2007年10月06日

映画でしりとり 『スリープ・ウィズ・ミー』

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』に続き
69回目は、

『スリープ・ウィズ・ミー』
Sleep with Me
監督:ロリー・ケリー
出演:エリック・ストルツ、メグ・ティリー、クレイグ・シェイファー
トーマス・ギブソン、クエンティン・タランティーノ

****あらすじ****

ジョセフ(エリック・ストルツ)、サラ(メグ・ティリー)、フランク
(クレイグ・シェイファー)は学生時代からの親友。ジョセフと
サラは恋人同士。

3人でニューメキシコを車で旅する道中、ジョセフはサラに正式に
プロポーズをした。もちろん、サラの返事は決まっている。

ところが。結婚式の前日。以前、一時的にジョセフと別れた時に
サラは一瞬、フランクに心が傾いたことをフランクに打ち明けた。
フランクにキスし、このまま友達でいましょうと言うサラ。しかし。
打ち明け話をされたフランクの方は、今更そんなことを言われても。
フランクの気持ちを掻き立ててしまったサラ。

結婚披露パーティーで。なぜ独り身でいるのかとサラに訊ねられた
フランク。サラのような女性に出会っていないからだと答え、突然
サラにキスをする。・・・三角関係が発展しそうな雰囲気。

3人の友人、ナイジェル(トーマス・ギブソン)の義母が英国から
やって来て、皆をお茶に招いた。男性陣は、英国風のスノッブな
話にうんざり。そこへ、フランクが女友達を連れて顔を出す。
フランクとジョセフの間に、険悪な緊張感が。頭にきたジョセフは
アテナ(パーカー・ポージー)を連れて車で出て行ってしまう。
ジョセフの行動に怒ったサラはやけになり、フランクの車で去り
フランクと寝てしまう。

数日後。ドゥエインの書いた脚本がハリウッドの映画会社に売れた
お祝いのパーティーが。フランクはドゥエインの妻に出席を断られ
裏の窓から家に侵入。サラを捕まえ、バスルームで口論となる。
そこへジョセフがやって来るが、危機一髪でフランクを追い返す。
これ以上、ジョセフとフランクを鉢合わせてはいけない。しかし。
フランクが車へもどると、助手席にはジョセフが座っていた・・・。

************

『恋しくて』で夢見る少年を演じていたエリック・ストルツ。
大人になってからは、インディース系の作品に多く出演している。

話の展開は、大学生から成長していない男女3人の三角関係物語。
結婚直前になったから、話を蒸し返したのがいけなかった。

メグ・ティリーがすっとした雰囲気で、きれいだったが。
それ以外の見所は・・・。強いていえば、パーティーのシーンでの
映画学校の生徒に扮するタランティーノお得意の与太話ぐらいか。
『トップガン』の新しい解釈を延々と話す姿が楽しげだった。

B00005FX2F



次回は、「み」から。


posted by zooom at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画でしりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。