2008年03月31日

果物大好き

妊娠初期は、つわりのせいで食べられる物があまりなかったが。
ミニトマトと果物だけは、美味しく食べることができた。
一時期、冷蔵庫の中は果物とミニトマトで占められていた。

イチゴは元々あまり好んで食べることはなかったのだが。
なぜか、とても美味しく感じた。その後は、キウイとリンゴ。

今でも夜になると、時々ムカムカするのだが。そんな時には
柑橘系の果物を食べると、スッキリする。皮を剥いている時の
爽やかな香りを嗅ぐだけで、胃のムカつきが少し落ち着く。
初期の頃はデコポン。イヨカン、ハッサク、清美オレンジと続き
今はルビーグレープフルーツが美味しい。

季節を問わず、食べたい果物を食べられるのは有り難いが。
やはり、旬の物は格別。今から、桃が出回る季節が待ち遠しい。

posted by zooom at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

お花見

yamazakiriver2008.JPG


天気予報では午後から雨が降る予定だったが。お花見に出かけた。
名古屋市瑞穂区の住宅地にある山崎川沿いの堤防2.8kmの区間に
600本の桜が植えられている。日本さくら名所100選にも選ばれて
いるらしい。ソメイヨシノが満開で、ちょうど見頃。
桜を見ながら、そぞろ歩きをする人の多いこと。

yamazakiriver2008g.JPG


上流の方へと歩いていくと。土手には、緑が。

yamazakiriver2008e.JPG


あいにくの曇天。青い空と桜のコントラストが撮れず、残念。
晴れていれば、もっときれいだったことだろう。

yamazakiriver2008d.JPG


夜には、ライトアップされるとのこと。

posted by zooom at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

真っ暗な夜桜

今日の夕食は久しぶりに、お手頃な外食。こうもりの丘へ。
サラダ、チーズフォンデュ、ハンバーグ、パスタ、デザート
バゲット、飲み物、デザートのセット。食後は満腹。
2人分で、5,000円でお釣りがきた。

食後に、近くの平和公園へ。もう桜が満開になっている頃だ。
ところが。行ってみると、真っ暗。ライトアップされているかと
思いきや。外灯以外はついていない。夜店も既に店じまい。
まだ、21時だというのに。名古屋の夜は早い。

夜桜を楽しんでいるグループもあったが。真っ暗では、賑やかに
宴会という雰囲気ではなかった。傍から見ると、何だか怖い。

足元の雪柳が真っ白できれいだった。
今度は昼間にお花見に来ることにしよう。

posted by zooom at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

myblueberrynights.jpg

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
My Blueberry Nights
監督:ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、デヴィッド・ストラザーン
レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン

公式サイト:http://www.blueberry-movie.com/main.html

****あらすじ****

NYの、とあるカフェ。エリザベス(ノラ・ジョーンズ)の元恋人の
行きつけのカフェ。元恋人にアパートの鍵を返そうと、オーナーの
ジェレミー(ジュード・ロウ)に託す。エリザベスから、なぜ恋が
上手くいかないのかと理由を聞かれたジェレミー。毎晩、丸ごと
売れ残ってしまうブルーベリー・パイと同じだと答えた。パイは
悪くない。ただ、お客からデザートに選ばれなかっただけのこと。
ブルーベリー・パイを捨てようとするジェレミー。エリザベスは
一切れ食べたいと。甘酸っぱくて、美味しい。

元恋人への未練でカフェを訪れていたエリザベスだったが。
その晩も、次の夜も、その次の夜も。エリザベスの元恋人は
現れない。でも、ジェレミーのブルーベリー・パイを食べると
少しだけ癒される。いつしか、閉店後のカフェでブルーベリー
パイを食べるのがエリザベスの日課になっていた。ジェレミーも
エリザベスのために、ブルーベリー・パイを取っておいた。

別れた恋人のことを忘れるため、宛のない旅に出たエリザベス。
旅の途中から、その日の出来事や些細なことを葉書にしたため
ジェレミーに送った。ジェレミーになら、何でも気軽に話せる。

