2008年04月30日

体重管理に

義母が遊びに来ていた4日間。普段に比べて、よく食べた。
毎朝、体重計に乗る際にドキドキした。かなり体重が増えている
だろうと心配したのだが。意外にも、あまり変化なし。
よく歩いたので、かなりのカロリー消費になっていたようだ。

いい気になっていたが。今朝の体重は、随分と増えていた。
そういえば。体重というものは、「意外と平気だった」と安心した
翌日以降にドンと増えることが多いことを思い出した。

これから出産までの体重管理が大切だ。急に増えすぎないように
毎朝の体重と、毎食ごとに食べた物を食材まで細かくメモをし
seesaaブログのダイエットログに書き溜めている。
初めのうちは面倒だと思ったが。慣れてしまえば、大変ではない。
必要な栄養素をきちんと摂れたかどうか分かるので、便利だ。
ただ。1日30品目を摂るのは、かなり難しい。
posted by zooom at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

東山植物園へ

higashiyamabotanicalgarden.JPG


今日の午後には横浜に帰る義母。
朝食はモーニングを食べに、近くの喫茶店 CLUB HOUSE へ。
今日はお茶ではなく、トマトジュースでモーニングセットを頼む。
パンやサラダをお代わりし、茹で卵やパスタも食べた。

家に戻ってカメラを取ってから、義母と2人で東山動植物園へ。
自宅からは徒歩でも行けるのだが。意外と近くにある場所は
中々行く機会がなかったりする。動物園には子供の頃に何度か
行ったことがあるが。同じ敷地内にある植物園を見て回るのは
今日が初めて。

ロンドンのキュー・ガーデンを模して作ったという温室。
一度、見てみたかった。温室前に咲いた可憐な花の色が爽やか。

higashiyamabotanicalbardenconservatory2.JPG


温室の中には、熱帯植物をはじめ、様々な植物が。

higashiyamabotanicalgardenconservatory3.JPG


higashiyamabotanicalgardenlotus.JPG


higashiyamabotanicalgardencactus.JPG


ブーゲンビリアが美しい。ピンク色のものが花だと思ったら。
花弁だった。ブーゲンビリアの花は小さく、白かった。

higashiyamabotanicalgardenconservatory.JPG


higashiyamabotanicalgardenbougainvailleazoom.JPG


温室を抜け、星が丘方面の出口に向かって歩く。竹林には、筍が。

higashiyamabotanicalgardenbamboo.JPG


緩やかに続く上り坂。上りきると、お花畑が。春の花の色は明るい。

higashiyamabotanicalgarden2.JPG


約2時間の散策。いいお天気で、楽しかった。広いので、よく見て
回るには、丸1日あっても足りないかもしれない。

お昼は味噌煮込みうどん。山本屋本店へ。
 
misonikomi.JPG


やはり、私には赤味噌ベースの味噌煮込みうどんは濃かった。
ご飯も一緒に頼んで、正解。浅漬けの白菜やキュウリは美味しい。

昨日買い残したお土産をJR名古屋タカシマヤで購入し、午後の
新幹線で帰路についた義母。名古屋名物を楽しんで帰っていった。
充実した4日間だった。お疲れさま。

posted by zooom at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

義母と2人で、お買い物

カレンダー通りに出勤する夫。今日は仕事に出かけていったので
義母と2人で栄に繰り出した。今日の目的は、ベビー服の下見と
お土産選びと、名古屋名物のランチ。

まずは、三越と松坂屋の地下へ。何ヶ所にもお土産を買うため
食事をしながら、どこに何を買うか考えることに。
ベビー服は夏物ばかりだった。まだ性別が分からないので、今日は
下見だけ。ふわふわとした柔らかな生地のベビー服を見ていると
優しい気持ちになる。

ひつまぶし、手羽先と来れば。次は、矢場とんの味噌カツだろう。
お昼時の矢場とんの本店は、きっと長蛇の列だろう。LACHICにも
入っているので、少し時間をずらし、やや遅めのランチ。
入店のタイミングが良かったので、並ぶことなくすぐに席へ。
ヒレ肉の鉄板とんかつオーダーした。義母は、エビフライも。
まるは食堂のエビフライも気になっていたので、一度に味噌カツと
大きなエビフライを堪能してもらうことができて良かった。
テーブルに運ばれた時には、あまりの量に2人とも食べきれるか
不安だったが。意外にあっさりしていた。私はゴマをかけるのも
忘れ、あっという間に完食。ただし、ご飯は少なめにしてもらった。

松坂屋のキルフェボンでお茶をと思ったら、待ち時間が長い。
F&Mでひと休みすることに。ケーキセットを頼んだら、ケーキが2つ
選べた。満腹のはずなのだが、ケーキもペロリと食べてしまった。

お土産を買うために、三越と松坂屋の間を何往復もし、わずか
3時間足らずの間に、2人合わせてポケットティッシュを20個も
もらった。バッグの中はティッシュだらけ。

名古屋名物のお土産を色々と買って帰り、充実した1日だった。

posted by zooom at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

名古屋名物と名古屋の名所

nagoyacastlethegold.JPG


今日は名古屋市内観光。
午前中は、熱田神宮へ。まず先に、あつた蓬莱軒へ。名前を入れて
から、熱田神宮へ。観光客の他に、お宮参りの家族や結婚式の
参列者などで賑わっていた。30分ほどで蓬莱軒に戻ってみると。
ちょうど名前を呼ばれたところだった。ひつまぶしを堪能した。

hitumabushi.JPG


午後は、名古屋城へ。満腹の状態で天守閣の中を見て回るのは
あまりにもお腹が重過ぎるので。まずは、名城公園へ。

wisteria270408.JPG


今週は満開。どの藤棚からも、藤の花のいい香りが漂ってくる。

wisteria270408-2.JPG


よく見ると。ひとつひとつの花弁は、ランのような形をしている。

wisteriazoom.JPG


続いて、名古屋城へ。今日も金のシャチホコが眩しい。
今日は階段ではなく、エレベーターで天守閣の上へ。楽だった。

天気も気候もいい、観光日和の1日だった。

昨日の夕食は頑張って天ぷらを揚げたり、若竹を作ったりしたが。
今日のメインは、風来坊の手羽先。名古屋名物を堪能してもらった。

posted by zooom at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

安産祈願と胎動

今日は戸塚に住む義母が遊びに来てくれた。

名古屋駅に併設しているJRセントラルタワーズの51階にある
フレンチレストラン、セパージュでランチを楽しんだ。
全ての席から景色が見渡せるようになっている。
始めは雨が降だったが。食事を終える頃には、晴れ間が見えた。

