2007年10月13日

三方六

栄の百貨店で開催中の、北海道展へ。
今回はショコラノヲルの出店がなく、ソフトクリームを食べられず
大変残念。兼ねてからずっと気になっていた柳月のバウムクーヘン
三方六を買ってみた。1切れ525円。箱の意外な大きさに驚く。
1切れではなく、1本。10切れ分で525円。安すぎる。

白浜に行った際に休憩した大津の下りサービスエリアで買った
烏骨鶏本舗のバウムクーヘンも、まだ食べ終わっていない。
この週末は、バウムクーヘン祭ということで。

バウムクーヘンは、もう少しだけと言いつつ、少しずつ切りながら
食べ進んでしまうもの。結局、切った残りが少なくなり、ついには
全部食べてしまうことも。
三方六のバウムクーヘンは予めカットされている。自分で少しずつ
切る楽しみがないが。この値段なら、誰も文句は言えまい。
白樺の樹木を模した周りの安っぽいホワイトチョコレートがやや
しつこく、余分に思えるが。そのお陰で、しっとり感を保っている。
よく考えてあるではないか。
夫は、かなり気に入った様子。大満足して食べている。よかった。
商品に添えられた説明書きも興味深い。三方六の由来が分かる。

烏骨鶏本舗のバウムクーヘンに比べると。三方六は卵の味が薄く
粉っぽく感じてしまうのは、仕方ないか。やはり、バウムクーヘンは
大好物のクラブハリエのバームクーヘン 高さ8cmが一番美味しく
CPも良いと思う。

ただ。手軽に買えるバウムクーヘンでは、三方六は他の群を抜く。
北海道以外では物産展しかは出店がないらしい。ネット通販を
利用するしかない。1本だけでは、送料の方が高くついてしまう。
次の北海道展では、また買ってしまうかもしれない。




posted by zooom at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。