失恋から、57日目。エリザベスはメンフィスにいた。車を買うため
昼間はダイナーのウェイトレス、夜はバーで働いた。毎晩バーに
来るお客で警官のアーニー(デヴィッド・ストラザーン)は、旅に
出る前のエリザベスに似ていた。アーニーには元妻スー・リン
(レイチェル・ワイズ)がいたが。男を作って逃げられた。
それでもまだ、妻への想いを断ち切れないアーニー。毎晩バーで
飲んだくれ、アルコール中毒になっていた。
ある晩、バーでスー・リンの恋人とひと悶着を起こしたアーニー。
次の日に自動車事故を起こし、亡くなった。事故現場はアーニーが
スー・リンと初めて出会った場所。事故ではなく、自殺だった。

失恋から、251日。ポーカーで生業を立てるレスリー(ナタリー・
ポートマン)とラスベガスへやってきたエリザベス。旅の途中に
カジノで働いていた時に、レスリーに出資したエリザベス。勝てば
出資金2,200ドルと、儲けの30パーセントを受け取る契約だった。
レスリーが負ければ、彼女の愛車ジャガーをもらえる。

ジャガーを手にしたエリザベス。レスリーを乗せ、ラスベガスへと
向かった。ラスベガスには、レスリーの父がいる。でも、頼らない。
まだ幼いレスリーにポーカーを教えた父。父を愛しているものの
なぜか反発してしまうレスリー。途中、レスリーの父が危篤だと
いう連絡を受けるが。レスリーは信じない。病院に着いてみると。
時、既に遅し。

レスリーは、車をエリザベスにあげられないという。なぜなら
父からもらった車だったから。そんな。人を信じたエリザベスが
いけなかったのか。ところが。ポーカーに負けたはずのレスリー。
実は、大勝していた。念願の自分の車を買ったエリザベス。
次に向かうのは・・・。

エリザベスが旅を続ける間、ジェレミーはエリザベスを探していた。
葉書の住所がある街の店に片っ端から電話をかけ、問い合わせた。
しかし。エリザベスは見つからない。
電話ではなく、葉書を出すことにしたジェレミー。出す葉書は全部
宛先不明で戻ってくる。エリザベスはどうしているのだろう。
想いを馳せるジェレミー。

そして。旅を終えたエリザベスがジェレミーのカフェに戻ってきた。

************

ゆったりとした、雰囲気のいい映画。ロード・ムービーのような
恋愛映画のような。旅の途中で出会った人と自分とを重ね合わせ
自己を振り返り、成長していく。何となく、アジアっぽい作品。

おそらく、アメリカ人からすれば、まどろっこしいと思うだろう。
普通のアメリカ映画なら、彼女からの便りを楽しみに待ちはしない。
車でアメリカ横断し、追いかけることだろう。時間をかけて待つ
ことをロマンティックだと捉えることができるアメリカ人男性は
少ないかもしれないが。そこがいいのだ。

時折、ピントのぼやけたNYのネオンが、香港の街を彷彿させる。

エリザベスを演じたノラ・ジョーンズ。今回が映画初出演。
セリフは少ないが、中々良かった。横顔がレイチェル・ワイズに
どことなく似ている。デヴィッド・ストラザーン演じるアーニーが
エリザベスを贔屓にするのが分かる。

スー・リン役のレイチェル・ワイズ。いつもは気品があり芯の強い
女性を演じているが。今回は、ガラリと違う役どころ。スレた役も
上手いが。はやり、上品な雰囲気がどこかに漂ってしまう。

レスリー役のナタリー・ポートマン。相変わらず、美しい。
ふとした瞬間に見せる、刺すような視線は健在。

ジェレミー役のジュード・ロウ。相変わらず、笑顔が素敵。
おそらく、設定はアイルランド人だろうか。いつもとの発音とは
少し違っていた。
posted by zooom at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

迷惑な観客

今日は映画を見に出かけた。名古屋では木曜日が女性割引の日。
作品のせいもあるが。さすがに、観客のほとんどが女性だった。

予告編が終わり、本編が始まろうとしているのに。私の右隣2席は
空いていた。場内は、ほぼ満席の状態。私の席は後方の右端近く
なので、遅れて来たとしても、気にならないはず。ところが。

大きな紙袋を持った女性二人組みが慌てて入場してきたのが
目の端に入った。きっと、私の隣の席の人だろう。すると。
何を思ったのか。左端から入ろうとしている。
「すみませ〜んっ!」といいながら、客席の前を通り過ぎる二人。
もう、本編は始まっているというのに。ジュード・ロウの顔が
大きなお尻で隠されて見えないではないか!

