2008年01月31日

月末の棚卸し

夕方、スーパーヘ買い物に行くと。いつもより、人が多かった。
エプロンをかけ、バインダーを手にした人が大勢いる。
棚の片側に、3人ずつ。どうやら、在庫チェックをしている様子。
通路は買い物客よりも、棚卸しスタッフの方が断然多い。

一般的には、棚卸しは閉店後に在庫を確認すると思うのだが。
閉店時間まで、まだ3時間以上もある。店頭に並んでいる数を
チェックした後に買われてしまったら、どうするのだろう。
ちょっと不思議な光景だった。
posted by zooom at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

味覚は人それぞれ

昨日、大叔母からお土産にいただいた、お饅頭。
甘いものや和菓子が苦手な私は、ちょっと困ったが。
そういえば、夫は和菓子も大好きなことを思い出した。

遅い時間に帰宅した夫。
「お土産に、お饅頭をいただいたんだけど・・・」
食べるとのこと。美味しかったようで、2つをペロリ。
私には、1つ食べるのも大変だったのだが。
人の好みは、それぞれだなぁと実感した。

ちなみに。私が大好きなのは、ダークチョコレート。
夫はチョコレートがあまり好きではない。不思議。

posted by zooom at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

盆略手前と、お道具セット

japaneseteaceremonyset.JPG


自由が丘に住む大叔母から、久しぶりに連絡があった。
「遊びにいらっしゃいよ」

糖尿病を患っている大叔母は、糖分摂取を控えなければいけない。
しかし、甘いものが好きな大叔母。色々と考えた末、甘さを控えた
抹茶のシフォンケーキを焼き、手土産に持参した。
服装は、お気に入りの黒いカシミヤセーターにパンツ。黒い靴下。
軽い気持ちで、遊びに伺った。

大叔母の家に着くと。待ち構えていた様子の大叔母。
ダイニングには、お茶の道具が準備万端な状態で揃っていた。
ガラスドアで仕切られたフローリングのリビングに目をやると。
一部、畳のマットが敷かれている。ソファやテーブルの位置も
お茶会用のレイアウトになっていた。持ち運び式のコンロの上に
鉄瓶が。シュンシュンとお湯が湧いている。

「奥のお茶室は今は使っていないから、物置になってるの。
即席だけど、盆略点前の練習なら、ここでもいいでしょう。
屏風があればもう少し本格的だったけれど、押入れの奥の方に
しまってあって、出せなかったのよ」

懐付きの着物エプロンを借り、早速、盆略点前の特訓開始。
一連の所作を完璧に頭に入れるのが、なんと難しいことか。
特に、帛紗さばきが難しい。つい、悪い癖が出てしまう。
教わっている途中にメモを取ったところで、活字だけで表現する
ことはできないので。全部、頭と体で覚えるしかない。
主人役とお客役を両方習い、繰り返し何度も復習した。

2時間半後。何とか、形になってきたような。
「大分よくなってきたわね」

帰り際に。家での練習用に、お道具一式をプレゼントしてくれた。
帛紗ばさみの形や柄、脇の部分のステッチの美しいこと。
こんなクラッチバックがあったら、是非欲しいと思うほど。

pouchforteaceremony.JPG


帰宅後に、早速復習した。腕や手の角度に注意しながら、一服。
干菓子は食べた真似をして、省略した。

次に大叔母の家にお稽古に行く時には、白い靴下を履いていこう。




posted by zooom at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

不具合

昨日から、記事の更新が反映されない。
管理者用ページには、記事一覧に載っている。ということは
投稿されているはず。なのだが・・・。

最近、メモリが足りなくなってきたせいか。PCの動きが遅い。
自分のPCのせいだと思っていたら。原因は、seesaaにあるらしい。
システム障害、早く復旧して欲しいものだ。

posted by zooom at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

切手シートより、チーズケーキ

お年玉付き年賀はがき。あまり当選の期待はしないが。
実際には、お年玉切手シートでさえ、当たると嬉しいものだ。
今年は、1枚も当たらなかった。ちょっとだけ、残念。

代わりに、嬉しいものが当たった。以前、地元の情報誌に応募した
スィート・オブ・オレゴンのブリーズボックスセット4種詰め合わせ
引換券が当たった。各種ある8cmサイズのチーズケーキの中から
4種類、好きな内容を選べるらしい。

以前、食べたことがあるのは、オレゴニアン。濃厚なベイクド
チーズケーキで、美味しかった。残念ながら、8cmサイズはないが。
どれも、とても美味しそう。迷いに迷ってしまう。
ただいま、どのチーズケーキを選ぼうか悩み中。
posted by zooom at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

アカデミー賞とヒース・レジャー

今年のアカデミー賞の主演男優賞候補者。芸達者な役者が揃い
誰が受賞しても、文句はない。ぜひ、E! でレッドカーペットを
見たいものだ。今年はゴールデングローブに続き、アカデミーも
俳優や監督は式典への出席を拒否するのだろうか。

個人的には、『ギャング・オブ・ニューヨーク』以来、久しぶりに
銀幕に登場し、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で主演を演じた
ダニエル・デイ=ルイスを応援している。
それにしても。この作品の邦題、何とかならないものか。
適当な日本語を充てることができだだろうに。

アカデミー賞といえば。もう、数日前のことになるのだが。
『ブローク・バック・マウンテン』でカウボーイの難しい役を好演し
アカデミー賞主演男優賞候補となったヒース・レジャーの訃報が。
死亡原因は、薬物の過剰摂取と見られているとのこと。

オーストラリア訛りの低い声で、感情を抑えた控えめな演技が
よかった。これから年を取るにつれ、益々いい俳優になるだろうと
多いに期待をしていたのだが。残念極まりない。

posted by zooom at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

テレビもスト

今日も、いつものように。france 2 のニュースをネット配信で
見ようと思ったら。1月24日13時のニュースは、ストのため
中止との断り書き。驚いた。
ちなみに。前日23日13時のニュースの終わりには、いつものように
「また明日、同じチャンネルで同じ時間にお目にかかりましょう」
という挨拶で終わったのだが。

france 2 とは、フランスにおける公共放送機関。日本で言えば
NHKのような存在なのだが。お昼のニュ−スがないとは。
30分間、テレビ画面はどうなっていたのだろう。

フランスのストは、11月中旬から下旬にかけてが多いのだが。
テレビ局で同じ時期にストを起こすと、他のスト情報を流すことが
できない。だから、1月下旬なのだろうか。
posted by zooom at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

映画でしりとり 『イン・ザ・スープ』

『素晴らしき哉!人生』に続き、79回目は、

『イン・ザ・スープ』
In The Soup
監督:アレクサンダー・ロックウェル
出演:スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル、ウィル・パットン
ジェニファー・ビールス

****あらすじ***

NYの安アパートに住むアドルフォ(スティーヴ・ブシェミ)は
映画作りを夢見る青年。隣に住むアンジェリカ(ジェニファー・
ビールス)に秘かに恋心を抱いている。いつか、アンジェリカを
主役に映画を撮ることができたら・・・。
実情は映画製作の資金どころか、日々の暮らしに困るほど。
内気なアドルフォは、アンジェリカに想いを伝えることもできない。

生活のため、インチキプロデューサー(ジム・ジャームッシュ)の
仕事を引き受けたアドルフォ。しかし、金にはならない。
いよいよ生活に困り、大切にしていた500ページにも及ぶ自作の
脚本を売りに出すことにした。

すると。ジョー(シーモア・カッセル)と名乗る男が現れた。
アドルフォの脚本が気に入ったので、1000ドルで買うという。
おまけに映画製作の資金援助を申し出てくれた。どこから見ても
怪しい見掛けの、初老のジョー。胡散臭い。けれど、憎めない。
ジョーがアドルフォに紹介したのは、彼の弟のスキッピー(ウィル・
パットンと、ダーン(パット・モーヤ)。ジョーに負けず劣らず
いや、ジョー以上に怪しい雰囲気の輩だ。
やはり。ジョーの資金調達は、犯罪行為以外の何物でもなかった。
ああ。けれど。アドルフォにとっては、ジョーは大事なパトロンだ。
アドルフォも資金調達を口実に、犯罪の片棒を担がされることに。

アドルフォが思いを寄せるアンジェリカの家庭事情は複雑だった。
いつも違う男が部屋を行き来し、怪しげな物音が聞こえる。
ある晩、アンジェリカの部屋で騒動が起こったことがきっかけで
アドルフォは、アンジェリカと親しくなれた。
アドルフォの想いを察したジョー。アンジェリカを誘い、大晦日を
一緒に過ごすことになった。楽しい夜となったのだが。悪乗りした
ジョーが、アンジェリカにキスをした。怒ったアンジェリカは
帰ってしまった。アドルフォはジョーを渋々許すが。内心では
ジョーに対する不信感が募るばかり。

ある日のこと。映画製作の資金繰りのために、麻薬取引の使いに
走らされたアドルフォ。途中で、やっと気が付いた。資金繰りは
ただの口実で、本当は利用されていただけではないか。片棒を
担がされたと初めて気が付いたアドルフォ。ジョーと言い争いに。
その場に居合わせたアンジェリカ。あきれて、思わず銃を撃った。
すると。弾丸は・・・。

************

In the soup とは、ドツボに嵌るという意味。
スティーヴ・ブシェミ主演ということだけで、あまり期待をせずに
見に行ったが。よかった。
何というか。「えっ?」という終わり方。そんな・・・と思うのだが。
モノクロ作品なので、もの悲しさやユーモアがより引き立つ。
なぜか、見終わってから時間が経てば経つほど、印象が強まる。

この作品は、アレクサンダー・ロックウェル監督の実話に基づく
話なのだとか。金に困り、サックスを売ったことがきっかけで
小物のギャングに気に入られ、一作目の映画製作資金を援助して
もらい、世に出ることができたのだという。事実は小説より奇なり。

貧乏で情けなくて内気なショボイ男なら、スティーヴ・ブシェミに
勝る者はいない。アドルフォ役は、ぴたりと嵌った。
胡散臭いジョー役のシーモア・カッセルも、アクの強さとお茶目な
感じがよかった。
『フラッシュ・ダンス』以降、久しぶりに見たジェニファー・
ビールス。笑顔は変わらないが、素敵な大人の女性になっていた。
時々、また見たくなる作品だ。


イン・ザ・スープ プレミアム・エディション


次回は、「ぷ」または、「ふ」から。
posted by zooom at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

サロン・ド・ショコラ

本日から1月28日まで、伊勢丹で開催されるサロン・ド・ショコラ
これに合わせて、里帰りすればよかった。
午前中の関東地方の天気は雪。雪が舞う寒い中、わざわざ初日に
足を運んでいたかどうかは、分からない。

名古屋では名鉄百貨店で。1月30日から2月14日まで開催される。
少し待てばよいか。スギ花粉が猛威を振るう前でありますように。
posted by zooom at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ミロアールのエスカルゴ

瀬戸に住む叔父夫婦の家へ。手土産は、いつも洋菓子。
星が丘三越でケーキを買ったり、夏はアイスクリームだったり。
暑い日は、ハーゲンダッツのクリスピーサンド抹茶味が好評だった。

今日は、先日ケーキを食べて美味しかったミロアールへ。
シュークリームをパイ生地で包んだ名物、エスカルゴを買ってみた。
イル・ド・ショコラでは、生シェルパイとして売っているもの。
ミロアールでは、貝殻ではなく、カタツムリの形をしている。

少し食べにくそうだが。外側のパイを折りながら食べてみる。
中はどうなっているかというと。バニラ味は、生クリーム入りの
シュークリームそのもの。どうやって作っているのだろう。
シューを先に焼いてからパイを焼き、後から中にクリームを詰めて
いるのだろうか。手が込んでいる。

チョコレート味は、バニラ味とは少し違った食感だった。
シュークリームというよりも。凍っていないシューアイス。
濃厚なチョコレートクリームがギッシリ詰まっていた。美味しい。
抹茶味や紅茶味も美味しそうだ。
posted by zooom at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

今年も逃した満点

大寒の今日。寒いので、日中に買い物を済ませた。
雪が降っても、おかしくない。朝から、腰の調子が少し変だた。
よく当たる私の腰痛天気予報によると、雪が降るほどの気圧の
変化は感じられない。

寒い日は、むやみに外に出ないことにしている。見知らぬ人から
風邪を移されても困る。暇つぶし用に、ちょうどいい物があった。
昨日の新聞を見ながら、今年もセンター試験の英語に挑戦。
難しい単語など、見当たらないのだが。どうしても、テストでは
ミスを犯してしまう。規定時間の半分で追え、採点してみると。

第一問と第二問で1つずつ間違え、196点。見直しを忘れた。
リスニングは例年通り、満点だった。

来年こそは。きちんと見直そう。
posted by zooom at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

茅ヶ崎のチョコレート店が名古屋に

miroirchocolatine.JPG


以前から、散歩の途中で見つけて気になっていた店があった。
近所にある、ミロアールというチョコレートが得意な洋菓子店。
1度だけ、夕方に店に入ったことがあった。

焼き菓子類のパッケージは、貝やヒトデのモチーフ。見覚えが。
茅ヶ崎にあるイル・ド・ショコラと同じデザインだ。
お店のご主人に訊ねてみると。オーナーの息子さんが暖簾分けし
茅ヶ崎と鎌倉で、イル・ド・ショコラを開いたのだとか。
ミロアールでも、名物の生シェルパイを売っているとのこと。
私が行った時間には、ケーキ類がほとんど売り切れだったため
日を改めて来ようと思っていた。

そして。今日。散歩に出かけた夫がケーキをお土産に買ってきた。
本当は、昔あった美味しいチーズケーキの店に行こうとしたのだが
残念なことに、その店はもう営業していなかったようだ。
代わりに買ってきたのが、ミロアールのケーキだった。

電子レンジで温めて食べるフォンダンショコラ。チョコレートが
美味しい店のフォンダンショコラということで、期待大。
温めるとカカオの香りが増す。割った時に中から、とろ〜りと
流れ出るチョコレートを想像したが。違っていた。出てこない。
ただの暖かいチョコレートケーキと思えば、美味しい。

ショコラティーヌは、あまりの大きさに、大味かもと思ったが。
軽い味わいで美味しい。シフォンケーキのようにふわふわな生地と
洋酒の香りがするミルクチョコレートのムース。
周りのチョコレートソースも甘さ控えめで食べやすい。
ペロリと平らげてしまった。

チーズケーキは、見た目は地味だが。レモンの香りが爽やか。
子供の頃に母が焼いてくれた、甘酸っぱいチーズケーキの味に
似ている。懐かしく、美味しかった。

来月に、新しいチョコレートのケーキが発売されるらしい。
是非、チェックせねば。
posted by zooom at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

あっという間の里帰り

salmon.JPG


茅ヶ崎の実家にいる時間は、あっという間に過ぎてしまう。
今回は、正味3日間。短かったが、充実していた。

帰りにはいつも、母が色々と美味しい物を持たせてくれる。
リンゴジャムもあったので、キャスターはかなり重かった。

今回の大物は、新巻鮭。北海道に住む大叔父から届いたものを
半身で1/4本お裾分けしてもらった。まな板から、はみ出すほどの
大きさ。普通の包丁がペティナイフに見えてしまう。
早速、塩出しをして。夕食に石狩鍋で鮭を堪能した。

新巻鮭といえば、粕汁だった。初めて食べた石狩鍋も悪くないが。
美味しい里芋ももらって帰ったので。やっぱり、粕汁にすれば
よかった。残りの切り身は、焼いてみよう。


posted by zooom at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

充実した、美味しい1日

中目黒の Mother Moon Cafe で、従姉とメリメロサラダのランチ。
色々なものが少しずつ摂れて、とても美味しかった。
お喋りをしながらのランチは、あっという間に時が過ぎていく。

以前は中目黒の商店街に、チョコレート店 BEL AMER の店舗が
あったのだが。いつの間にか、なくなっていたのは残念だった。
せっかく近くまで来たのだから。都立大学にある路面店へ。
ランチの腹ごなしに。信号ではなく、歩道橋を渡ってみる。
ベル アメールをメインに、冬季限定ショコラのシングルモルト
キール、グリエ ド カカオなど、お気に入りのボンボンショコラを
箱詰めしてもらい、大満足。ああ、すぐに食べたい。でも、我慢。

妹の勤務先近くの溜池山王で待ち合わせ、お土産や母からの
届け物の数々を渡すと。一気に荷物が軽くなる。妹は重い紙袋を
持って、会社に戻って行った。

銀座のデパ地下へ。三越で BEL AMER のパレショコラを購入。
三越カードで買えば、5%割引なのだ。ちょっと節約。
夜の待ち合わせまで時間があったので、映画『アース』を見た。
スカラ座を出ると、ちょうどいい時間。

友人とTOKIAの1Fにある VIRON へ。
パンを食べると、デザートの前に満腹になってしまうため
普段は極力パンを食べないが。VRION のバゲットは話が別。
デザートも楽しみたいので、オーダーは少なめに。
前菜2種とメイン2種を3人でシェアした。
バルサミコソースが効いた、ズワイガニとアボカドのサラダ。
ジビエとフォアグラのパテは、バゲットに付けて食べた。
カワハギのグリルは、バジルのクリームソースが美味しい。
鴨胸肉のローストも美味しい。バゲットも沢山食べ、満腹だが。
アイスクリームを添えたタルトタタンも頼んでしまおう。
かなり大きなカットに、一瞬たじろぐ。甘くて、濃厚な味。
1週間分の糖分を摂った気がした。エスプレッソは砂糖なしで。
満腹で、大満足。今日はどの料理も当たり。美味しかった。

帰りに、レトロドールのバゲットを買おうと決めていたのだが。
食事を終えた頃には、ブーランジェリーは片付けの最中だった。
スタッフに訊ねると、まだ買えるらしい。バゲットレトロドールを
2本購入。フーガやパルミエも欲しかったのだが、売り切れ。
今度からは、先にパンを買っておくことにしよう。

実家に戻ると。昨日に引き続き、母とリンゴのジャムを作った。
キッチンは、シナモンとリンゴの香りが充満している。
少々しなびたリンゴ50個ほどで、出来上がったのは、450g入りの
瓶にして、わずか10個分。いくつか名古屋に持って帰ることに。
明日も、荷物が重そうだ。
posted by zooom at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

海草キャビア

cari-art.jpg


妹夫婦が年末年始にオーロラ観光の新婚旅行に出かけた。
ストックホルムのホテル予約を手伝ったので、お土産には
美味しいものをリクエストした。

「スモークサーモンとキャビア、どっちがいい?」とメールが。
どちらも美味しそう。せっかくだから、キャビアをリクエスト。
ベルーガじゃなくてもいいよと返事をした。(でも、ベルーガだと
すごく嬉しい。ちょっとだけ期待した)

年始の挨拶に妹夫婦が実家へ寄った際に、私へのお土産を置いて
いった。久しぶりに食べるキャビア。今回の里帰りの、楽しみの
ひとつ。名古屋に帰る前に、美味しいバゲットを買いにVIRONへ
行こうと計画したほど。

「ママ達にも同じものをくれたのよ。食べてみる?」
食べかけのキャビアの瓶を出してきた。予想以上に大きな瓶。
随分と奮発してくれたものだと感激した。のだが・・・。

ひと口食べてみると。味が違う。キャビア特有の、ほんの数粒で
満足する深い味わいが感じられない。粒の大きさも違うような。
色も黒すぎる。黒っぽい灰色というよりは。むしろ、真っ黒。

瓶の蓋を見てみると。CARI−ARTと書かれているではないか。
どうやら、いや、どう見ても。偽キャビア。ああ、やっぱり。
調べてみると。CAVI-ARTとは、ベジタリアン用に開発された
海草を原料にした食べ物とのこと。
魚卵は悪玉コレステロールが多く含まれる。健康のことを思えば
本物ではなく、海草キャビアでよかったのかもしれない。

とんぶりと山芋は、よく合う。海草キャビアで作ってみよう。
スモークサーモンと一緒に食べるよりも相性がいいかもしれない。




posted by zooom at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

過密スケジュールな里帰り

前回、帰省した際は予定外に長かったのだが。誰にも会うことなく
あっという間に1週間が過ぎてしまった。
今回は、友達や親戚と会うのに忙しい3日間になりそうだ。

いつもは、新幹線の時間ちょうどに間に合うように、名古屋駅に
着くのだが。今回は、余裕を持って早めに着いた。余裕をかまし
のんびりし過ぎてしまった。小田原着の、ひかりに乗り遅れた。
次発の、のぞみで横浜経由で帰り、午後から会う友達との約束に
遅れずに済んだ。

お土産はいつも、母の好きな坂角のさくさく日記なのだが。
夫がDVDに録画した、昨年末にテレビ放映した美空ひばり特集が
大好評だった。美空ひばり大ファンの母は、もちろん見ていたが。
新しく購入した42型プラズマテレビが届いたのは、大晦日。
今度は大画面で見ることができ、ご満悦な様子。

私はというと。久しぶりに友達と実家でお茶をし、久しぶりの都内で
友人と食事を楽しんだ。ISOLA SMERALDAは、モチモチのピザや
キウイソースが爽やかなパンナコッタが美味しかった。
posted by zooom at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

地下鉄駅構内に駐輪場

先日、名古屋市博物館へトプカプ宮殿の至宝展を見に行った時に。
地下鉄桜山駅の改札を出て、出口に向かって歩いていくと。
駅構内に、駐輪場が。ちらっと覗いてみると、自転車がたくさん
停められていた。これは便利。直前まで自転車に乗っていられる。
雨にも濡れない。ただ。果たして、入り口は?自転車を担いで
階段を上り下りするのは大変だろう。

見てみると、駐輪場用の地下への階段があった。自転車専用の
スロープというか。車輪がすっぽりはまる溝のようなものが
付いている細いスロープ付きの階段が。これなら、自転車も
難なく運べる。

地下鉄駅構内は、無駄に広い場所も多く見受けられる。
駐輪場として有効活用するのは、名案だ。
posted by zooom at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

囲炉裏で暖を

japanesefireplacaatkamanuma.jpg


久しぶりに、釜沼温泉へ。雪で、春まで来ることができないかと
思っていたが。今年の冬は今のところ、雪が少ないらしい。
ただ。寒かった。

夫の湯治中、私は散歩に出かける。今日は寒かった。
大喜泉のすぐ裏を流れている小川沿いの道を遡って行くと。
上の方の日陰では、小川の小さな滝の一部が凍っていた。
吐く息も白い。10分ほど歩くと。体が温まり、熱くなってきた。
帰り道は、ダウンのジャケットもパシュミナのロングストールも
必要なし。ただ。セーター姿では、すぐに寒くなってしまった。
風邪を引かないようにジャケットを着ようかと考えているうちに
温泉に着いてしまった。

温泉のご主人が、ロビーの囲炉裏に薪ストーブの火をくべて
くれた。見ているだけで、温かく、暖かい。
posted by zooom at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

初滑り

morikoropark.jpg


最後にスキーをしたのは、10年前の年末年始のこと。
カナダのウィスラーで。巨大なゲレンデに、パウダースノー。
自分が描くシュプールに、いつになくスキーが上手くなった
ような気がした。

ゴンドラまで数分も歩かないホテルのスイートルームには
オーブンや食洗器もあり、バスタブはジャグジーつき。
初めてウィスラーでスキーをした時は、1シーズン何度も滑りに
行くよりも、年に1度だけウィスラーやブラッコムのゲレンデで
滑った方がいいと思ったほど。ただ。ウィスラーまでスキーに
行こうと思う人があまりいない。3度目は、いつになることか。

今日、久しぶりに滑ったのは、愛・地球博記念公園内にある
アイスリンクで。スケートをしたのも、10年振りかもしれない。
滑走する人々を見てみると。子供は楽しそうに滑り、豪快に転ぶ。
大人は転ばないように手足を大きく動かし、バランスを取る。
転ぶよりもむしろ転ばないように変な姿勢をとった方が、腰や
背中に悪そうだ。

貸し靴はアイスホッケーシューズのような登山靴のような。
早速、靴ずれ。やはり、自分の靴でないと滑りにくい。

夫は1時間ほどで疲れ果て、ギブアップ。まだまだ滑りたい私も
さすがに疲れたてきた。わずか1時間半だったが。楽しかった。
posted by zooom at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

目の保養

名古屋市博物館で開催中の、トプカプ宮殿の至宝展へ。
長きに渡り栄華を極めた、オスマントルコ帝国。スルタン達の
権力の凄さを目の当たりにした。どの宝物も素晴らしい。
どの時代でも。至極の一品の美しさは、時を問わない。

ダイヤモンドやルビーなどで飾られているコーヒーカップ受け。
ピラフや果物用のスプーンには、ベッコウや貝の母岩が使われ
柄の部分には、宝石や七宝焼きがあしらわれている。
ロココ調とアジアとイスラムの融合。

スルタンの寵愛を受けた女性達が使っていた化粧箱は象牙製。
見事な彫りが施されている。。周りには、随所に宝石の数々が。
見る角度により、オレンジ色と黄緑色にカラーチェンジする
変色効果のある石は何だろう。ガーネットの一種だろうか。

コーランカバーの細工が素晴らしい。ダイヤモンドとエメラルドが
びっしりと散りばめられている。七宝焼きの緑色も美しい。
ハエ追いのための団扇でさえ、深い紺色の七宝焼きが施され
扇子にも大きなダイヤが。孔雀の羽も、石に負けず劣らず美しい。
オスマントルコという国の財力を計り知ることができる。

極めつけは、ターバン飾り。大粒ダイヤモンドと巨大エメラルド。
カボッションカットされたスピネルが、とろりと垂れそう。
説明書きにはルビーと記されていたが。後に、ルビーとは全く別の
鉱物であることが判明されたのは周知の事実。数ある宝物の中で
1番見たかったのが、このスピネル。期待にそぐわず、素晴らしい。
実物を見ることができ、大満足。

ため息の出る空間だった。
何度、鼻の頭をガラスに付けてしまったことか。
当時の宝石のカットの甘さが残念。正しく計算されたカットと
念入りな研磨をすれば、更に輝きを放っていただろうに。
眩しすぎて直視できないかもしれないが。
せめて、もう少しきれいに磨いてから展示すれば・・・。

それにしても。警備員が少ない。気軽に見ることができるのは
嬉しいが。セキュリティーは大丈夫なのだろうか。
以前、ロンドンの自然史博物館で見たダイヤモンド展の厳重な
警備とは、大違い。あの時は、各展示物に1人ずつ警備員が付き
ショーケースのガラスに触ることすら不可能だった。
鼻をつけようものなら、即刻追い出されていただろう。
posted by zooom at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

鏡開き

お餅が苦手で、私はいつまで経っても飲み込むことができない。
小豆は更に苦手。できれば、いや、どうしても。食べたくない。
ぜんざいや汁粉は私の苦手な物が集約されている。
もはや、前に「お」を付けたくないくらい苦手だ。

鏡開きといえば。実家では、ぜんざいだった。大量の小豆に
大きな餅が埋もれている。苦手なものは作りたくない。

調べてみると。お餅を切らずに入れれば、どのメニューでも
いいらしい。ひと安心だが。無病息災のため、お餅は食べねば。
鏡開きは、いつも憂鬱。
posted by zooom at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

不便になった日本郵便のATM

郵政民営化されてから、3ヶ月。至極不便になったことがある。

以前は、郵便局のATMから他社金融機関の預入れをした際に
預払金額や手数料、残高が記されていた。

民営化されてからは、預払金額が記されず、残高のみ。
それなのに、手数料はしっかり徴収するとは。納得がいかない。
私の場合、シティバンクを利用しているので、手数料は同日付けで
返金されるのだが。

残高よりも、いくら入金したかを記して欲しいと思うのは
私だけではないはず。是非、改善して欲しいものだ。
posted by zooom at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

お届けは、いつも水曜日

実家のある茅ヶ崎では、読み終わった新聞は販売店が回収する。
私の住む地域では、新聞の回収がない。ダンボールや雑誌などと
一緒に、毎月1回の資源ゴミの日に出している。

溜まった新聞紙の束とダンボール類をゴミに出し、スッキリ。
と思ったのも束の間。買い物帰りに郵便受けを見ると、大物が。
厚さ4cmはある、通販のカタログ。欲しい物はないのだが。
いつも、いつも。ゴミを出し終えた日の夕方に、配達される。
ちょっと嫌。
posted by zooom at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

見たい映画がない

お正月明けだというのに。見たい映画が、ない。
年始最初に鑑賞する作品が、Mr.ビーンというのも・・・。

『潜水服は蝶の夢を見る』の公開まで、まだあと1ヶ月も
あるではないか。暫らくは、撮り溜めていたDVDを見直すとしよう。



posted by zooom at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

シャンプーの前にプレカット

先日、美容院にカットに出かけた時のこと。
通常なら、カットする前にシャンプーをするのだが。
あまりにも伸びすぎていた私の髪。シャンプーする前に先に
プレカットし、シャンプー後に長さを合わせてカットをすることに。

「こんなに長いのに、よくきれいに保ってますね〜」
これは、褒め言葉なのか。否か。
美容師さんは腰を深く屈め、ではなく。両膝を床につけた態勢で
カットしている。私の周りには、髪の毛の海。

普通のロングヘアの長さにカットし、ブローをしてもらうと。
いつも以上に、サラサラのブルネットになった。
私の髪は室内では黒く見えるが。日光に当たると、赤っぽい。

子供の頃迄は漆黒の、しっかりした太い毛髪だった。
美容院では、日本人形の髪の毛用に欲しいと言われたことも。
ヘアダイもパーマも1度もしたことがない。普段はセットなどせず
ドライヤーは髪を乾かす時だけ使用している。
毎朝のお手入れは、スタイリング剤などは使わずに、ツゲの櫛で
サッと5回とかすだけ。その甲斐あってか、枝毛が皆無なサラサラ
ヘアーは今も昔と変わらないが。いつの頃からか、細い猫っ毛に。

髪は大切に。
posted by zooom at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

体調復活

週末にゆっくり休み、心身共に疲れが取れた。
疲れから来る蕁麻疹は、食物アレルギーで出る蕁麻疹に比べると
治りが早い。2日経てば、きれいに治る。

それにしても。体は正直だと思う。私の肝臓は我慢ができない。
posted by zooom at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

年賀状で、字の練習

受け取った年賀状を見て思ったこと。
表面が手書きで書かれた年賀状は字を見ただけで
送り主が誰だか、すぐに分かる。
見慣れた友達の字。懐かしい上司や先輩の字。
宛名書きは今度から、私も手書きにしよう。

できれば、私も。少しでも上手な字で書きたい。
達筆な字で書かれた年賀状の宛名を、お手本に。
自分の住所と名前を何度も何度も練習してみた。
小学校時代の恩師と、母と、従姉の字がよく似ている。

母から字を教わったのだから、私も上手く書けたはず。
実際に。小学生の頃は、字が上手だったような気がする。
中学・高校時代に流行った丸文字に傾倒してしまったのが
いけなかった。そのせいで、中途半端な字になっている。

私の字には、癖がある。1つ1つの字を見ると、そう悪くないと
思うのだが。全体で見ると、何と言うか・・・。読みにくい。
上手なのか下手なのか。よく分からない字に見えてしまう。
つまり、バランスが悪い。字の中心が定まらず、あちこちを向き
踊っているように見える。鉛筆で縦線を引き、中心を定めてから
書いてみた。少し見やすくなった気がした。

来年の年賀状に向けて。自分の住所や名前だけでなく。
送り先の住所や宛名も練習してみた。
ひと通り書き終えると。右掌のはしが、真っ黒に。
小学校時代の、漢字練習を思い出した。
posted by zooom at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

蕁麻疹

なぜか、いつも。香川から帰った翌日は、腹部に蕁麻疹が出る。

生後3ヵ月で、百日咳にかかった時に黄疸が出て、死にかけた。
その影響からだろうが。元々、肝臓はあまり強くない。
疲れると、総ビリルビンの数値が上がる。そして、おまけに。
15年ほど前に、椿に付くチャドクガに刺されてから、肝機能が
弱くなったような気がする。以来、食物やスギ花粉などに対し
アレルギー反応を起こすようになってしまった。
サバやアジなどの青魚や、ホタテやエビなどを食べると、蕁麻疹が。
夏の暑い日に無理をすると、疲れから蕁麻疹が出ることも。
チャーガ(カバノアナタケのサプリ)を飲むようになってから
症状はかなり軽減したが。やはり、少し痒い。

休憩を入れながらの、片道8時間の車の旅。疲れないわけがない。

posted by zooom at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

1日分のお節料理

昨夜遅く、日付が変わってから名古屋に到着。

三が日なので、お節料理を少しだけ作ってみた。錦卵と、祝い鶏。
レシピがなかったので、適当に。それなりにできた。

newyearsbanquet1.JPG


newyearsbanquet2.JPG


お雑煮作りにも挑戦してみた。
基本の出汁は、いりこ。昆布と干し椎茸の出汁も少し加えた。
材料:金時人参がなかったので普通の人参、大根、豆腐、油揚げ。
彩りに、絹さやを少々。白味噌を、これでもかというほど使う。
お椀1杯につき、60g。500g入りの白味噌が残り半分になった。
餡入りのお餅がなかったので、丸餅で。焼かずに、暫らく煮込む。
お餅が溶け出し、全体にとろみがついたら、できあがり。
やはり、和風シチューに見えてしまう。味は、甘い。

newyearsbanquet3.JPG
posted by zooom at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

倉敷経由で名古屋へ

setobridge01.JPG


午後に香川を出発。夕波小波の、穏やかな瀬戸内海を見ながら
瀬戸大橋を渡り、本州へ。今日も風が強い。

sunsetoverseto2008.JPG


途中で、倉敷に寄った。夕刻の美観地区を散策した。
風情のある白壁の古い町並みが美しい。

kurashiki3.JPG


kurashiki1.JPG


ちょうど、柳の枝が切られたばかりの様子。太い幹だけが目立つ。
枝垂れ柳が見られずに、少々残念だった。

kurashiki2.JPG


kurashiki4.JPG


倉敷駅からは、チボリ公園が見えた。ライトアップがきれいだ。

tivolipark.JPG


香川から、岡山、兵庫、大阪、京都、滋賀、岐阜を越えて愛知へ。
行きは事故渋滞で時間がかかったが。帰りは帰省ラッシュの渋滞に
はまらずに、車の流れは比較的スムース。

宝塚サービスエリアでは、天然酵母の美味しそうなパンを買い
大津サービスエリアでは、宇治抹茶アイスを食べてリフレッシュ。
多賀付近では、道路沿いに雪垣が。サービスエリアには除雪車も。
年末には相当、雪が積もったようだ。

名古屋まで、あと少しという所で。雨から雪に変わった。
安全運転で、もうひと頑張りだ。助手席の私は、眠らないように
頑張ろう。
posted by zooom at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

謹賀新年

本年も、どうぞよろしく。

夫が最初に口を付けたお節は、白味噌仕立てのお雑煮。
一見すると、シチューと間違える。どろりと、とろみがある。
お餅を焼かないかないので、溶けたお餅がとろみを増すのだ。

今年の初詣は、四国第七十五番霊場の、善通寺へ。
弘法大師誕生の地。

車に乗っていると。天気の良さそうな、のどかな風景だが。
外は風が冷たい。新年早々、風邪を引かないように注意したい。
posted by zooom at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。