2007年10月07日

パンダの園 白浜アドベンチャーワールド

thetwins.JPG


7頭のパンダを見に、和歌山の白浜アドベンチャーワールドへ。
といっても。思いついたのは、出発する3時間前。心の準備が
できていない。少なくとも、1週間前から楽しみにしたかった。

先着30人まで、パンダランドのバックヤードツアーに参加できる。
午前4時前に名古屋を出発したが、到着したのは開園時間。
既に1000人近い人々が入場ゲートやチケット売り場で並んでいる。
バックヤードでパンダに餌やりするのは、到底無理。残念無念。

昨年末に生まれた双子のパンダ。愛浜と、明浜。ふわふわ。
モコモコした精巧なパンダの縫いぐるみのよう。よく寝ている。

aihing-meihing.JPG


pandaindream.JPG


thetwins3.JPG


子パンダは、木登りができるまで成長した。木の上で寝ている。
奥にいるのが母親の梅梅。

pandas.JPG


pandandmom.JPG


隣の部屋には、姉の良浜。大きい。よく食べていた。

rauhing.JPG


外には、父親パンダの永明。寝ているか、食べているか。
ガラスの仕切りがないので、パンダが柵の近くまで来ると
かなり間近に見ることができる。手を伸ばせば触れそうなほど。

eimei.JPG


父親パンダの隣の囲いに。大きい方の双子パンダ、隆浜と秋浜。
今月27日に、中国へ向けて旅立ってしまう。2頭並んで仲良く笹を
食べる姿を見るのも、あとわずか。


ryuhing-shuhing.JPG


shuhing-ryuhing.JPG


パンダを見るために列に並ぶこと、計5回。大満足。それでも。
パンダワールドを去る際は、後ろ髪を引かれる思い。

パンダ以外にも。イルカのショーや、アフリカの動物を間近に
見ることができるサファリワールドなど、見所はたくさんある。
キリンやゾウがすぐ目の前。餌をやることもできる。

寝不足と歩き疲れた時には、ソフトクリームが美味しい。
キメの粗いザラッとした食感のオーソドックスなソフトクリーム。

アドベンチャーランドへの途中、気になっていた、とれとれ市場に
寄った。地元の業者組合が経営している魚市場を兼ねた土産店。
大トロ握り寿司が6貫1500円。口の中でとろける。
梅干しを何種類も試食。各々、どれも美味しかった。2種類購入。

大阪で1泊。夜は3種類のたこ焼きを食べた。店によって味が
それぞれ異なる。やはり、塩や醤油ではなく、ソースが美味しい。
夫は締めに、神座のラーメン。白菜たっぷり。スープが甘い。


posted by zooom at 23:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。