こういう人は、たいてい食べ物を持ち込んでいたりする。
劇場内で買ったものであれば、パッケージを開ける音がしないが。
サンドイッチの包みはガサガサと音がうるさい。周りに気を使い
少しずつ包みを開け、ゆっくり食べるのが更によろしくない。
大きな音の出るシーンで一気にパクッと食べて切って欲しいもの。
結局、何十分も右横でガサガサ音を立てていた。思わず、肘掛に
頬杖をつき、右手で耳を塞いでみる。少し雑音が和らいだが。
ジュード・ロウの声が左耳からしか入ってこない。

そんなわけで、楽しく鑑賞できなかったのだが。
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』は、それなりに面白かった。
あらすじ等については、また明日。



posted by zooom at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

スギの次は

既に最盛期を過ぎたと言われるスギ花粉の飛散。それなのに。
未だに鼻がグズグズしている。これは、スギ花粉なのだろうか。
それとも。今年もヒノキ花粉に反応しているのだろうか。

最近、春を心から楽しむことができないのが残念だ。
posted by zooom at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

タンポポ

dandelion.JPG


最近は道端に咲く雑草を見ることがなくなったと思っていたら。
マンション前の街路樹の植え込みに、タンポポが咲いていた。

土筆はどこで見ることができるだろう。
posted by zooom at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

映画でしりとり 『クレーヴの奥方』

『トラフィック』に続き、83回目は、

『クレーヴの奥方』
La Lettre
監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
出演:キアラ・マストロヤンニ、アントワーヌ・シャピー
フランソワーズ・ファビアン、ペドロ・アブルニョーザ

****あらすじ****

上流階級の娘カトリーヌ(キアラ・マストロヤンニ)は、母の
シャルトル夫人(フランソワーズ・ファビアン)と共に、宝石を
選んでいた。カトリーヌのあまりの美しさに、医師のクレーヴ伯
(アントワーヌ・シャピー)が一目ぼれ。やがて、カトリーヌは
クレーヴ伯と結婚した。

新婚旅行から戻り、パリに新居を構えたクレーヴ伯とカトリーヌ。
グルベンキャン財団主催の夜会に夫婦で出席した。ゲストはロック
歌手ペドロ・アブルニョーザ(ペドロ・アブルニョーザ)。
サングラス姿で歌うペドロに特別な感情を抱いたカトリーヌ。
真剣な眼差しで見つめるのだが。夫を裏切ることはできない。
それは、許されない恋。

カトリーヌが好意を寄せていることに気付いたペドロ。ペドロも
美しいカトリーヌに惹かれるのだが。カトリーヌのガードは固い。

しかし。ついに、夫に想いを打ち明けてしまった。悲しみのあまり
夫は病死してしまう。未亡人となったカトリーヌ。クレーヴ伯の
夫人でいる必要はなくなったのだが・・・。

************

キアラ・マストロヤンニが主演ということで、見てみたかった作品。
目元は父親のマルチェロ・マストロヤンニにも似ているし、母親の
カトリーヌ・ドゥヌーヴにも似ている。

登場人物は、誰もが無表情。その代わり、合間にタイトルを入れ
感情表現などを代弁している。変わった手法の、淡々とした作品だ。

ロック歌手のペドロ・アブルニョーザはスキンヘッドにサングラス。
個人的には、なぜ惹かれたのかが分からず、共感できなかった。

それでも。キアラ・マストロヤンニの美しい顔が見られただけで
十分と思えた。

クレーヴの奥方


次回は、「た」から。
posted by zooom at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

復活祭

今日は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日ということで
イースター。今年のイースターの訪れは例年よりも早い。

キリストの誕生を祝うのに。日本では、キリスト復活は祝わない。
なぜだろう。輪廻転生を信じる仏教文化の国だからだろうか。
イースター・エッグや、卵形のチョコレートが流行ってもいい。

posted by zooom at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

今期初ジョニー

フィギュアスケートが日本でも人気スポーツになったものの。
やはり、日本人選手にのみ、注目される傾向が。
まだ今年はジョニー・ウィアーの演技をテレビで見ていない。

フィギュアスケート世界選手権。今日のフリー演技は今期初めて
ジョニー・ウィアーを民放で見ることができる。表彰台の
中央に立ち、にっこり微笑むジョニーを見たい。

posted by zooom at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

血液検査

今日は血液検査の日。
貧血が気になったので。毎昼食食後にプルーンを食べるように
心がけていた。

実家にいた頃は、顕微鏡で赤血球の色や形を定期的にチェックし
血糖値なども見ていたのだが。春から夏にかけては、貧血気味で
赤血球の色が薄くなっていたことも。
小学生の頃は、夏場の朝礼中に倒れることも、しばしば。

採血の時に、色を見てみると。血の色が濃い。大丈夫そうだ。
かなりの量を採るのだろうと思ったので。念のため、鉄分入りの
ビスケットやビターチョコレートを鞄に忍ばせておいた。
採血後にフラフラすることはなかったが。お腹が空いた。
待合室で、もぐもぐ。

今日は採血だけで、健診はないのだが。通院のついでということで
超音波検査が無料サービス。背骨や心臓が見えた。指もあった。

本日の血液検査費用は公費分を除いても、12,000円。高い。
少子化対策に本気取り組もうとで考えるならば。是非、妊婦健診も
健康保険を適用して欲しい。地方自治体は今年4月から診無料券が
14回出る都内の20区を見習うべきだ。



posted by zooom at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

今年は軽症だと思っていたら

例年になく、今年は症状が思いの外軽いと思っていた花粉症。
つわりが落ち着いた途端に、酷くなってきた。
昨日と今日は、雨にもかかわらず。くしゃみ、鼻水、鼻づまり。

「腹圧がかかるとお腹の赤ちゃんに悪いので、くしゃみせずに
我慢するように」と産科の先生から言われているが。無理。
どうやったら、くしゃみを逃すことができるのだろうか。
なるべく腹部に力を入れず、くしゃみをするしかないのだが。
それでも。時々、下腹部にピキッと痛みが走ることがある。
その度にお腹をさすり、「ごめんね」と言ってみる。

以前、ギックリ腰になった際、くしゃみが出る直前に腰が止めた。
おそらく、くしゃみの反動に腰が耐えられなかったからだろう。

どうぜなら。スギ花粉が飛ぶのは年に1度だけならいいのにと思う
今日この頃。


posted by zooom at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

映画と、感動

今に始まったことではないが。映画の宣伝に付き物の、あの言葉。

「涙なしには語れない、感動の超大作!!」
「世界中に感動の嵐を巻き起こした名作」
「今世紀最大の感動をあなたに!」

映画広告業界から、「感動」という言葉を使用禁止にしたら。
きっと、キャッチコピーのほとんどが使えなくなるだろう。

私は、感動するために映画を見るのではない。
いい作品だった。面白かった。考えさせられた。共感できた。
見終わった後の感じ方や受け止め方は、人それぞれ。
必ずしも、感動する必要はない。映画を楽しめれば、それでいい。



posted by zooom at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

『潜水服は蝶の夢を見る』

lescaphandreetlepapillon.jpg

『潜水服は蝶の夢を見る』
Le Scaphandre et le Papillon
監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ
マリ=ジョゼ・クローズ、アン・コンシニュイ、パトリック・シェネ

公式サイト:http://www.chou-no-yume.com

****あらすじ****

ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は42歳。
雑誌ELLEの編集長。妻(エマニュエル・セニエ)と3人の子供が
いる。パリには若い愛人も。

ある日。郊外に住む息子と車で観劇に出かける途中、悲劇が襲う。
脳梗塞を起こしたジャン=ドミニク。意識を取り戻したのは
それから3ヶ月後。パリから遠く離れた北フランスの海沿いの街
ベルグの海軍病院だった。ジャン=ドミニクが子供の頃、父とよく
避暑に訪れていた場所。実は、あまり良い思い出がなかった。

目を開けると、そこは病室。目は見えるし、声も聞こえる。ただ。
体が動かない。何の感覚もない。でも。意識はしっかりしている。
医師の問いかけに返事をしたつもりなのに、自分の声が医師には
聞こえていないらしい。どうしてしまったんだ。

医師(パトリック・シェネ)がジャン=ドミニクに下した診断は
ロックト・イン・シンドローム(閉じ込め症候群)。重い潜水服を
着せられ、海底でもがきあがいているのと同じような状態。