手の込んだ前菜は野菜がたっぷりで、春を感じる味だった。
湯引きした桜鯛と、甘酸っぱいフランボワーズソースも美味しい。
大好きな鴨胸肉のロティは肉が柔らかく、ソースは軽い味。
デザート前に満腹になることなく、楽しめた。
デザートのマンゴープリンは濃厚なマンゴーの味。柚子風味の
ミントのソルベは、さっぱりした口当たりで、口の中がすっきり。
爽やかに食事を締めくくることができた。どの料理も、大満足。
夫が頼んだヴァローナ社のエクストラビターチョコレートムースも
濃厚で美味しい。チョコレート好きには、たまらない味。

食後は、塩釜神社へ。安産祈願をしてもらった。
付き添いの家族も一緒に御祈祷してもらえたので、よかった。
これで夫も、少しはプレパパの自覚が出てくれるだろう。
持参した腹巻も一緒に御祈祷してもらい、安産祈願の判を押して
もらった。これで、ひと安心。


追記:
そして、その日の夜。正確には、27日未明になるのだが。
初めて、胎動を感じだ。ポコポコとお腹の中でガスが移動して
いるのかと思ったら。内側から、トントンとお腹を蹴られた。
興奮して、中々寝付けなかった。
posted by zooom at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』

horsdeprix.jpg

『プライスレス』
Hors de Prix
監督:ピエール・サルヴァドーリ
出演:オドレイ・トトゥ、ガド・エルマレ、ヴァーノン・ドブチェフ
マリー=クリスティーヌ・アダム、

公式サイト:http://priceless-movie.com

****あらすじ****

フランスのリゾート地ビアリッツ。高級ホテルでウェイターを
しているジャン(ガド・エルマレ)は、内気でお人よしな性格。
頼まれごとをすると断れないため、わがままな同僚や宿泊客に
振り回される。

ホテルのバーでは、最後の客が中々帰ろうとしない。同僚は先に
仕事を切り上げてしまったため、ジャンが客の対応をしていた。
接客中は酒を飲んでもいけないし、ソファに腰掛けるのは、ご法度
なのだが。客を無碍に扱うこともできず、強引に座らされたジャン。
コニャックと、客がわざわざ自家用ジェットで取り寄せたという
キューバ産の超高級葉巻を付き合うことに。いつしか、ソファで
眠ってしまった。

そこへ、イレーヌ(オドレイ・トトゥ)がやってきた。年の離れた
恋人のジャック(ヴァーノン・ドブチェ)とヴァカンスを過ごし
誕生日を祝う予定だったのだが。ジャックはミニバーの酒を飲んで
酔い倒れてしまった。独り寂しくバーに下りてきたのだ。
金持ち狙いのイレーヌは、ウエィターのジャンを宿泊客だと勘違い。
ジャンも億万長者を演じ、スイートルームで一夜を過ごす。

翌年の夏。カンヌのホテルで働いていたジャンは、偶然にもホテル
内で、イレーヌを見かけた。ジャックとヴァカンスを楽しんでいた
イレーヌも、ジャンを覚えていた。ジャックから指輪を渡された
イレーヌは念願の玉の輿婚というゴールが見えたのだが。ジャンも
捨て難い。一方のジャンは、ホテル内でレーヌと顔を合わる度に
内心ドキドキ。働いているスタッフだとバレないよう何とか上手く
取り繕うのだが。今度は、あっさりと正体がバレてしまった。
玉の輿狙いのイレーヌには、しがないウェイターのジャンはお呼びで
ない。ところが。運悪く、イレーヌとジャックが密会している事が
ジャックにバレてしまい、婚約指輪も取り上げられてしまった。
傷心のイレーヌは新たなパトロンを見つけるため、ニースへ。

イレーヌのことが忘れられないジャン。イレーヌを追ってニースへ
来てしまった。イレーヌのためにモナコの高級ホテルに部屋を取り
必死で貢ぎ続けるジャンだったが。イレーヌは高級ブランドの服や
靴、バッグなどを次から次へと買い漁る。ジャックの貯金はすぐに
底をついた。イレーヌから帰りの切符を渡されたジャック。

クレジットカードが限度額を超えたため、ホテルの支払いができず
警察に引き渡されそうになったジャン。最高級スイートに宿泊中の
裕福な未亡人マドレーヌ(マリー=クリスティーヌ・アダム)に
助けられた。
イレーヌも新しいパトロンを見つけ、同じホテルに滞在中と知った
ジャンは、マドレーヌのジゴロになることに。これで、イレーヌの
そばにいることができる。図らずとも、イレーヌとは同志のような
関係になってしまったジャン。イレーヌからは、貢がせるコツや
口説き文句を伝授され、ジャンは3万ユーロもする腕時計をもらい
スクーターを自分名義で買ってもらうことに成功した。

お互いの貢物を見せ合ううちに、気の置けない仲になっていった
イレーヌとジャン。ある晩、ホテルを抜け出した二人は誰もいない
入り江でピクニックをし、朝まで過ごした。

イレーヌがパトロンとヴェネチアに発つことになった。
隙をみて、マドレーヌの部屋でキスを交わすイレーヌとジャン。
またしても、見られてしまった。水着姿で取り残されてしまった
イレーヌ。ジャックに助けを求めるが・・・。

***********

ビアリッツ、カンヌ、ニース、モナコ。フランスの超高級リゾート
ホテルを舞台に、ハイジュエリーや高級ブランドのドレスや靴や
バッグが満載。スクリーンの隅々まで豪華。ため息の出るような
作品だ。物語よりも、小物重視によく見たい作品だ。

馬子にも衣装とは、正にこの作品のことだろう。主役のジャン役を
演じたガド・レルマレ。普段着のジャンパー姿と、貢いでもらった
ダークスーツとャガー・ルクルトの時計でビシッと決めた姿では
雲泥の差。まるで別人だ。

