビルは
シャンヌに口述書記をさせる。日々病状が悪化する父を目の前に
思わず涙するシャンヌ。ビルは「将軍の娘は泣かない」と言い
シャンヌを気遣う。それは父娘の合言葉にもなっている言葉だった。

ビルが退院したある日。ビルはビリーの生い立ちをシャンヌに話し
母親から預かっている日記を読んで、ビリーに話してほしいと頼む。

アメフトの選手キースに交際を申し込まれたシャンヌ。まず、父に
相談し、交際の許可をもらう。ビルは誠実そうなキースとの交際を
温かく見守っていた。

大晦日の夜。ビルは一家で新年を迎えたいと思っていた。ビルには
きっと最後の年越しになるだろうと覚悟をしていた。
キースとカウントダウンパーティ出かけようとしていたシャンヌ。
ビルは自分から巣立っていくシャンヌの意思を尊重した。

新年を向かえた。シャンヌは不安になる。父ビルに電話をした。
「パパ、一緒にいたい。新年、おめでとう。明日も会えるわよね」

************

思春期を過ごした、1960年代のパリ。
大人になっていく過渡期を過ごした、1970年代のアメリカ。
2つの国の2つの文化の中で成長していく娘と、娘を見守る父の
物語。信頼が置ける父娘の関係が、とてもいい。

主演のリリー・ゾビエスキーが美しく成長していく様子を誰の
目線でみるかによって、この作品の見方が変わってくるだろう。

シャンヌのパリ、そしてアメリカ


次回は、「か」から
posted by zooom at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

足の爪切りに、ひと苦労

視力が悪いので。足の爪を切る時には、足の指を目の近くまで
持ってこないと、上手く切ることができない。

最近は大きなお腹が邪魔をして、足を上手く近づけるのが難しい。
臨月になると、足の爪切りが大変だとは聞いていたが。本当に
ひと苦労。大変というか、苦しい。

靴下を履くのは慣れてきたが。前にかがむのが大変だ。
サンダルのストラップ部分のホックを止めるのも、ひと苦労。
スニーカーの紐が解けたら、結べるだろうか。



posted by zooom at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする