2008年02月29日

リラックマ仕様の携帯電話

relaxmafaceup.jpg


auのezケイタイアレンジで、リラックマのデザインが3月末まで
無料で使用できる。

今使っている携帯電話の色がモカなので、色合いも合って、とても
いい感じだ。電波を示すアイコンがパンケーキなのが、可愛い。

特に気に入っているのは、アラーム。いつもなら、鳴った直後に
消してしまうが。リラックマのアラームだと、つい画面を見入って
しまう。朝の迎え方が違い、少し気分が良くなる。
ただ。眠たいのは変わらない。リラックマと同じく、あと5分…。



posted by zooom at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

はちみつレモン

最近、緑茶や紅茶を美味しく感じなくなってしまった。
黒豆茶も、韃靼蕎麦茶も、ほうじ茶も美味しくない。
暖かい物が飲みたい時は、ホットレモンを飲むことにした。
レモンプレスを使うと、片手で簡単にレモンを絞ることができる。
レモンの皮の油分で手が汚れることもないので、便利だ。
製氷皿に直接絞って入れ、凍らせておくと重宝する。
キューブ1つがグラス1杯分で、量もちょうどいい。


posted by zooom at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

水曜日はノー残業デイ

普段は帰宅時間が遅い夫。ただし、水曜日は残業せずに早めに
仕事を切り上げるので、帰りが早い。つい、忘れてしまいがち。

今日も、いつもの調子でゆっくりしていたら。もう夫が帰ってきて
しまった。いつもは会社を出る時に必ず、これから帰るメールを
くれるのだが。今日に限って、メールなし。タイミング悪いことに
まだ夕食の準備を何もしていなかった。焦った。
posted by zooom at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

凍った温泉

そろそろ、釜沼温泉大喜泉の温泉水がなくなってきた。
雪道を車で走るのも心配なので、宅配を頼もうと問い合わせると。

例年にない寒さで、温泉の源泉が凍り付いているとのこと。
元々、水温の低い温泉。ボーリングをしていないので、気温が
上がり、温泉の氷が溶けるのを待つしかない。
ちなみに、昨日の最低気温はマイナス17度だったらしい。

温泉水が届くのは、3月以降になりそうだ。
posted by zooom at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

映画でしりとり 『トラフィック』

『偶然の恋人』に続き、82回目は、

『トラフィック』
Traffic
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
ドン・チードル、ベニチオ・デル・トロ、ルイス・ガスマン
デニス・クエイド

****あらすじ****


アメリカとの国境で、メキシコ最北端の都市ティファナ。麻薬供給
ルートの中継点とされる街。麻薬捜査官として国境警備にあたる
ロドリゲス(ベニチオ・デル・トロ)とサンチェス(ヤコブ・バーガス)。
二人は犯罪取締官サラサール将軍(トーマス・ミリアン)に召喚され
麻薬カルテルの一味である暗殺者フロレス(クリフトン・コリンズ・
ジュニア)を捕まえるよう頼まれる。ロドリゲスがフロレスを捉え
連行すると。将軍はフロレスを拷問にあわせ、強力な麻薬組織
オブレゴン・カルテルの居場所を吐かせることに成功した。
ロドリゲスは麻薬カルテル一味の壊滅のため、サラサール将軍に
協力するのだが・・・。

アメリカの首都ワシントンD.C.。麻薬取締連邦最高責任者に任命
された大統領補佐官のロバート・ウェークフィールド(マイケル・
ダグラス)。皮肉にも、有名私立高校に通う一人娘のキャロライン
(エリカ・クリステンセン)が同級生仲間と麻薬に溺れているのを
知らない。両親が気付いたときには、すっかり麻薬中毒に。
国を挙げての麻薬撲滅運動の先頭に立ちながら、愛娘が麻薬から
抜け出せない。ジレンマを抱え、悩んだ結果・・・。

アメリカ、カリフォルニア州のサンディエゴ。麻薬密輸ルート。
オブレゴン・カルテルを訴訟に持ち込むため、捜査を続けている
麻薬取締り局のおとり捜査官ゴードン(ドン・チードル)と仲間の
カストロル(ルイス・ガスマン)。ところが。あと一歩のところで・・・。