妻との仲は破綻していたが。可愛い子供もいて、仕事も恋も順調。
人生を謳歌している時に起きた悲劇。ジャン=ドミニクは自分が
陥ってしまった状況を受け入れることができなかった。

言語療法士アンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)から、唯一
動く左目の瞬きでコミュニケーションを取る方法を会得する。
言いたいことはと訊かれても。何を言えばいいか分からない。
つい、「死にたい」という言葉が出てしまった。

理学療法士マリーからは、唇や舌を動かす訓練を受けるが。
体は思うように動いてくれない。

『モンテクリスト伯爵』の現代版を執筆する予定で出版社と契約を
していたジャン=ドミニク。自伝を書くことを決意した。
彼の左目の瞬きを代筆するため、パリから、編集者のクロード
(アン・コンシニュイ)がやって来た。

「私はもう、自分を憐れむのをやめた」
そこから始まった、ジャン=ドミニクが左目だけで綴る文章。
過去の記憶と、蝶のような自由な発想と想像力。過去の日々や
家族、友人、恋人への想いを寄せる言葉は、知的で、詩のように
美しい。

************

冒頭のシーンのカメラワーク。観客がジャン=ドミニクになる。
ベッドに横たわるジャン=ドミニクを眺めるのではなく、主観的な
立場で見るからこそ、ロックト・イン・シンドロームを体感できる。
それから先の共感の度合いが違ってくる。
『トレイン・スポッティング』での、絨毯にうもれ、眠りに落ちていく
レントンよりもっと、主観的になれる。

実話に基づく話。20万回もの瞬きだけで綴った文章。できれば
フランス語版の原語で原作を読んでみたい。

E S A R I N …と文字をひとつひとつ読み上げる声に、左目だけで
合図を出す。合図を拾い、文字にする。気の遠くなるような作業。
携帯電話で英語メールを書くのと要領が似ていると思ったが。
それ以上に面倒なことだ。想いを表現する側も、受け取る側も。
相当な忍耐力が必要だ。

BGMがどれも、とてもよかった。音楽で盛り上げてお涙頂戴を
誘う作品が多いが。この作品は、音が洒落ていた。
久しぶりに、映像・台詞・音楽の三拍子が揃った作品だ。

公式サイトのページを開くと、おすぎのコメントが。これは余分。
posted by zooom at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

もう日傘

いつも不思議に思っていたこと。夏の暑さが厳しい名古屋なのに。
名古屋の女性は、なぜか色白な人が多い。今日、そのなぞが
解けた気がした。

日中に外出すると。黒い日傘を差している女性がいた。

3月に降り注ぐの紫外線の量は、9月のそれに相当する。
シミやシワを作りたくなければ、そろそろ紫外線対策が必要だ。
もう日傘とは。随分と気が早い思ったが。お肌の美白のためには
早過ぎるということは、ない。

サングラスとマスク姿の人の中には、意外と日焼け対策のために
そんな格好をしている人もいるのかもしれない。
posted by zooom at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

不思議なことに

今日から、妊娠4ヶ月目に入った。

いつものこの時期なら1kg程度増えている体重が。つわりのせいで
2kg減。夏バテで痩せた時より、軽い。これ以上減ると、まずい。
それなのに。バストは1サイズ大きくなっているし、下腹部は
ふっくらしてきたような。ウエストは以前と変わらず。
どこが痩せたのだろう。

ジャストサイズのジーンズが緩くなったと感じるのは、生地が
伸びたせいではなく、足が細くなったからか。ということは。
運動をしていないので、筋肉が減ってしまったのかもしれない。

安定期に入ったら。ウォーキングと、マタニティヨガを始めたい。
今は花粉症が酷くなっては困るので。あと1ヶ月は、我慢。

posted by zooom at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ピザを焼いてみた

週末の夕食は、ご飯以外の主食が多くなった。

今日のメニューは、タコとキュウリとトマトとパプリカのマリネと
野菜たっぷりのトマトソースパスタと、ピザマルゲリータ。

ピザは久しぶりに生地作りから挑戦してみた。ただ、麺棒がない。
手で伸ばすのに、ひと苦労。手だけで均等に伸ばすのは難しい。

1枚目は伸ばしが足りず。厚い生地のピザになってしまった。
パンの店で売っているピザの味。ピザというよりも、パンに近い。

2枚目は上手く伸ばすことができた。今度は端がカリカリなピザ。

電子レンジオーブンで焼くのは、ガスオーブンで焼くのとは違う。
火力が足りないのを補うためには、ピザストーンが必要だ。
麺棒も買わなければ。
posted by zooom at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

サツマイモのケーキ

sweetpotatocake.JPG


つわりのせいで、普段食べている玄米入りご飯を食べることが
できないので。食物繊維の多いサツマイモを買ってみたものの。
蒸かして食べると、胸ヤケがする。

何とか食べやすい方法はないかと考え、ツマイモのケーキを
作ってみた。ヨーグルトを入れ、油分は一切使用しない。
砂糖の代わりに、手作りリンゴジャムと干しブドウを加えてみた。
小麦粉を少なめにし、しっとり焼き上がった。

食事用のケーキなので、甘さ控えめ。
朝食時に味見をした夫に訊いてみると。「甘くないよ」と。
お菓子だと思って食べたら、ちょっと違う味だったらしい。

実際に食べてみると。ケーキというよりも、スフレのような
食感の軽い芋羊羹のような。私には、甘さはちょうどいい。
意外と沢山食べられる。これで、腸内の渋滞解消ができるだろう。
posted by zooom at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

まずは、ひと安心

里帰り出産を希望していた、実家近くの総合病院に分娩予約を
断られ、慌てて茅ヶ崎市内の他の産院に問い合わせたところ。

意外にも。8月までの分娩は満床で、おそらく9月も無理だろうと
半ば諦めていた個人院での分娩予約を取り付けることができた。
ただし、通常の健康な妊婦・胎児であることが必須条件。
身長制限もあり、小柄な私はギリギリセーフ。
出産難民になるのを逃れることができて、ひと安心。

健診の後は、えぼしでランチをしたり、こなひき洞でパンを
買ったり。帰り道も、楽しみが増えそうだ。

鉄砲通りを東西に走るバス路線があればなぁ・・・。

posted by zooom at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

パンダ写真展

今朝の新聞の折り込み広告を見て、思わず切抜きをしてしまった。
明日から3月18日まで、松坂屋本店で写真家 岩合光昭氏の写真展
「パンダ」が開催される。

昨年8月に渋谷の東急百貨店本店で開催された、「パンダの季節」と
同じような内容の写真展と思われる。あの可愛さを、もう一度。

松坂屋本店のサイトから、入場料100円割引券を入手できる。

posted by zooom at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

困った・・・

大きなお腹で、名古屋の暑い夏を無事に過ごす自身がないので。
茅ヶ崎での里帰り出産を考えているのだが。実家から通いやすく
評判の良い産院に分娩予約の電話を入れたところ。
里帰り出産は受け入れていないと、断られた。そんな・・・。

今までは、年間500人以上もの赤ちゃんを取り上げていた病院。
2008年4月からは、初産は1ヶ月10人に限定するとのこと。

産科不足で有名な神奈川県。横浜・川崎付近だけかと思ったら。
茅ヶ崎まで、そんなことになっていたとは。のんびりし過ぎたか。
出産難民を避けるべく、茅ヶ崎・藤沢の産院を検索中。
いい産院が見つかりますように。分娩予約できますように。





posted by zooom at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

夫の独り言

つわりが少しは楽になってきたが。今でも、午前中はムカムカして
気持ちが悪い。起きることができないので、朝は床に入ったまま。
夫が色々と自分で出来る人で良かった。

ただ、ひとつ。最近になって気になることが。それは、夫が独りで
居間にいる時の独り言。突然、意味不明な言葉を大声で口走る。
初めて聞いた時には驚いて、「この人の頭、大丈夫だろうか・・・」と
不安に思ってしまったほど。
独身の一人暮らしが長かったので、独りでいる時に声を出すように
努めていた癖が抜けないからだと夫は言うが。気味が悪い。

変な癖は早く直して欲しいものだ。
posted by zooom at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

ダロワイヨのマカロン

macaron.JPG


マカロンを食べたことがないと言う夫。ちょうど、三越栄店に
ダロワイヨの臨時ブースができていたので、味見用に買ってみた。
よく売れているショコラ、フランボワーズ、ヴァニーユを選んだ。
バニラではなくヴァニーユと表記しているあたりが、ダロワイヨ。