この映画を見て、南仏アンティーブ&ジュアン・レ・パンで過ごした
夏を思い出した。皮膚科医がとても多い場所でもある。
浜辺で甲羅干しに勤しむ人たち。老若男女問わず、日焼けした肌を
自慢して歩いていたが。私には、小麦色の肌よりも、肩や胸元の
シミが気になって仕方なかった。20代前半の若さでシミだらけの
肌は、悲しい。

作品の中でも、きれいに日焼けした肌がドレスによく似合っていた
オドレイ・トトゥ。彼女の場合は、ミスティ・タンだろう。
posted by zooom at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

もう寿命

ちょうど3年前に購入したノート型PC。一昨日から、調子が悪い。
液晶画面の白い部分に、青い縦線が何本も入ってしまう。
PCを立ち上げる際、今まで黒かった画面は真っ赤に。何だろう。
ディスプレーの故障だろうか。ただ。デジカメで撮った画像や
元々白い色になっている部分には、青い縦線が入らない。

ヨドバシカメラで購入した際に、5年保証をつけたのだが。
あいにく、名古屋にはヨドバシがない。茅ヶ崎に帰省した際に
持ち込まないと。

dynabook SSシリーズは国産モデルなので故障が少なく、他社の
製品に比べると、かなりのショックによる衝撃にも耐えられるので
丈夫で長持ちすると聞いて買ったのだが。
たった3年で壊れるとは。運が悪かったのだろうか。

以前、年代物の古いMacを使っていた知人が、調子が悪い時に
あちこちを叩いて元に戻していた。私も真似して試してみたが。
数分間は調子が良くなるものの、すぐにまたおかしなことになる。


posted by zooom at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

睡眠中は賑やかな夫

普段から、イビキがうるさい夫。未だに慣れることはない。
何も音を立てずに大人しく寝ていると。ちゃんと息をしているのか
不安になり、脈を確かめてしまうこともある。

飲んで帰った日のイビキは、特に酷い。隣や下の部屋から苦情が
きても、おかしくないほど。一度、大家さんからイビキの騒音が
酷いので引越してくれと立ち退きを迫られた夢を見たことがある。
今のところ、まだ正夢に意はなっていないが。

昨晩は、イビキが途切れたと思ったら。いきなり、歌いだした。
私の知らない歌だったが、丸1曲を歌い切った。きっと、何やら
ご機嫌な夢を見ていたのだろう。カラオケに行った夢でも見ていた
のだろうか。歌い終わってから、またイビキが始まった。

翌朝。当然、本人は何も覚えていない。
posted by zooom at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

湯船で疑似体験

昔からのことなのだが。湯船に浸かると、時々子供染みたことを
したくなってしまう。去年は、シンクロナイズドスイミングの
足の動きを真似てみたり。

小学生の頃に、羽目を外したことがある。箱根の保養所の温泉で
朝早くから泳いだら、湯当たりした。衰弱が激しかったために
その日はどこも観光せず、住んでいた市内の病院に直行した。
点滴を受けて、やっと回復。両親に酷く叱られたのを覚えている。

最近、嵌っていることは。湯船の中で胎児の疑似体験をすること。
お湯に体を浮かせ、プカプカやってみる。きっと、お腹の中では
こんな感じなのだろう。浸かった状態で手足を軽く動かしてみると
お湯が肌に優しく触れて、何とも心地よい。楽しい。
ゆっくり散歩すると、羊水も同じような状態になるのだろうと
想像してみる。

早歩きや激しい動きをした時は、お腹の中で赤ちゃんは船酔いの
ような状態になっているのだろうか。かわいそうだ。これからは
ゆっくりと動くように気をつけようと思った。
posted by zooom at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

洗濯日和

週末に義母が来るのに備えて。今週は、大物を色々と洗う予定。
マンションの物干しは、外から見えないようなところにあるため
洗濯物の乾きが悪い。1日2回転は到底無理なので、効率が悪い。
晴天で初夏を思わせる天気だった今日は、よく乾いた。
ジーンズが1日で乾くのは、この季節には珍しいことだ。

天気予報を見ながら、いつ何を洗うか。現在、検討中。
そろそろ冬物セーターや毛布も洗わなければと思うものの。
ヒノキ花粉の飛散が終わるまでは、洗うことができない。
KSBの毛布は生地がPVCなので、乾燥機を使うと大変なことに。
ダブルサイズの毛布が、乳児用のサイズに縮んでしまうだろう。
縮んでもふわふわならまだしも、カチカチでは使い物にならない。

すがすがしい五月晴れが待ち遠しい。
posted by zooom at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

桜の次は、藤

japanesewisteria.jpg


今週末は晴天で、行楽日和。今日は栄まで買い物に出たついでに
名城公園へ。藤棚を見に来た。まだ八部咲きのものもあったが。
ほとんどが見頃を迎えていた。満開の藤棚からは、甘い芳香が漂い
何ともいえない、いい香り。

桜もきれいだったが。甘い香りの藤もいい。

posted by zooom at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

食後の飲み物に困る毎日

今までは緑茶やミルクティーが大好きで、1日何杯も飲んでいた。
家にいる時は、大きなマグカップが常に手元にあったほどだが。
つわりの時期は、ひと口飲んだだけで、気持ち悪くなっていた。
製茶店から薫ってくる蒸したお茶の香りさえも、苦手に。
妊娠中はカフェインの過剰摂取は早産や流産に繋がるとか。
知ってはいたが、体が受け付けなかったとは。ショックだった。

つわりが治まった今。においは気にならなくなったものの。
緑茶や紅茶やカフェインが多いので、なるべく控えている。
ほうじ茶もカフェインが入っている。麦茶ならと思ったが。
なぜか、麦茶の味が苦手になってしまった。ルイボスティーは
元々好きではない。ということで、食後に飲む物が見つからず
困っている。食後には、何か暖かいお茶が飲みたい。
posted by zooom at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

『コントロール』

control.jpg

『コントロール』
CONTROL
監督:アントン・コービン
出演:サム・ライリー、サマンサ・モートン、ジョー・アンダーソン
アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ジェームズ・アンソニー・ピアソン

公式サイト:http://control-movie.jp

****あらすじ****

1970年代。英国北西部のマックルズフィールド。何の活気もない
灰色の街。デヴィッド・ボウイに憧れる高校生のイアン・カーティス
(サム・ライリー)。ドアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
などのロックに傾倒していた。ロック以外の楽しみは、薬。
友達と老人女性の家を訪ね、お茶飲み話に付き合うふりをし、実はバスルームから副作用のある常備薬を拝借してハイになっていた。

友達の彼女だったデボラ(サマンサ・モートン)と知り合い、19歳で
結婚した。

1976年7月。マンチェスターでのセックス・ピストルズのライブを
きっかけに、ボーカリストとして友達のバンドに加わったイアンは
作詞も担当した。バンド名は、ワルシャワ。デモテープも作った。
イアンは職業安定所での仕事を続けながら、バンド活動を続ける。

1977年にバンド名をジョイ・ディヴィジョンに変更。彼らの音楽に
共感したロブ・グレットン(トビー・ベケル)がマネージャーに。
初のEPアルバムを出し、当時人気だったトニー・ウィルソンの
テレビ番組「グラナダ・リポート」に出演した。ライブでの人気も
出て、バンドは順風満帆と思われていた。

1978年12月。ロンドンでのライブは、観客が1人も入らなかった。
車での帰り道、イアンが発作を起こす。てんかんだった。原因は
分からず、投薬での治療が始まった。高校生の頃は、楽しんでいた
薬の副作用。だるさや眠気のせいで、仕事中も居眠りをするように。
とうとう、解雇されてしまった。デボラとの間に子供が生まれた
ばかりだというのに。

ライブ会場で、ベルギー人のアニーク・オノレ(アレクサンドラ・
マリア・ラーラ)と出会う。惹かれ合う二人は、やがて付き合う
ように。

イアンのふとした言葉から、デボラがイアンの浮気を疑った。
アニークの存在を知ってしまったデボラは、イアンを責め立てる。
本当はデボラも娘も愛しているのに。アニークとは別れることは
できない。

ジョイ・ディヴィジョンの人気は、うなぎ上り。ライブ会場では
満員の観客。初めのうちは喜んでいたイアンだったが。自分の
知らないうちに、環境が変わってしまったことに思い悩んでいた。
周りからの期待が大きすぎる。自分で自分をコントロールできない。
昔は、ただ楽しくバンドで歌っていただけだったのに。ライブで
観客の期待通りに激しく動けば、てんかんの発作を起こしてしまう。
発作は突然やってきて、やがて治まる。自分では制御できない。
自分はどうなってしまうのだろう。不安に駆られるイアン。
薬を飲んで、自殺未遂を図った。幸い、胃の洗浄で助かった。
そんな頃、初の全米ツアーが決まった。バンドはどんどん大きく
なっていく。

デボラに追い出され、あちこちを転々としていたイアンだったが。
話をつけるために、久しぶりに家に戻ってきた。離婚したくない。
だが。デボラはなかなか帰ってこない。夜遅くに帰宅したデボラと
口論になり、デボラを家から追い出したイアン。その直後に激しい
発作に襲われる。

朝、目が覚めたイアン。キッチンの物干しで首吊り自殺した。
1980年5月18日。イアン・カーティス、享年23歳。
全米ツアーに出発する日のことだった。

************

ジョイ・ディヴィジョンはオンタイムで見ることはできなかったが。
残されたメンバーで結成されたニュー・オーダーのファンとしては
アントン・コービンが監督するとなれば、見逃す訳にはいかない。

モノクロームで「静」の瞬間を切り取ったような、無機質な映像が
特徴のアントン・コービンの写真。なぜか、色彩豊かに見える。
どのシーンも一時停止して見たいと思うほど。

イアン・カーティスの自殺のいきさつについて、詳しく知ろうとは
思っていなかったが。妻と愛人との関係、原因不明の病、自分に
かけられた期待と存在の大きさに悩んでいたとは。カリスマのある
天才アーティストでいるより、普通の人間でいたかったのだろう。

帰宅後に、ジョイ・ディヴィジョンのCDを聴こうと思ったら。
実家に置いたままだった。代わりに、ニュー・オーダーを聴いた。
たまたま手にしたのは、Republic。 1曲目の "Regret" は、何か
吹っ切れたような、爽快感のある曲だ。

Heart and Soul


リパブリック


posted by zooom at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

海老で鯛を釣る

昨日は、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日だった。

日本では、5ヶ月目の戌の日にお祓いを済ませた腹帯を巻くと
安産で良いという古い言われがある。この形容詞の係り具合が
微妙だが。お祓いをするのは戌の日でなくてもよいとのこと。
今では、腹部を圧迫するので腹帯を奨励しない産院も多いとか。
私も圧迫感があるものは苦手だ。お腹を冷やさないよう、薄手の
腹巻をすれば十分と思っている。

来週末に義母が名古屋に来た際に、一緒に安産祈願に行こうと
計画している。昨日は出かけなかったが。その代わりに、何となく
少しだけお祝いをしたい気分だったので。昨晩の夕食のメインは
尾頭付きの鯛にしてみた。
塩をした鯛に数ヶ所切れ目を入れ、ショウガや長ネギをはさみ
軽く日本酒を振って、蒸すこと約10分。美味しくできた。

食事中に。夫の鯛の口から、何やら出てきた。虫のような物。
よく見ると、海老か何かの甲殻類だ。この鯛は食事中に網に
かかってしまったらしい。それとも、海老をエサに鯛を釣ったの
だろうか。鯛の口にあったのは、わりと大きな海老だった。
posted by zooom at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

夢を実現させた人

今朝、いつも見ている朝の情報番組を見て、驚いた。
高校時代の友人がテレビに出ている。ひと目で、すぐ分かった。
人目を引く美貌とエレガントで独特な雰囲気を持っていた友人。
今でも、少しも変わらない。

高校時代は、メイクアップアーティストを目指していた友人。
ポーラに入社したのは知っていたが。新体操団体日本代表チーム
(通称フェアリー ジャパン Pola)の美容コーチとして活躍中とは。
既に、去年の夏から選手達のサポートのため、世界中を旅する
忙しい日々を送っているらしい。
生き生きと輝いている友人の姿を見て、自己啓発になった。

北京オリンピックでは、新体操団体チームにも注目したい。

posted by zooom at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

水、色々

飲み水や風呂水などの生活用水には、かなりこだわっている私。
いい水を摂取することが、体にとって大切なことだと考えている。

水道管の元付けに、磁気活性水器を取り付けているのだが。
いつも愛飲している水は、VANA H。代理店をしている母が頻繁に
送ってくれるので、有り難い。

お茶水や料理用の水や、野菜を洗う際には、エナジックの還元水・
強酸性水連続生成器
を使っている。浄水も作れるので便利だ。
野菜や果物を洗った後、暫らく還元水に漬けておくと、農薬らしき
物が溶け出し、水が黄色くなる。無農薬の野菜だと、色が出ない。

最近、暖かくなってきたので。使用する前の捨て水が生温かい。
春になったばかりなのに、夏が近づいてきた気がする。

posted by zooom at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

タマゴの殻がひび割れる前に

mamaandkidscream.JPG


日に日に大きくなる自分のお腹を見る度、つい口ずさむ歌がある。

Humpty Dumpty sat on the wall
Humpty Dumpty had a great fall
All the king's horses and all the king's men
couldn't put Hmupty together again


ちなみに。Humtpy Dumpty とは、擬人化した卵のこと。
塀の上から落ちて殻が割れてしまった Humpyt Dumpty の姿は
誰も元に戻すことができなかったという、マザー・グーズの歌。
「覆水、盆に返らず」に似ている。

そのうち、膨らみすぎたお腹が破裂しないか心配になってみたり。
実際に割れることはないが。妊娠線ができ、ひび割れる人もいる。
妊娠線が一旦できてしまうと、産後に薄くなるものの、もきれいに
治ることはない。Humpty Dumpty のように、元に戻らなかったら
困る。ひび割れたお腹にならないよう、妊娠線予防をしなくては。
ママ&キッズの薬用ナチュラルマーククリームを使い始めた。

マッサージ不要で塗るだけでいいので、とても便利。よくのびる。
しっとりと保湿され、使い心地がいいので、気に入っている。



posted by zooom at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

お花見がてらのドライブ

magome2008spring.JPG


3ヶ月ぶりの釜沼温泉大喜泉へ。今日から16週目で安定期に入った
とはいえ。車での遠出なので、低反発クッションを敷いて用心。

いつもより1時間早く出発して、近所の喫茶店CLUB HOUSE へ。
飲み物を頼むと、パン・サラダ・茹でタマゴ・パスタ・お味噌汁等が
食べ放題。バイキング形式で、柔らかいパンはトースターで焼く。
人気のパスタはあっという間になくなってしまった。朝から満腹。

恵那峡SAのLAWSONに、DEAN&DELUCAのアイスクリームが。
冬期限定のModena Balsamic Vinegar with Fig がまだあった。
さっぱりした味わい。Bretagne Caramel Walnut はキャラメルが
そのままアイスクリームになった感じ。濃厚で美味しかった。

馬籠宿に寄り、散策。古い町並みと桜を何とかカメラに収めようと
頑張ってみたが。濃い色の建物と薄い桃色のソメイヨシノは上手く
撮ることができなかった。目で見て楽しむのが一番。

magome2008spring2.JPG


椛の湖にも寄ってみた。湖畔には八部咲きのソメイヨシノが。
途中の道で、八重の珍しい桜が咲いていた。色がまばらできれい。

colourfull.JPG


昼食は、くるまや国道沿い店より少し先の、しのはらへ。
細めの手打ち蕎麦。鴨せいろと季節の野菜の天ぷらを頼んだ。
鴨がたっぷり入ったおつゆで、付け麺にして食べた。美味しい。
衣が多い天ぷらは油っぽさが全くなく、意外とあっさりしている。
いい油を使っている証拠だ。
蕎麦自体は、くるまや国道沿い店に軍配が上がるが。その他は
かなり美味しかった。自家製の赤カブの漬物もいい味だった。

夫が大喜泉で湯治中、いつものように散策へ。今日は朝から
沢山食べたので、少しでもカロリーを消費しなければ。しかし。
大きくなってきたお腹が重く、坂道を歩くと息が上がる。
無理をしないように、ゆっくりと歩いたら。いつもは20分の
コースが30分もかかってしまった。小川のせせらぎを聞きながら
空気のいい山の中を歩くのは楽しい。リラックスできた。

littlestream.JPG


帰りに、うたた寝をしていたら。いつの間にか、桃介橋の近くに。
ヤマツツジがきれいに咲いていた。

momosuke2008spring.JPG


小雨が降り始めていたので、車で上の方へ向かうと。桜とツツジ。

momosuke2008spring2.JPG


4週連続で、お花見ができた。
帰りの高速は雨。降り始めが遅くて、助かった。
posted by zooom at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

マタニティジーンズ デビュー

ppants.JPG


この1週間で、お腹がポッコリ出てきた。4ヶ月の終わりにしては
かなり大きいような。体重は1.0kg減なのに、ウエストは4.0cm増。
お腹の中で育っているのは、果たして赤ちゃんだけなのだろうか。
いつものジーンズのファスナーが上がらないので、家にいる時は
ファスナー全開で、その上から厚手の腹巻をしてごまかしている。

そろそろ、外出用にマタニティ用のボトムを買わなければ。
名古屋の丸の内にあるマタニティ服エンジェリーベの路面店
Angeに行ってみた。

マタニティ服とは思えないような、すらりとしたシルエットの服が
揃っていた。普段でも着られそうなデザインで、手頃な値段。
トップスやボトムだけでなく、パジャマや下着まで揃っている。
手に取る商品がどれも欲しくなってしまうほど。
人気のP・パンツのブーツカットやレギンス、カットソーなどを購入。

妊婦用のジーンズとは、どのようにできているのだろうと不思議に
思っていたが。お腹の部分はリブニットで、臨月まで履けそう。
前面に飾りファスナーが。サイドにファスナーがあるので、着脱も
楽で簡単。リブニットの部分は、ウエスト部分に伸縮可能なゴムと
ストッパーがついている。よく考えて作られているものだ。
上にトップスを着れば、普通のジーンズとの違いが分からない。
履き心地がよく、とても楽。もっと早く買えばよかった。

2年間有効の会費100円を払えば、会員割引価格で購入できる。
車で来たのでコインパーキングを利用したと申し出たら、300円
値引きしてくれた。帰りは久しぶりに、世界の山ちゃんへ。
手羽先を堪能。どの料理も味付けが濃いので、食後は喉が渇いた。

エンジェリーベの商品はネットでも購入できるが。試着ができる
路面店が近くにあれば、お勧めだ。Angeは名古屋丸の内の他に
原宿、水天宮、たまプラーザ、大阪クリスタルタワーにもある。



posted by zooom at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

『スルース』

sleuth.jpg

『スルース』
SLEUTH
監督:ケネス・ブラナー
出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ

公式サイト:http://www.sleuth.jp

****あらすじ****

ロンドン郊外にある大きな屋敷。随所に仕掛けられた監視カメラが
敷地内に入ってくる1台の車を写していた。
屋敷に住むのは、ベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク
(マイケル・ケイン)。訪ねてきたのは、若くてハンサムな失業中の
役者マイロ・ティンドル(ジュード・ロウ)。

モダンでハイテクな内装デザインはワイクの妻マギーが手がけた。
ティンドルがワイクを訪ねた理由。それは、ワイクと妻マギーの
離婚を認めさせ、財産分与の契約をさせること。ティンドルは
ワイクの妻の浮気相手だった。

浪費癖のある妻に飽き飽きしていたというワイク。離婚の代わりに
ワイクはティンドルに、ある提案をする。たまたま屋敷内の金庫に
保管してある宝石を盗み出すこと。宝石の価値は、100万ポンド。
成功すれば、宝石はティンドルのもの。ワイクの友人に転売すれば
80万ドルが手に入る。ワイクには、宝石の保険金が転がり込む。
共に利益を得られる。だが。屋敷内は監視カメラが張り巡らされ
侵入するのは、容易ではない。話を聞いた時は、ワイクの罠だと
信用しなかったティンドルだが。金に目が眩み、引き受けることに。
裕福な家庭で育ち、贅沢な暮らしに慣れたマギーと共に暮らすには
金が要るのだ。

ワイヤレスマイクでワイクから侵入の手ほどきを受け、実行に移る
ティンドル。ハシゴを使い、屋敷の壁を伝って登るティンドル。
ワイクは椅子に座り、監視カメラの映像を見て楽しんでいる様子。
唯一監視カメラの目が届かない天窓から、屋敷の内部に侵入した
ティンドル。強盗役を演じるはずのティンドルだが。ワイクの意の
ままに動かされる。

隠し金庫のある寝室へ。ワイクはチェストからナイフを取り出し
ティンドルの首筋に突きつける。さらに、銃も。
強盗に銃を向けられた家主が、脅されながら隠し金庫を開けて
宝石を取り出すという設定を、家主のワイフに銃で脅されながら
金庫を開ける強盗役のティンドル。

金庫から取り出したのは、ダイヤモンドとルビーが散りばめられた
ネックレスと、イヤリング。これで、計画は成功したはずだったが。
ワイクは銃口をティンドルに向けたまま。

「泥棒の話は、これでおしまい。私が本気で宝石と妻を君に渡すと
思っていたのか?」

嵌められたと気が付いたのが遅かった。ワイクはティンドルに向け
銃を発砲した。崩れ落ちるティンドル。

数日後。ワイクの屋敷の監視カメラが、敷地内に入ってくる1台の
車を映していた。ワイクの屋敷を訪れたのは、1人の警部。

************

主な登場人物は、マイケル・ケインとジュード・ロウのみ。
広い屋敷の中での、閉塞感漂う作品。まるで、舞台を始めから
終わりまでオペラグラスで見ているかのよう。
オリジナルはアンソニー・シェーファーの戯曲だと知って、納得。

1972年にも『探偵スルール』という邦題で映画化されていた。
演じていたのは、ローレンス・オリヴィエと若きマイケル・ケイン。
人を惹きつける目で、ゾクッとするほど妖艶なジュード・ロウ。
確かに、若い頃のマイケル・ケインによく似ている。
マイケル・ケインの若い頃の方が更にハンサムだった。

あっと驚く展開で、途中で形勢が逆転し、立場が変わってからの
2人の演技がいい。最後はどちらが勝つのか。決着がつくのか。
冷や冷やしつつも、楽しんで見た。
posted by zooom at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

タラコの艶出し

昨日。映画の帰りに、JR名古屋タカシマヤの春の大北海道展へ。

札幌カニ工房の1日100食限定タラバ豪快巻きを買いに出かけたら
既に売り切れ。着くのが30分ほど遅かったようだ。

会場内を1周し、雑魚亭で、海鮮丼の海の饗宴を購入。こちらも
100食限定。並んでいる間に売り切れないかと冷や冷やしたが。
無事に買えた。コロッケはあまりの長い列に、諦めることに。

買い物を終え、あちこち見回しながら歩いていると。
タラコを売っているブースの近くに。お客さんはいない。
「タラコの表面が乾いてる。艶がないぞ」との声が。すると。
販売スタッフが刷毛で何やら液体らしき物をタラコに塗っていた。
あっという間にタラコはツヤツヤに。途端に美味しそうに見えた。
あれは、何なのだろう。帰り道、気になって仕方がなかった。




posted by zooom at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

『ダージリン急行』

thedarjeelinglimited.jpg

『ダージリン急行』
The Darjeeling Limited
監督:ウェス・アンダーソン
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ
ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン
ウォレス・ウォロダースキー、アマラ・カラン

公式サイト:
http://microsites2.foxinternational.com/jp/darjeeling

****あらすじの前に****

本編の前に。プロローグとして、『ホテル・シュヴァリエ』が。
パリのホテルに滞在中の作家ジャック・ホイットマン(ジェイソン・
シュワルツマン)の所に、恋人(ナタリー・ポートマン)が訪れる。
久しぶりの再会。二人の間には、多くの言葉を交わす必要はない。
別の手段でコミュニケーションを取ることができる。

「あなたと、友達としてずっと付き合っていきたい」
「君と友達でいるのは無理だ」

別れては、寄りを戻す。そんなカップル。
このプロローグは、本編中にジャックが草案している小説の完成形。

****あらすじ****

そして、いよいよ本編。
インド北西部を走る、ダージリン急行。既に発車している列車に
駆け込み乗車して何とか無事に乗り込んだのは、ホイットマン家の
次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)。車内には、三男ジャック
(ジェイソン・シュワルツマン)、頭に包帯を巻いた長男フランシス
(オーウェン・ウィルソン)が。父の突然の交通事故死から、1年が
経っていたが。その間、3兄弟は音信不通だった。1年ぶりの再会。
旅の目的は、兄弟の結束を強めること。バイク事故で瀕死の怪我を
負ったフランシスが、絶交状態にあった兄弟と仲直りをしたいと
心の旅をするために、2人を呼び寄せたのだ。

綿密な旅の計画は全て、フランシスが取り仕切っていた。食事を
オーダーする際も、フランシスが独りで兄弟の分も決めてしまう。
まるで父親。実際には、旅行日程は同行しているフランシスの秘書
ブレンダン(ウォレス・ウォロダースキー)に任せているのだが。
フランシスから、影武者のごとく姿を見せないように言われている。

3兄弟は、それぞれ悩みを抱えていた。長男フランシスは自殺未遂
まがいの事故を起こすほどの精神状態に陥っていた。
次男ピーターは価値観の違いから妊娠7ヶ月の妻アリスと離婚を
考えていた。父親のサングラスや髭剃りなどの遺品を勝手に持ち
出し使っているため、フランシスにののしられる。
三男ジャックは別れた恋人に未練たっぷり。未だに、彼女の留守電
メッセージを盗み聴きするのが日課に。最近、家族ネタで小説を
書き上げたばかり。車内スタッフのリタ(アマラ・カラン)に一目
ぼれしてしまう。

道中でも度々衝突する3兄弟。結束を強めるために、フランシスが
兄弟に内緒で計画していたことがあった。行方不明になっていた
母親(アンジェリカ・ヒューストン)に会うこと。父の葬儀にも
参列しなかった母親は、ヒマラヤの修道院で尼僧になっていた。
ところが。母親から、会いに来られなくなったとの連絡が。

そんな折。兄弟喧嘩がエスカレートし、3兄弟は列車から追い
出されてしまった。 

************

バラバラになっていた、家族らしからぬ家族の話。
B級感が漂う、何ともいえない独特の雰囲気を持った作品は
ウェス・アンダーソン監督作の特徴のひとつかもしれない。

プロローグの完成度が高かったせいかもしれないが。
本編を見ている間は、作品の良さがさっぱり理解できなかった。
舞台がインドということが大きく関係しているからだろうか。
旅の途中で、不可解な行動に出る3兄弟。初めのうちは、理由が
分からなかったが。見ているうちに、何となく分かってきた。

後半以降、エンドロールが上がる頃には、ほんわかとした雰囲気が
非常に良かったと実感してしまう。不思議な作品だった。
エンドロールが流れる際のBGMは、なぜか『オー、シャンゼリゼ』

♪晴れの日も、雨の日も。昼間も、夜も 
シャンゼリゼになら、欲しいものは何でもある♪


歌詞の ♪シャンゼリゼ♪ の部分を他の言葉に換えれば。
ようやく結束を強めた3兄弟が、更に旅を続ける心境に合っている。

プロローグの『ホテル・シュヴァリエ』に出演していたナタリー・
ポートマンがコケティッシュで可愛かった。フランス人の役も
できそうな、アメリカ人らしからぬ雰囲気を持っていた。
本編での、電車に乗り遅れたサラリーマン役のビル・マーレーも
いい味を出していた。

最後にまとめの空想として、登場人物が走馬灯のように流れる。
面白い印象を残したままの終わり方が良かった。
posted by zooom at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

妊婦シスターズ 

cherryttree-daffodile-tuilip.JPG


外見は正反対というほど似ていない、私と妹。骨格が違うのに
なぜか声だけは両親や夫も間違えるほど、よく似ている。
趣味のベクトルも似ているようだが。まさか体調も、とは。

実は、妹も妊娠中。予定日は私の約3週間後。お互いの子供は
同級生のいとこ同士になる。予定通りなら、ネズミ年の天秤座だ。
妹夫婦は2人共、天秤座。親子3人が天秤座ということになる。
ふと、超優柔不断だった子供の頃の妹を思い出してしまった。

子供の頃のこと。お小遣いをもらい、近所のお店にアイスを買いに
行くと、いつも決められない妹。宝石箱にするか。キャンディー
キャンディーのアイスにするか。キャンディーキャンディーの
アイスにしたとしても、どのパッケージにしようか。選べない。
ショーケースを開けっ放しにしたまま、10分以上も悩み続ける妹。
最後には、お店の人が出で来る。「決まった?」とプレッシャーが。
それでも、選べない妹。
買ってきたアイスは、カチカチに凍っていることはなかった。
アイスを買うと付いてくる木のおさじでも食べやすかった。

昔は何にでも、いつまでも悩んでいた妹だが。既に子供の名前は
決まっているらしい。苗字とよく合う、かわいい名前だ。

posted by zooom at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

買い物の目的は

mitsukoshisweets.JPG


暫らくの間、化粧品独特の化学合成された香料やアルコールの
においがダメで、百貨店の化粧品コーナーに近寄れなかったが。
とうとう、基礎化粧品が残り少なくなってきてしまった。
久しぶりに化粧品を買い物に出かけた。香料のにおいがきつい
海外ブランドのブースの前を通る時は、つい、息を止めてしまう。

化粧品がなくなる時は、いつも同じタイミング。あれこれ購入。
乳液と化粧水とコットンは、長年愛用しているアルビオンに限る。

三越が伊勢丹と経営統合した記念のコラボレート商品を貰って
帰った。HINT MINTのチョコレートミントと、サクマのドロップ缶。
共に、パッケージが素敵。チョコレートミントは、微妙な味だ。
初めてチョコミント味のアイスを食べた時よりも、違和感がある。
サクマのドロップは懐かしい味。子供の頃は、ハッカが出ると
外れた気がしたのを久しぶりに思い出した。
posted by zooom at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

お花見ピクニック

togokusan1.JPG


今日は、久しぶりに早起きをした。1時間かけ、お花見弁当を作り
名古屋市守山区にある、東谷山フルーツパークへ。
お天気もいいので、絶好のお花見日和になりそうだ。

満開の桜がきれいだった。ヤエベニシダレという濃いピンク色の
枝垂れ桜が1000本。ソメイヨシノよりも派手で、空の色に映える。
色が濃いので、写真写りもいい。気に入った。

togokusan5.JPG


togokusan6.JPG


足元の花壇には、チューリップやパンジーも。色鮮やか。

togokusan3.JPG


見晴らしの良い木陰を探し、うろうろ。12時を過ぎていたので
いい場所は先客がいる。今日はお天気もいいので、人出が多い。

枝垂れ桜の木陰の芝生の斜面に陣取った。時折、ソメイヨシノの
花弁が風に吹かれて舞っていた。ビニールシートや足元は薄紅色。
作るのに時間がかかったお弁当。食べるのは、あっという間だ。

世界の熱帯果樹温室では、南国フルーツの木々を鑑賞できる。

togokusan2.JPG


マンゴーの花が咲いていた。突然、頭上から熟したマンゴーの実が
落ちてきたら嬉しかったのだが。実はまだ青く、小さかった。
出口のすぐそばにフルーツパーラーがあればと思ったが。ない。
気分は、マンゴーパフェだったのだが。ああ、残念。温室の近くの
くだもの館へ。カットフルーツと、絞りたてのグレープフルーツ
ジュースで、ひと休み。模擬店の牧場アイスも美味しかった。

帰りに、城山公園にも寄ってみた。こちらはソメイヨシノのみ。
ヤエベニシダレに目が慣れてしまったので、ひまひとつ。

shiroyamapark.JPG




posted by zooom at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

菜の花が咲いた

fieldmustarad.JPG


瀬戸に住む叔母の親戚が、知多半島に住んでいる。
畑で野菜を作っているので、時々お裾分けをいただくことも。

先日、菜の花をもらった。スーパーで売っているものに比べて
とても新鮮。葉が青々としている。つぼみの部分も美味しそう。

沢山いただいたので、最後の1束暫らく冷蔵庫に入れておいたら。
まだ硬いつぼみだった菜の花が、咲いていた。
サッと茹でて、干し桜海老と一緒にワサビ醤油で和えてみた。
美味しかった。
posted by zooom at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

今日は通院の日

午前中に、産婦人科へ。今日は4回目の健診日。
2週間前に受けた血液検査の結果が出ていた。気にしていた通り
やはり、鉄欠乏性貧血。週1回はレバーを食べるようにとのこと。
レバー料理のレシピをもらって帰った。

午後は、歯科へ。欠けてしまった虫歯の治療。
インターネット検索して探した歯科。患者との信頼関係を大切にし
きちんと説明をし、こちらの意見もよく聞いてくれる先生だった。
レントゲンは撮らずに、仮の詰め物で様子を見ることになった。
来週、仮詰めを空けた際の状況次第で、神経を抜くことになるかも
しれないとのこと。あまり見えにくい、上の奥の歯とはいえ。
黒くなるのは避けたい。虫歯が神経まで達していませんように。

前から気がかりだった、時々響いて痛い歯。これは、虫歯では
ないとのこと。頻繁に異常な力を入れすぎているか、上下とも銀を
詰めていることが原因らしい。噛み合わせる部分が両方とも銀だと
強くかんだ時に、歯に負担がかかるらしい。そう言われてみれば。
思い当たる節が。時々、ギューッと歯を強く噛む癖がある。
銀を詰めた歯は隙間から虫歯になったり、痛みがあったり。
それに比べ、金を詰めている歯は調子がいい。やはり、詰め物は
銀よりも柔らかい金の方が断然いいらしい。

むしろ、深刻だったのは。歯周病。治療済みの奥歯の手前2本ずつ
計8本も。血液検査で白血球の数値が高いのが気になっていたが。
歯周病のせいかもしれない。

これからは、歯科通いの日々が続きそうだ。
posted by zooom at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

靴探し

小柄な私に対して。夫の身長は、180cm。身長差約30cm。
並んで立つと、どうなるか。夫の視界に、私はない。

普段は、安定感のあるしっかりしたヒール付きの靴やブーツを履き
少しでも背丈を誤魔化そうとしているが。妊婦となった今では
ヒール付きの靴やウェッジソールを履くと、転びそうで危ない。
という訳で。普段は絶対に履かない、ヒールのない靴を探している。
確か、去年も別の理由で靴探しに一苦労したような気が・・・。

最近流行の、バレエシューズ。デザインも様々あるが、私には
どうしても抵抗がある。履きたくない。試しに履いてみたのだが。
足の指が長いために、指の付け根が見えてしまうのが嫌なのだ。
いっそ、本物のバレエシューズの底にゴムの裏打ちをした方が
デザインも履き心地も良いのではと思ってみたりするのだが。

子供の頃にバレエを習っていた身としては、バレエシューズは
スタジオでのお稽古用の靴。室内履きならまだしも。
なぜ外で履くのか、理解に苦しむ。足の健康のことを考えると
靴底が薄いバレエシューズは、足の裏に負担がかかるだろうに。

マタニティー用にも着られるチュニックを2着買ってみたものの。
合わせる靴がない。ヒールの低い洒落た靴はどこにあるのだろう。

今年も靴探しに苦労しそうな予感。

posted by zooom at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

歯が欠けた

実は、かなり前から気になっていた虫歯。
今思えば、銀座の曽根川美容室でイオンマッサージを受けた際に
骨に響いていた時点から、調子が悪かったのを知っていたのに。
早く直せばいいものを。ついつい、後回しにしていたのが悪かった。

今日。硬いものを噛んだ時に、ガリッと変な音がした。
歯が欠けてしまった。

前回の健診の際に、歯科治療を受けていいかと尋ねたところ
先生に渋い顔をされた。安定期まで待った方がいいという。
けれども。欠けてしまったので、しょうがない。早く直さねば。

差し歯になりませんように。
posted by zooom at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

葦のチーズパイ

ashicheesepie.JPG


つわり初期の、塩辛いものが異常に美味しく感じた時期も過ぎ
味覚もやっと戻ってきた。一時期は、買い物の度にお菓子売り場の
ポテトチップスが置いてある棚と煎餅類の棚の前で、買おうか
買うまいか、10分以上も悩みに悩んでいたものだ。
結局いつも、パッケージに表示されている原材料を見て、買うのを
諦めることになるのだが。

普段、間食の習慣がないのだが。それでも、時々食べたくなる
お菓子がある。茅ヶ崎の実家近くに店舗がある、のチーズパイ。

サクッとした歯ごたえのいいチーズパイに粉砂糖がまぶしてある。
粉砂糖を軽くはたいて食べると、塩分と当分のバランスがいい。
つわりの時期は、主食代わりに食べていた。
食欲が戻った今。食べる時は、1度に3本までと決めている。
そうしないと、止まらない。
posted by zooom at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。