カリフォルニア州南部の麻薬密輸の仲介を一手に担っていたのは
ルイス・アヤラ(スティーヴン・バウアー)。表向きには、実業家。
専業主婦の妻ヘレーナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は夫の
本当の職業を知らず、有閑マダム友達と優雅な日々を送っていた。
ある日、夫が逮捕された。事実を知ったヘレーナ。夫を救うため
麻薬密輸ルートに手を染めざるを得なくなった。妊娠中の身重の
体で単身、メキシコに乗り込む。

************

一見、何の関係もなさそうで、最初のうちはオムニバスのような
印象を感じたが。徐々に麻薬密輸に関わる人物を同時進行させ
次第に、それぞれの繋がりが分かってくる。巧妙な描き方だ。
麻薬問題という深刻で悲惨で難しい内容を、難しくなく描いている。
オリジナルは、英国のテレビドラマシリーズ。よくぞ1本の映画に
纏めたものだ。ソダーバーグ監督、お見事としか言いようがない。

それぞれの舞台によって、色調が変わる。状況の違いが分かり易く
各シーンの色使いも、よく合っている。メキシコの黄色がかった
色合いは、乾いた埃っぽい空気をうまく醸し出していた。

メキシコ州警察官役のベニチオ・デル・トロや、麻薬に溺れていく
高校生役のエリカ・クリステンセン、たくましい妊婦を演じた
キャサリン・ゼタ=ジョーンズなど、俳優の演技がいい。

第73回アカデミー賞で監督賞を受賞した、ソダーバーグ監督。
受賞スピーチがとても印象的で、改めて素晴らしい監督だと思った。

1度見ただけで満足するが。是非、もう1度見たくなってしまう。

トラフィック


次回は、「く」から。
posted by zooom at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

PCの減量作戦

最近、PCの動きがめっきり遅くなった。
Cドライブをチェックすると。空き領域が少なくなっていた。

デジカメで摂り溜めた写真のせいだろう。
容量2GBのUSBフラッシュメモリに写し、PCには必要な写真だけ
残すことに。ところが。2GBでは足りなかった。
要らない写真を削除し、何とか2GB以内に収めることができた。

スリムアップし、軽くなったPC。動きが早くなり、作業も楽々。
もっと早く写真の整理をすればよかった。


posted by zooom at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

春一番

今日の名古屋の天気は、曇りのち雨のち晴れのち雪のち曇り。
日中の強風は春一番のようだと思っていたら。やはり、春一番。
2月に春一番が吹くとは。随分と早いものだ。
posted by zooom at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

ふるさと小包

いつも愛用している、SWIPE の洗濯用洗剤を母に頼んだら。
大きなダンボール箱が届いた。宅配便の配達員は荷物を運ぶのに
息を切らしてマンションの階段を上ったことだろう。
中には、野菜や果物等が色々と沢山詰まっていた。なんと、白菜の
お漬物も。普段、漬物類は買わないのだが。久しぶりに食べたら
美味しかった。ついつい、食べ過ぎてしまった。

全て冷蔵庫に入れるのは、まるでパズル。5分かかって、ようやく
収納することができた。これで1週間は買い物せずに済むが。
あまりにも詰め込みすぎた野菜室は冷えていないかもしれない。

posted by zooom at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ぬか喜び

今年は花粉症フリーで快適だと喜んでいたら。
今日の天気予報を見て、ガッカリ。名古屋でのスギ花粉飛散は
まだ確認されていないとのこと。

これからだったのか。やはり、春は憂鬱な季節になりそうだ。
posted by zooom at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

珍しいことに

毎年、2月10前後には花粉症に悩まされ始める。
今年はスギ花粉の飛散量が例年の3倍と聞き、恐れていていたが。
今のところ、くしゃみも鼻水も出ずに、至って快調。
ティッシュペーパーの消費も少なく、今年はラッキー。

最低気温が零度以外の日も多い、今年の名古屋の冬。
寒いのは苦手だが。花粉症に悩まされるよりは、まだマシだ。
とは言え。暖かい春が待ち遠しい。
posted by zooom at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

映画でしりとり 『偶然の恋人』

『フォー・ウェディング』に続き、81回目は、

『偶然の恋人』
Bounce
監督:ドン・ルース
出演:ベン・アフレック、グイネス・パルトロー、トニー・ゴールドウィン

****あらすじ****

クリスマス間近のある日。LAの広告代理店に勤めるバディ(ベン・
アフレック)が出張先のシカゴから帰る際、大雪に見舞われた。
フライトの欠航や遅延が相次ぎ、空港で足止めを食らってしまう。
時間潰しに、バーで飲んでいると。LA在住の脚本家のグレッグ
(トニー・ゴールドウィン)と知り合い、意気投合した。

