2007年09月01日

『プロヴァンスの贈りもの』

agoodyear.jpg

『プロヴァンスの贈りもの』
A Good Year
監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、アルバート・フィニー、フレディ・ハイモア
マリオン・コティヤール、アビー・コーニッシュ
ディディア・ブルドン、トム・ホランダー、イザベル・カンディエ
バレリア・ブルーニ・テデスキ、アーチー・バンジャビ

公式サイト:http://jp.franceguide.com/home.html?NodeID=1129&EditoID=88417

****あらすじ****

少年時代のマックス(フレディ・ハイモア)は毎年夏になると
南仏プロヴァンスでシャトーワインを造っているヘンリーおじさん
(アルバート・フィニー)のもとを訪れていた。
ヘンリーおじさんの所有するシャトー・ラ・シロックでの楽しい
ヴァカンス。マックスはヘンリーおじさんが大好きだった。
ヘンリーおじさんからは、人生に必要な様々なことを学んだ。

大人になったマックス(ラッセル・クロウ)はロンドンの金融界で
豪腕トレーダーとなっていた。休み返上で、仕事一筋の毎日。
ヴァカンスなど取っていたら、ライバルに地位を乗っ取られる。
いつしか、ヘンリーおじさんとの距離を置くようになっていた。

ある日、ヘンリーおじさんが亡くなったとの訃報が届く。10年も
疎遠にしていたのだが。マックスが遺産相続者となっていた。
やり手の秘書ジェマ(アーチー・バンジャビ)に渡仏手配を頼み
プロヴァンスへ。相続した家とふどう園を売却しようと、友達で
不動産仲介者のチャーリー(トム・ホランダー)に連絡を取る。
運良くというか運悪くというか。マックスの強引な取引が問題に。
1週間の停職処分を受けてしまった。仲間には、ヴァカンスだと
言わないようにとジェマに釘を刺す。

懐かしい場所に戻ると。少年の頃の、ヘンリーおじさんとの楽しい
思い出が次々と蘇る。ヘンリーおじさんのもとでワイン造りをする
デュフロ(ディディエ・ブルドン)はシャトーの売却を猛反対。

シャトー売却のため、ヘンリーおじさんの弁護士(バレリア・
ブルーニ・テデスキ)の事務所へ向かう途中。気付かないうちに
ファニー(マリオン・コティヤール)という女性を轢いてしまった。
そうとは気付かずに、レストランを営むファニーを誘うマックス。
中々手強いファニー。しかし、いつしか二人は惹かれ合う。

チャーリーへ送ったシャトーの写真の効果もあり、高く売れそうと
喜んでいたところに。ヘンリーの娘だと名乗る若いアメリカ人の
クリスティ(アビー・コーニッシュ)がやって来た。ヘンリーの
隠し子だというクリスティ。鼻がそっくり。父親に会ったことは
ないという。父ヘンリーの死を知り、悲しむクリスティ。せめて
どんな人だったのか、ヘンリーの人となりを知りたいと。

マックスにとっては、クリスティは厄介な存在だ。早くアメリカに
返して、さっさと相続した不動産を売り抜けたい。ところが。
心変わりしていくマックス。ファニーに言われた言葉が気になる。
「あなたの人生がここの土地に合わないのではなく、ここの土地が
あなたの人生に合わないのよ」
プロヴァンスでのゆったりした暮らしも悪くないのではないか。
休み返上で朝から未明まで働く暮らしよりも、幸せかもしれないと。

************

原作は、ピーター・メイルの『南仏プロヴァンスの12ヶ月』。
ちょっとした会話のセリフ。比喩が多く使われ、知的で洒落ている。
犬の名前がタチだったり、ワインの名前がLe Coin Perduだったり。

ゆったりした展開の、のんびりとした作品だ。景色が美しい。
ヘンリーおじさんのシャトーを散策するシーンで。日の光を浴びた
砂埃や、小さな虫までもが素敵な小道具に見えてしまう。
その他の小道具は、流行のものが。ブラックベリーやガーキンビル。
また、フレッド・ペリーとラコステ、ジャガーとランボルギーニ
スマートとルノーの小型車などの対比も面白い。
私の勝手な想像だが。手口の汚い取引から察するに、マックスの
勤務先はGSに違いないと思ってしまう。

少年時代のマックスを演じたフレディ・ハイモアが可愛く、上手い。
『ピーター・パン』の時から、だいぶ大きくなった。
ヘンリーおじさん役のアルバート・フィニーは、声だけで分かる。
いないのに、いるように見える存在感がある。だが、なぜか後で
回想すると、ヘンリーおじさんと故ミシェル・セローが重なる。
クリスティ役のアビー・コーニッシュ。若い頃のグレース・ケリーに
似ていた。


posted by zooom at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。