私はマカロンが大好きというほどではないのだが。
ダロワイヨのマカロンは気に入った。特に、フランボワーズと
ショコラが美味しかった。生地も中のクリームもバランスがいい。
最初は不思議な顔をして食べていた夫。気に入った様子だった。

posted by zooom at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

味覚の変化

食事の締めは必ず、ご飯だけで食べているほど、お米好きな私。
よく噛むと、甘くて美味しい。おにぎりは塩など、まぶさない。
最後の晩餐は、美味しい水で米をといで炊いた美味しいご飯が
いいと思うほどなのだが。

つわりのせいで、現在、ご飯が苦手。ご飯が炊き上がるにおいも
受け付けられず、炊飯ジャーの蓋を開けることができない。
といっても。トイレに駆け込むほど酷いつわりはないのだが。
この1ヶ月で食べたお米は、わずか数回。酢飯やチャーハンなら
普通に食べることができた。

代わりに主食にしているのは、うどんやパン。
ミニトマトやイチゴ、キウイ、オレンジなどの果物は、いつでも
食べられる。葉産を多く含むので、妊婦の体にもいい。
塩辛い物や、香辛料の味が美味しく感じるようになってしまった。
今まで自分では買ったことがなかったポテトチップスも、1人で
1袋食べ切ってしまうほど。一応気を使って薄塩味を買ったら何か
物足りず、イタリアンドレッシングをディップして食べたのには
自分でも驚いた。

このまま味覚が戻らないと、塩分の摂り過ぎで困ったことになる。


posted by zooom at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

確定申告と北海道物産展

今日も大切な用事があったので、外出した。

まずは、確定申告。税金の支払いも、還付ないのだが。
支払いをせずに済ませるために、申告をする必要があるのだ。
金曜の午後の税務署は混雑していた。相談待ちの長い列。
1時間以上かかると覚悟していたが。パソコンでの申告をする人が
少なく、意外と早く順番が回ってきた。申告書を提出するまで
30分もかからなかった。

思いの外、早く用事が済んだので。もう1つの大切な用事へ。
栄の百貨店での、北海道物産展巡り。
三越栄店では人気の商品は売り切れが相次ぎ、三方六が買えず。
いつも買っている店で鮭のハラスと、いくらの醤油漬けを買い
バター飴をもらい、松坂屋本店へ。

ショコラノヲルで念願のチョコレートソフトクリームを食べた。
初めて食べた時の方が美味しく感じたのは、味覚が変わったせい
だろうか。ホワイトチョコレートのソフトクリームの方が人気が
あったようで、8割以上の人が食べていた。

じゃがいもHOUSEのタラバガニのクリームコロッケを買うのに
随分と並んだ。税務署にいた時間よりも長かった。
プルマン ベーカリーの暖爵カレーパンも買おうと思ったが。
さらに長い列。揚げ物はコロッケを買ったので、諦めることに。
以前から気になっていた冷凍ハスカップと、三方六を買い、満足。
本日の大切な用事、終了。

posted by zooom at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

母子健康手帳を取得

handbookformamanddad.JPG


1ヶ月ぶりに地下鉄に乗り、保健所へ。母子手帳などの書類一式を
受け取り、保健所の職員から説明を聞いてきた。

今まで気が付かなかったが。
ドアが閉まる際に、地下鉄車内の電光掲示板に英語の表示が。
Mind the opening doors (=開くドアにご注意下さい)
少し懐かしいような気がした。

ロンドンの地下鉄駅構内で、頻繁に耳にするアナウンス。
初めのうちは、アナウンス独特のこもった声は聞き取りにくく
Mind the door だと理解できたのは、2度目の旅行時だった。
Mind the gap は、ホームの足元に書かれてある注意書きを見て
やっと分かった次第。線路と車両の間がかなり開いているので
踏み外したら大変なのだ。

当分の間は、旅行はお預け。次に Mind 〜 が聞けるのは、おそらく
ロンドン五輪の後になるだろう。
posted by zooom at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

妊婦に

anotice.JPG


1月末から続いていた、胃もたれと胸焼けのようなムカつき。
頭をよぎったのは。ある意味両極端な、ふたつのこと。

まさか、もう、更年期障害? 
最近は30代でも症状が出る人もいるというし。困ったなぁ。

ひょっとすると、もしかして、妊娠? 
検査薬を買ってみたものの。調べるには、まだ早かった。

そして、1週間後。妊娠検査薬で調べると、陽性反応が出た。
早速、近くの産婦人科へ。妊娠6週目だった。
先生からは、8週目までは自宅で安静にしているようにとのこと。
お腹に力が入るので、散歩や布団の上げ下ろしや、買い物は禁止。
振動が伝わると良くないので、念入りに掃除機をかけるのもダメ。
なるべく横になって寝ているようにと言われた。
自転車で来たと言ったら、怒られた。自転車を引いて帰った。

ぐうたら生活のお墨付きをもらい、のんびりと過ごす。
そして、9週目に入った2度目の健診で。まだ心拍が確認できない。
大きさも標準より小さいような。発育が遅れているような。
先生は不安になるようなことは言わないが。聞くのも怖い。
引き続き、10週目まで安静にとのこと。

そして、今日。不安な気持ちを抱えての、3度目の健診。
超音波検査で心音を聞くことができた。手足を動かす姿も見えた。
自分の体の中で、新しい命が育っていた。感動。

先生からは、12週目までは胎盤が形成される大切な時期なので
日中は用事がなければ、できるだけ横になっていなさいとのこと。
またしても、ぐうらた生活の勧め。1ヶ月ほど外出をしていない。
いい加減、退屈してきた。けれど、あと2週間の我慢。

明日は母子手帳をもらいに、久しぶりに出かけよう。


posted by zooom at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

アクティブな母

namayatsuhashi.JPG


昨日、仕事で京都へ出かけた母。
宿泊先の京都 八瀬離宮が豪華で大満足だったらしく、どこも
観光せずに京都を後にし、名古屋に寄ってくれた。

お土産に頼んだのは、餡の入っていない生八橋と、千枚漬け。
シナモンが効いた生八橋は久しぶり。柔らかい。
SIZUYAのバゲットやクルミパンも買ってきてくれた。
バゲットは特に皮の部分が美味しかった。旨いパンは、皮が違う。

家で一緒に昼食を済ませた後、自転車を貸して欲しいという母。
一社近くに済む知り合いと、商用のアポイントを取っていた。
普段は23インチの自転車に乗っている母だが。家にあるのは
夫が買った、27インチの自転車。小柄な母の足が地面に着かない。
フラフラしながら、自転車をこいで出かけていった。
帰りの新幹線は名古屋発20時58分。十分に話ができることだろう。
posted by zooom at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

今日から栄で北海道展

今年も、栄の百貨店で北海道展の時期がやってきた。
去年初めて買って好評だった、柳月の三方六
一昨日まで、星が丘三越の北海道展にも出店していたのだが。
行く機会を逃してしまい、栄で買えばいいと思っていた。
今朝、チラシを見て気が付いた。値上がりしている。

星が丘三越での北海道展では、1本525円だった三方六。
栄での北海道展では、580円に値上がりしている。
どうやら、3月から値上げしたらしい。1割以上の値上げとは。
それでも、まだ安いと思う。

私は、1年ぶりのショコラノヲルHoriのサマナチョコレート
ソフトクリームを楽しみにしている。前回は最終日にもう1度と
思ったら、売り切れで残念な思いをした。
今回は、三越栄店ではソフトクリームの販売がないのが残念。
1日遅れで5日から開催される、松坂屋本店へ向かおう。
posted by zooom at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

抜け毛が減った

お風呂上りに髪を乾かした後は、床を見てショックをうける。
黒くて長い髪の毛は、1本の存在感が大きい。それが、何本も。
塵も積もれば、山となる。抜け毛も増えれば・・・。
細くて張りのない猫っ毛なので、髪の毛は1本でも残しておきたい。

最近、髪の乾かし方を変えてみた。タオルドライをせずに
ドライヤーで乾かしてから、軽くとかしてみると。
抜け毛は、わずか1〜2本に。もっと早くから、そうしておけば
よかったが。今からでも、遅くはない。

posted by zooom at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

やはり、今年も

まだまだ寒い日が続く名古屋。
今年は花粉症にかからずに済みそうだと喜んでいたのも束の間。
3月に入った途端、鼻水が。軟口蓋がムズムズする。

くしゃみを連発するほど酷くなっていないのは幸いだが。
今年は軽い症状で済んで欲しいものだ。
それにしても。暖かくなる前に花粉症の症状が出てしまうのは
何となく、納得がいかない。
posted by zooom at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。