やがて、バディの便が出発することになるが。バディは家族の元へ
急ぎたいトニーに、自分の航空券を譲った。しかし。不運なことに
その便は墜落事故を起こし、グレッグは死亡してしまう。

墜落事故から数ヶ月。自分の代わりに墜落事故の犠牲者になった
グレッグのことを考える日々。仕事にも力が入らない。罪悪感に
苛まれたバディは酒に溺れ、アルコール中毒症になってしまう。

一方。突然の事故で夫を失った妻アビー(グイネス・パルトロー)。
悲しみに暮れる日々を過ごしていた。夫が予定通りの飛行機に
乗っていれば。チケットを譲ってもらわなければ。
墜落事故に巻き込まれることはなかったのに。悔やむ毎日。

リハビリ施設に入り、健康を取り戻したバディ。気がかりになって
いたグレッグの残された家族の様子を見に行くことにした。
悲しみを乗り越え、2人の子供を抱え、たくましく生きる未亡人
アビーに惹かれたバディ。正体を隠して、アビーに近づいた。

次第に親密な関係になっていくバディとアビー。ただ、バディの
心の中は、いつも罪悪感でいっぱいだった。自分の正体をアビーに
告げなければ。ただ、本当のことを知ったら、アビーが自分から
離れてしまわないか。切り出せないバディ。
いよいよアビーに真実を告げようとするバディだが・・・。

************

なぜ、こんな邦題がついたのだろう。
当時、交際中だったグイネス・パルトローとベン・アフレックの
共演作品だったので、見に行ってみたが。
なんとなく、薄っぺらい内容の作品だった。

見所は、バディが借りた海辺の家と、グイネスのファッション。

偶然の恋人 2枚組スペシャルエディション


次回は、「と」から。
posted by zooom at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

フランス映画祭2008

今年も、フランス映画祭の季節がやってきた。
会場を都内に移してから急に興味が薄らいでしまったせいか
チェックするのも忘れていたら。もう、チケットは発売されている。

今年からフランス映画祭は見に行かずに、パスすることにした。
最近の出品作は、日本公開が決まっているものが多い。
フランス映画祭の会場で見ても、公開後に映画館で見ても。
さほど変わらなくなってしまったのが、大きな要因。

今は、ショートショート フィルムフェスティバルの方が気になる。
ユニフランスよりも、別所哲也の方が映画に対する思い入れや
愛情が断然、深い。
posted by zooom at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

誰も乗らなくなった車

普段は乗る人がいなくなってしまった、実家に置いたままの車。
父が時々エンジンをかけているものの、運転はできない。

購入した代理店から、社用車に使いたいので車を売って欲しいとの
連絡が以前から何度もあったとのこと。小さな傷が多少あるものの
走行距離が少なく、新車と然程変わりがないのを知っているのだ。
私は実家に帰った時にしか使わないし、妹も運転する機会がない。

そして、とうとう。先日、車を売ってしまった。
両親は何となく、せいせいした様子。これでエンジンをかける際に
うるさい音を立てて、ご近所に迷惑になることもない。

道路が狭く、平坦な道が多い茅ヶ崎。寒い日や雨の日以外なら
車よりも自転車の方が便利だ。
posted by zooom at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

結露

名古屋の冬は寒い。
暖房をつけると、部屋が乾燥するので。エアコンを使う時には必ず
加湿器も作動させている。

今夜は夜から雪が降るとの天気予報を見て。カーテンを開けて
外の様子を確かめようとしたら。窓ガラスに結露ができていた。
水滴をタオルで拭いたら、びしょびしょに濡れてしまった。
びっくり。
posted by zooom at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

架空請求

郵便受けに入っていた、1通の葉書。
赤字で大きく、民事訴訟最終通告書 と書かれている。
最終通告も何も、今までに通告書など受け取った覚えはない。

文章に目を通してみると。主語と述語の繋がりが、なってない。
普段は使い慣れない言葉を使い、頑張って書いた可笑しな文章。
差出人は、法務局認定法人 民事訴訟通達管理事務局 とある。

見に覚えのない督促状や通告書は、架空請求か詐欺だ。
受け取っても、動揺は禁物。冷静になれば、すぐ分かる。
決して、葉書に書かれた連絡先に電話してはいけない。

それにしても。どこで私の住所を入手したのだろう。気持ち悪い。


posted by zooom at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

チョコレートケーキ

chocolatechiffoncakeaftermakingup.JPG


夫へのバレンタインプレゼント用に作ったチョコレートケーキ。
シフォンケーキのレシピで、シフォン型に入れずに焼いた。
逆さにして冷やすことができなかったため、あっという間に
しぼんでしまったが。ギュッと詰まった感じの、しっとりした
チョコレートケーキができた。
ビタクラフトの片手鍋は、これからケーキ作りにも重宝しそうだ。
レシピは、こちら:

チョコレートシフォンケーキ(15cmのシフォン型1台分)

<材料>
卵黄:3個分
砂糖:20g
牛乳:35cc
洋酒:小さじ1(甘めのコニャック、ラム酒等がお勧め)
サラダ油:15cc
薄力粉:50g
卵白:3個分
砂糖:35g
ココア:15g
お湯:小さじ1
チョコレート:60g(Michel Cluizelカカオ85%アメール使用)

<作り方>
1.卵黄と砂糖をボールに入れ、白っぽくなるまで泡立てる
 (色の目安は、マヨネーズ)
2.牛乳、洋酒を加え、サラダ油を少しずつ入れながら手早く混ぜる
3.ふるった薄力粉をさっくりと合わせる
4.卵白を角が立つまで泡立て、砂糖を2〜3回に分けて加え
  さらに泡立てて続け、しっかりしたメレンゲを作る
5. メレンゲを3回に分けて加え、切るように混ぜ合わせる
6. お湯に溶かしたココアを加え、手早く混ぜる
7.チョコレートを湯煎し、手早く混ぜる
8.シフォンケーキ型に流し、15cmくらいの高さから型を2〜3回
  落とし、気泡を揃える
9.160度に予熱しておいたオーブンで30分焼く
焼きがあったら瓶などを利用し、逆さまにして冷やす
7分立ての生クリームを添えて食べると美味しい

今回は、チョコレートケーキのデコレーションとしてケーキを
横半分に切り、中には生クリームとイチゴのスライスを重ね
表面には溶かしたココアを加えた生クリームで飾り、上から
ココアパウダーをふりかけてみた。

chocolatechiffoncakebefore.JPG


何となく、何か足りない感じがしたので。イチゴを飾ってみた。
ココアをかけ過ぎたか。イチゴが埋もれている。食べる時に
むせないように注意しないと。

今回は、Michel Cluizelのカカオ分85%アメールのタブレット
使用した。甘さ控えめのほろ苦いチョコレートケーキができた。

ただ。こんな日に限って、夫の帰りは遅い。

posted by zooom at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

出遅れた

近所の三越で開催中の、バレンタインフェア。
パッケージも素敵な Charbonelle et Walker のチョコレート。
シャンパントリュフを是非と思って行ってみたら。
とうの昔に売り切れていた。他の商品も、完売が目立つ。
・・・困った。

父には GODIVAの産地が違うキャレ オリジン・アソートと
chez KOBEの生チョコを送った。chez KOBE は神戸の店かと
思ったら、名古屋にあるフランス洋菓子店だった。
フレンチレストランもあるらしい。

さて。夫用は、どうするか。この分なら、栄や名古屋駅周辺の
百貨店に行っても、お目当てのチョコレートは残ってないだろう。
久しぶりに、手作りチョコレートケーキを作ることにした。
失敗した時のために、夫が好きな FERRERO も買っておいた。
ただいま、焼き上がり待ち。シフォンケーキのレシピで、型は
ビタクラフトのウルトラ片手鍋1.2Lを使用。取っ手が外れるので
ケーキ型になるだろうと思いついた。上手く焼けるだろうか。
成功すれば、備忘録用に、レシピを残しておこうと思う。






posted by zooom at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

歯磨きと、すすぎ

昔から、テレビや映画を見ていて気になっていたこと。
欧米人は男女問わず、歯磨きをした後に、口をすすがない。
まだ口に歯磨き粉がついているのに、タオルで拭うだけで平気とは。
唾液の量が多いのだろうか。すすぐ文化がないとはいえ、不思議。
口の中に残る清涼感を長く楽しみたいからなのだろうか。
歯磨き直後に紅茶やコーヒーを飲んだら、どんな味がするのだろう。

今朝。何となく、まねしてみようと思ったが。私には無理だった。


posted by zooom at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

そろそろ

毎年、2月10日前後に必ずやって来る花粉症。

今のところ、まだ鼻のムズムズ感は無いものの。そろそろ注意を
しないといけない時期になった。

今年こそは、ネトルのサプリなしで乗り切りたいものだ。
posted by zooom at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

チーズケーキ三昧

sweetoforegonpackage.JPG


昨日。まだ雪が酷くなる前に。夫が、スィート・オブ・オレゴンの
ショップへ、ブリーズボックスセットを取りに行ってくれた。
好きな味を選べるのかと思っていたが、中身は決まっていた。
プレーン、ベイクド、ダークチェリー、ケインズベリーの4種類。

1番人気のプレーンが美味しい。レモン果汁が効いていた。
ベイクドは、ややあっさり。ダークチェリーは微妙な味。
2日で4種類を食べ切ってしまうのはカロリーオーバーなので
ケインズベリーのチーズケーキは、明日に持ち越し。
posted by zooom at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

名古屋でも大雪

snow200802.JPG


朝から降り続いていた雪。夕方には止んだが。かなり積もった。
夜のニュースによると、名古屋での積雪は13cmとのこと。

マンション前の駐車場では、車はすっぽりと雪に覆われている。
寒い中、大きな雪だるまを作っている人が。真っ白な雪だるま。
子供の頃は、雪が降ると必ず雪だるまを作ったものだ。
庭の芝生に積もった雪でないと、白い雪だるまは作れなかった。
今日の積雪では、大きな白い雪だるまが作れそうだ。
posted by zooom at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

映画でしりとり 『フォー・ウェディング』

『イン・ザ・スープ』に続き、80回目は、

『フォー・ウェディング』
Four Weddings and a Funeral
監督:マイク・ニューウェル
出演:ヒュー・グラント、アンディ・マクダウェル、サイモン・カーロウ
ジェームズ・フリート、クリスティン・スコット=トーマス
ジョン・ハナー、アンナ・チャンセラー、ローワン・アトキンソン

****あらすじ****

チャールズ(ヒュー・グラント)は32歳の独身男性。ハンサムで
リッチで、女性にもモテるが。いざ、結婚となると、常に逃げ腰。
隣にいる女性が本当に生涯を共にする相手か。確信が持てない。

ある日、友人アンガスとローラの結婚式に招かれたチャールズは
披露宴で、アメリカ人女性キャリー(アンディ・マクドウェル)と
出会う。才色兼美でチャーミングで、率直な物言いのキャリーに
ひと目で恋に落ちる。友人トム(ジェームズ・フリート)の豪邸に
泊まるのを断り、キャリーの宿へ向かったチャールズ。幸運にも
キャリーとベッドを共にしたものの。翌朝、彼女はアメリカに帰国。

友人バーナードとリディアの結婚式に招待されたチャールズ。
キャリーと再会した。喜びも束の間、彼女から婚約者を紹介される。
お相手は、かなり年の離れたスコットランド人の大富豪。
愕然とするチャールズに、更なる追い討ちが。披露宴の席次を見て
青ざめる。過去に付き合った女性が、同じテーブルに勢ぞろい。
過去の悪事が暴かれ、針のむしろ。居心地が悪い。

トムの妹フィオナから、秘めていた想いを告白されたチャールズ。
今まで気付かなかったことに後ろめたさを感じるが。こればかりは
どうしようもない。ごめん、フィオナ。
独りで落ち着こうと逃げ込んだ部屋に、新婚の二人が入ってきた。
いちゃつくのを目にする破目に。何とか逃げ切ると、結婚を迫られ
別れたばかりの元恋人ヘンリエッタ(アンナ・チャンセラー)に泣き
つかれる始末。もう、最悪。早く逃げ出したい。

キャリーの誘いで披露パーティーを抜け出したチャールズは、再び
彼女と夜を共にする。相性はいいのに、タイミングが合わない二人。

しばらく後。ロンドンで偶然、キャリーに再会したチャールズ。
キャリーの彼女のウェディングドレス選びに付き合わされる。
お互いの恋愛観を語り、別れ際に初めて彼女に愛を告白するが。
時、既に遅し。ああ、何でもっと早く言わなかったのだろう。

スコットランドで行われたキャリーの結婚式の当日。年長の友人
ガレス(サイモン・カーロウ)がダンスの後に突如倒れ、そのまま
帰らぬ人となった。

葬式の席で、同性愛の恋人マシュー(ジョン・ハンナ)の弔辞が響く。マシューの愛の告白ともいえる弔辞を聞き、思い悩むチャールズ。
結婚とは何だろう。愛する人であれば、異性でなくても人生を共に
幸せに過ごす人がいれば。幸せの形とは、人それぞれ違うのでは。
結婚生活だけが幸せの形とは限らないのではないか。
思わず友人トムに、「一緒に住もうか」と誘ってみるが。まだ人生を
諦めきれないトムは、困惑する。

とうとう、チャールズの結婚式の日がやって来た。
お相手は、ヘンリエッタ。ところが。式の当日5分前にキャリーが
現れた。離婚したのだという。自分の結婚式が目前に迫っていると
いうのに、激しく心が惑わされるチャールズ。ああ、どうしよう。
このままでは、結婚の誓いに、「イエス」と言えない。
土壇場で往生際の悪い様子を見せるチャールズ。
いよいよ、結婚式が始まってしまった。すると・・・。

************

とても英国的なコメディ。何度見ても、飽きることなく楽しめる。
原題を直訳すると、『4つの結婚式と、1つのお葬式』。
恋愛モノとして捉えてしまうようなポスターや邦題が残念だ。

リチャード・カーティスの脚本には、必ず欠かせない特徴がある。
結婚式、葬式、山場となる告白のシーン。そして、surreal という
普段は耳慣れない言葉。

主役のチャールズを演じたヒュー・グラント。もはや演技ではなく
地のままを演じていたように思える。優柔不断なモテ男。
アヒル顔こと、ヘンリエッタ。なぜ、こんな男を選んでしまうか。

チャールズを取り巻く友人のキャラクターと、エピソードが面白い。
それぞれの結婚式で素敵な出会いがあり、幸せな結末を迎えるのを
見るのは、喜ばしい。Mr.ビーンこと、ローワン・アトキンソンの
新米神父が執り行う迷える結婚式も笑える。

この映画では、結婚式以上に、お葬式が重要な意味を持つ。
ガレスの葬儀の際の、マシューが弔辞として選んだ詩。一語一語が
胸にしみ、心に残る。雨の中、亡き人を送る姿にジーンとくる。

ちなみに。結婚式に登場するのは、英国の中産階級のエキストラ。
派手な帽子や服装などファッションの他、パーティーの場での
立ち居振る舞いが参考になる。

フォー・ウェディング


次回は、「ぐ」または、「く」から。
posted by zooom at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

ケーキもコストダウン

昨日のこと。水曜日で帰宅時間が早かった夫に頼み、ケーキを
買ってきてもらった。GIOTTO のマンゴータルト。

以前は、アップルマンゴーを使用していたのだが。いつの間にか
ペリカンマンゴーに代わっていた。しかも。マンゴーが少ない。
山盛り状態に盛られていたはず。よく見てみると。中央部分は
マンゴーではなく、パイナップル。同じ色なので、騙された気分。
パイナップルも食べたい気分だったので、私としては嬉しいが。
明らかなコストダウン。タルトの外側も、以前はフレーク状の
ダークチョコレートだった。今では、チョコレートクッキー。

企業も値上げをしないように試行錯誤をしているのだろう。
確実に、味が下がった。値上げをするか、コストダウンするか。
悩むところだろうが。美味しいものは、美味しく食べたい。
posted by zooom at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

お得なオンラインショッピング

サティーが Michel Cluizel と提携し、パレのデギュスタシオンが
楽しめる、ル・ニュアンシェ。昨年秋から、値上げに次ぐ値上げで
今では、パレ1枚がボンボンショコラ1粒と同じような価格に。
かなり割高。もはや、気軽に買えるものではなくなってしまった。

ところが。嬉しいことを発見した。サティー社公式サイト上の
オンラインショッピングでは、販売当初からの価格税込み630円で
買うことができる。これは粋な計らいなのか。または、サイトの
管理ができていないのか。どちらにしろ、消費者には嬉しい。

送料無料を狙って買おうと思っても。サティーの生チョコ類は
生クリームが多すぎて、私には少々くどい。Cote de France の
ボンボンショコラの方が好きだ。だが。輸入したチョコレートを
さらに宅配で届けるとなると、タイムラグは何日になるのだろう。

ボンボンショコラを本当に美味しく食べるには、賞味期限は3日。
以前、ジャン・ポール・エヴァンの 1502 を1日1粒ずつ食べて
試してみたことがある。製造後1週間も経てば、チョコレートの
風味が薄れてしまうのだ。

posted by zooom at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

Michel Cluizelの板チョコで地理の勉強

michelcluizelbarandbag.JPG


松坂屋のバレンタインフェアで、Michel Cluizelの板チョコ発見。
今まではサロン・ド・ショコラにも出店されていなかったのだが。
提携商品を出しているサティー社のお陰だろうか。

今までの私なら、ダークチョコレートの板チョコを全種類買って
いたはずだが。夫と一緒だった。交渉して、2種類を買うことに。

悩みに悩んで、ヴェネズエラ産のカカオ66%含有 Conception と
サオ・トメ島産のカカオ67%含有 Vila Gracinda を買った。
板チョコ1枚が、1260円。板チョコ用の立派な紙袋は必要ない。
その分、少しでも価格を抑えて欲しいものだ。

確か、パリのボン・マルシェで同価格で売っていたヴァローナの
Grand Couva は、日本では700円だった。ユーロ高の影響が出る
昨今、いくらに値上がりしているのだろうか。

サオ・トメ島とは。気になって、調べてみると。
中央アフリカに位置し、ギニア湾西の大西洋に浮かぶ小さな島国。
サントメ島とプリンシペ島から成り、周囲の島も含まれる。
正式名称は、サントメ・プリンシペ民主共和国
公用語がポルトガル語なので、サントメと読むらしい。

味見は、体調が良くなってから。
posted by zooom at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

お呼びが

自由が丘の大叔母から、電話があった。
明々後日、お茶を習いに行くことになった。

その前に。まず、準備を。明日は白い靴下を買って来なければ。
大叔母曰く、足袋の雰囲気に近い白い靴下の方がいいらしい。
復習もしておかないと。

お菓子は何を持っていこう。久しぶりに、アップルパイを焼いて
みようか。タルトタタンに挑戦してみるのも、いいかもしれない。
posted by zooom at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

豆とカニ

beans2008.JPG


夕食前に、豆まきをした後に。年齢の数だけ豆を食べた。
豆類が苦手なので、かなりつらい。あぁ、年を取ったものだ。

不覚にも。たかが豆ごときで、お腹が膨れてしまった。
三越栄店の全国有名寿司展で買ってきたカニ寿司が入らない。
半分ほどしか食べられなかった。代わりに、夫が得をした。



posted by zooom at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

体調と嗅覚

数日前から、胸焼けが続いている。 夜にはすっかり治まるのは
私が夜型だからだろうか。

元々、嗅覚が鋭い私。禁煙したはずの夫が昼間に隠れて吸っている
タバコも。私には、ため息ひとつでバレてしまう。警察犬並みだと
よく言われる。

体調が悪くなると、嗅覚が異常なまでに冴える。苦手なにおいは
特に強烈に感じ取ってしまうので、困る。
昨日の朝の納豆。車の排気ガス。すれ違う人のタバコ。

昨日、スーパーの精肉コーナーでは、自分の嗅覚の鋭さに驚いた。
豚肉売り場の付近で、最も苦手なキムチのにおいが。振り返ると
蓋付きの入れ物に入ったキムチが陳列されていた。
量り売りのキムチは隣の棚からでも独特なにおいがしてくるが。
まさか、個別包装された物まで、においを感じ取ってしまうとは。
その場では息を止めて、そそくさと立ち去った。

そういえば。私の父も犬だったことを思い出した。

posted by zooom at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

もう、2月

あっという間に1月が終わり、1年の12分の1が過ぎてしまった。
今年はオリンピックがある、うるう年。2月は1日だけ長いものの。
きっと、2月は他の月よりも早く過ぎ去ってしまうのだろう。

posted by zooom at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。